瑞巌寺 @宮城県宮城郡松島町

2014年11月26日(水)
瑞巌寺五大堂の見学を終え、瑞巌寺にやって来ました。

瑞巌寺は、正式には「松島青龍山 瑞巌円福禅寺」と号する臨済宗妙心寺派の寺院です。

天長5年(828年)、慈覚大師円仁によって開創され延福寺と呼ばれていました。正元元年頃(1259年)臨済宗に変わり寺名も円福寺へと改名されました。現在の建物は、慶長14年(1609年)伊達政宗公が桃山様式の粋をつくし、5年の歳月をかけて完成させた伊達家の菩提寺です。

本堂、庫裡及び回廊は国宝に、御成門や中門、数多くの壁画等が国指定重要文化財となっています。

『五大堂と瑞巌寺は少し離れていて、500m程歩きます』
1DSCF5920_convert_20170416183811.jpg

【松島目抜き通り前の公園】
2DSCF5921_convert_20170416183825.jpg

『目抜き通りには、食事処やお土産屋が軒を連ねます』
3DSCF5922_convert_20170416183834.jpg

【寺号標】
『瑞巌寺に到着です』
4DSCF5924_convert_20170416183843.jpg

【総門】 宮城県指定有形文化財
『慶長14年(1609年)、伊達政宗によって建立された一間一戸袖塀つきの薬医門です』
5DSCF5925_convert_20170416183854.jpg

『えっ!保存修理事業で本堂、中門、御成門は非公開?!国宝の本堂を参拝したかったのに・・・( ノД`) もう仕方ないです。ここまで来ちゃったのでお参りしていくことにします』
6DSCF5926_convert_20170416183906.jpg

【延命地蔵など】
『拝観受付所の左手にあります』
7DSCF5927_convert_20170416183943.jpg

『拝観券は自動券売機で購入します』
8DSCF5931_convert_20170416184111.jpg

【拝観者受付所】
9DSCF5932_convert_20170416184126.jpg

『受付所のすぐ左手に法身窟があります』
10DSCF5933_convert_20170416184149.jpg

【鎮海観音・楊柳観音】
11DSCF5935_convert_20170416184206.jpg

【鎮海観音】
12DSCF5936_convert_20170416184231.jpg

【楊柳観音】
13DSCF5940_convert_20170416184529.jpg

【鎮海観音・楊柳観音説明板】
14DSCF5937_convert_20170416184245.jpg

【法身窟】
15DSCF5938_convert_20170416184300.jpg

【法身窟説明板】
16DSCF5939_convert_20170416184310.jpg

【六地蔵塔】
17DSCF5942_convert_20170416184540.jpg

【六地蔵塔説明板】
18DSCF5943_convert_20170416184548.jpg

『現在、保存修理中の本堂、中門、御成門のパネルがありました』
19DSCF5944_convert_20170416184558.jpg

【保存修理中の本堂】
『見えませんが、正面39m、奥行き25.2m、入母屋造・平屋・本瓦葺で慶長14年(1609年)に完成しました』
20DSCF5945_convert_20170416184606.jpg

【庫裡】国宝
『禅宗寺院の台所です。正面13.78m、奥行23.64mある単層切妻造本瓦葺で、大屋根の上にさらに入母屋造の煙出をのせています。普段内部は非公開ですが、平成の大修理期間中で本堂などを参拝できない代わりに特別公開されていました。本堂は修理が終われば参拝することができるので、ある意味ラッキーだったのかもしれませんwww』
21DSCF5948_convert_20170416184635.jpg

【庫裡説明書き】
22DSCF5947_convert_20170416184616.jpg

【光雲観音】
23DSCF5950_convert_20170416184659.jpg

【光雲観音説明板】
24DSCF5951_convert_20170416184710.jpg

【庫裡説明板】
25DSCF5952_convert_20170416184723.jpg

【位牌】
26DSCF5953_convert_20170416184735.jpg

【庭】
27DSCF5954_convert_20170416184744.jpg

【登龍門】
『本堂と庫裡を結ぶ廻廊にあります』
28DSCF5955_convert_20170416184752.jpg

『仮本堂に向かいます』
29DSCF5956_convert_20170416184800.jpg

【仮本堂(大書院)】
『普段は非公開ですが、庫裡同様特別公開されていました。本来は本堂に安置されている御本尊や大位牌、三代開山木像が仮本堂に移され、間近で見ることができました』
30DSCF5957_convert_20170416184808.jpg

【仮本堂(大書院)説明板】
31DSCF5958_convert_20170416184817.jpg

『三代開山木像、御本尊、大位牌が並んでいます』
32DSCF5959_convert_20170416184829.jpg

【御本尊】
33DSCF5960_convert_20170416184837.jpg
34DSCF5961_convert_20170416184847.jpg

【松島方丈記】
35DSCF5962_convert_20170416184856.jpg

【羅漢の間の位牌】
36DSCF5964_convert_20170416184904.jpg
37DSCF5965_convert_20170416184916.jpg

【夫婦ケヤキ跡】
38DSCF5975_convert_20170416185031.jpg

【伐採前の写真】
39DSCF5973_convert_20170416185012.jpg

『夫婦ケヤキ跡の下をくぐり陽徳院御霊屋に向かいます』
40DSCF5967_convert_20170416184928.jpg

【陽徳院御霊屋(寶華殿)】国指定重要文化財
『伊達政宗公の正室陽徳院田村氏愛姫の墓堂で万治3年(1660年)綱宗により造営されました。特別公開されていました』
41DSCF5968_convert_20170416184937.jpg
42DSCF5969_convert_20170416184952.jpg

【陽徳院御霊屋(寶華殿)説明板】
43DSCF5970_convert_20170416185001.jpg

【青龍殿(宝物館)・寺務所】
『伊達家関連の絵画や茶器、臨済禅文化が創出した墨跡、寄進された絵画や書、松島に関する資料等を展示しています』
44DSCF5976_convert_20170416185039.jpg

【瑞巌寺の瓦】
45DSCF5977_convert_20170416185047.jpg

【鉄道殉職者弔魂碑】
『参道脇に弔魂碑や洞窟遺跡群がありました』
46DSCF6007_convert_20170416185056.jpg
47DSCF6008_convert_20170416185105.jpg

【洞窟遺跡群】
『洞窟内は塔婆、五輪塔、戒名等が無数に刻まれ、供養場として使用されていました』
48DSCF6009_convert_20170416185112.jpg
49DSCF6010_convert_20170416185120.jpg
50DSCF6011_convert_20170416185126.jpg
51DSCF6012_convert_20170416185133.jpg
52DSCF6013_convert_20170416185141.jpg

【瑞巌寺縁起】
53DSCF6014_convert_20170416185147.jpg

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内91
電話:022-354-2023
ホームページ:http://www.zuiganji.or.jp/
拝観時間:午前8時~午後5時(1月・12月午後3時30分、2月・11月午後4時、3月・10月午後4時30分)
拝観料:大人700円、小・中学生400円
2017年4月22日投稿

瑞巌寺 五大堂 @宮城県宮城郡松島町

2014年11月26日(水)
福浦橋の見学を終え、瑞巌寺五大堂にやって来ました。

平安時代初期の807年坂上田村麻呂がこの島に毘沙門堂を建て、828年慈覚大師が瑞巌寺の前身松島寺を建てて、ここに五大明王を祀り、五大堂と呼ぶようになりました。現在の建物は1604年、伊達政宗が紀州(和歌山県)の名工鶴衛門家次に命じて建立しました。

国指定重要文化財となっています。

【五大堂入口】
1DSCF5903_convert_20170411232047.jpg

『小さな島が連なっていて、橋で繋がっています』
2DSCF5904_convert_20170411232105.jpg

【透かし橋】
『五大堂への参詣に身も心も乱れのないように、足元をよく見て気を引き締めさせるための配慮だそうです。別名「縁結び橋」と言われます』
3DSCF5908_convert_20170411232132.jpg
4DSCF5909_convert_20170411232152.jpg

【透かし橋説明板】
5DSCF5907_convert_20170411232113.jpg

【八幡宮】
6DSCF5910_convert_20170411232203.jpg

『三つ目の島に五大堂があります』
7DSCF5913_convert_20170411232212.jpg

【五大堂】国指定重要文化財
8DSCF5915_convert_20170411232234.jpg

【扁額】
9DSCF5918_convert_20170411232306.jpg

【縁起】
10DSCF5914_convert_20170411232220.jpg

『観光船乗り場が見えます』
11DSCF5916_convert_20170411232242.jpg

『この雨の中でも結構乗船客がいるんですね』
12DSCF5917_convert_20170411232255.jpg

『現在の透かし橋は縦板が2枚あるので恐怖感はありませんが、元々この板はなく、間隔が約15cm程のはしご状の橋なので縦板がなかったら結構怖いと思います』
13DSCF5919_convert_20170411232315.jpg

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内111
電話:022-354-2023
ホームページ:http://www.zuiganji.or.jp/keidai/godaidou.html
2017年4月19日投稿

福浦橋 宮城県宮城郡松島町

2014年11月26日(水)
松島さかな市場で朝食を終え、福浦橋にやって来ました。

福浦橋は、松島海岸の東に浮かぶ福浦島を結ぶ長さ252m、幅2.6mの朱塗りの橋です。福浦島は県立自然公園になっておりアカマツやスギ、モミなどの植物が自生しています。島内には弁天堂や見晴台、貝塚、あずま屋などがあり、四季折々の草花や松島湾を眺めながら散策が楽しめます。

福浦橋は、素敵な出会いが訪れる「出会い橋」とも呼ばれます。

【福浦島入口】
1DSCF5894_convert_20170411225522.jpg

【料金】
2DSCF5896_convert_20170411225532.jpg

【福浦橋・福浦島】
『天気が悪かったので、渡るのは止めました』
3DSCF5897_convert_20170411225541.jpg
4DSCF5899_convert_20170411225555.jpg
5DSCF5901_convert_20170411225601.jpg

『東日本大震災で一部損壊しましたが、台湾の方々の義援金が修復に生かされました』
6DSCF5898_convert_20170411225548.jpg

住所:宮城県宮城郡松島町松島仙随39-1
電話:022-354-3457
ホームページ:http://www.town.miyagi-matsushima.lg.jp/index.cfm/8,8393,36,html
営業時間:午前8時~午後5時(11月~2月は午後4時30分)(年中無休)
料金:大人200円、小・中学生100円
2017年4月18日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR