fc2ブログ

於竹大日如来井戸跡 @東京都中央区

2012年7月26日(木)
お昼休みを利用し、於竹大日如来井戸跡を見学してきました。

東京都港区の心光院を訪ねた時、お竹如来の縁起を知り、とても興味が湧きました。

お竹さんにゆかりがある場所として、東京では港区東麻布一丁目の心光院にある「お竹大日堂」、北区赤羽西六丁目の善徳寺にある「お竹のお墓」、そしてここ中央区日本橋本町三丁目にある「於竹大日如来井戸跡」があります。

心光院と善徳寺には以前行ったので、ここを見て、東京にある於竹さんゆかりの地めぐりが完結です(^^
山形県まで行かないと本当の完結にはなりませんがwww

お竹さんについてですが

寛永年間(1624~1643年)江戸大伝馬町の名主佐久間勘解由(かげゆ)家の下女お竹は庄内(山形県)出身で、愛しみの心が深く、朝夕の自分の食事を貧しい人に施し、自らは水盤の隅に網を置いて、洗い流しの飯が溜まったものを食料にしたといいます。この話を聞いた五代将軍綱吉の生母桂昌院は、いたく心を動かされ、金欄の布に包まれた立派な箱にお竹さんが当時使っていた流し板を納めて、増上寺の別院であった心光院に寄進し、その徳光を顕彰したそうです。

江戸へ奉公にでていた庄内出身の女中「於竹」は、羽黒山へ参詣する行者の不思議な夢のお告げにより、「生きた大日如来である」とされました。於竹は行者の訪問後、亡くなったが没後、奉公先の夫婦は於竹の等身大の大日如来を作り供養しました。寛容で慈悲深く、とても物を大切にする働き者の奉公人「於竹」の人柄、羽黒山行者の不思議な夢のお告げ、奉公先の夫婦の「於竹」へのやさしい心づかいなどの話が相まって、当時、「於竹大日如来」は、江戸庶民の間で一大ブームとなり、「於竹大日如来」を参詣する者が絶えなかったといいます。ブームとなった江戸の町では、芝居、小説、講釈、錦絵などに描かれたそうです。

お竹さんが愛用し、貧困者が市(べったら市)をなしたという井戸の跡に碑が建てられています。

【於竹大日如来井戸跡】
DSCF5952_convert_20120927224852.jpg

DSCF5954_convert_20120927225239.jpg

DSCF5953_convert_20120927225116.jpg

『小津和紙のビルの一角にあります。小津ビルを国道4号線、都道316号線(昭和通り)から正面に見て、左脇の道を20m程進むとあります』
DSCF5967_convert_20120927231117.jpg

所在地:東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル脇
2012年9月28日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR