fc2ブログ

和銅遺跡《和銅露天掘り跡》 @埼玉県秩父市

2021年8月10日(火)
聖神社の見学を終え、和銅遺跡《和銅露天掘り跡》にやって来ました。

和銅遺跡とは、秩父市和銅保勝会のホームページによると

 慶雲5年(708年)武蔵国秩父郡から銅が献上され、これを喜んだ朝廷は年号を「和銅」と改元し、日本最初の貨幣「和同開珎」を発行しました。このことは日本の正史に燦然と輝く歴史的事実であります。その「和銅」が採掘された跡が、今もなお秩父市黒谷の和銅山に残されています。ここを中心とした一帯が「和銅遺跡」です。
 和銅とは精錬を要しない自然銅のことで、「ニギアカガネ(熟銅)」と呼ばれていました。和銅山に残る百メ―トルを超す二条の断層面は、当時の露天掘りの跡です。この和銅によって、唐の「開元通宝」を模し、「天地和同」「万物和同」などのめでたい言葉をもとに名付けられて「和同開珎(わどうかいちん)」が誕生しました。〈年号は「和銅」、銭貨名は「和同」と、厳然とした区別があります〉
 和銅山の西に、和銅献上の祝典が挙げられたと伝えられる「祝山」があります。後に遷座して社が建てられたのが「聖神社」です。神社の境内には、「和銅鉱物館」が建てられています。なお、同館には聖神社秘蔵の左甚五郎作の竜頭を源とする「黒谷の獅子舞」の獅子頭なども陳列されています。
 さらに、かなり広域にわたりますが、秩父市指定史蹟「黒谷の銅製錬所跡」及び周辺に散在して残る採掘坑跡があります。「和銅」との直接的な関連は薄いと考えられていますが「金山」の地名で現在にまで残る遺跡です。
 和銅山から、荒川の蛇行に沿う秩父盆地を一望する時、つつじに囲まれて萌え出る新緑の「美の山」に対峙する時、紅葉越しに聖の御社を拝む時、そして木枯らしの中、残雪混じりの落ち葉を踏んで銅洗堀に降り立つ時、千三百年の昔を今に、荘厳にして素朴な輝かしい「和銅の時代」を実感できるのが、ここ黒谷の和銅遺跡なのです。

なのだそうです。

和銅遺跡は「和銅採掘遺跡」の名称で埼玉県指定旧跡に指定されています。

【和銅遺蹟の碑】
『和銅遺跡《和銅露天掘り跡》まで630mですが・・・』
1DSC06784_convert_20240324231541.jpg

『工事中で通行止めだったので迂回します』
2DSC06785_convert_20240324231602.jpg

『和銅遺跡《和銅露天掘り跡》まで610mです』
3DSC06786_convert_20240324231620.jpg

『目の前の森の中に入っていきます。今日も暑いです(//>ω<)山だから涼しいかと思いきや標高は200~250m程度なので、気温は自宅周辺より3℃程度低いだけです』
4DSC06788_convert_20240324231701.jpg

【和銅露天掘り跡への案内図】
5DSC06787_convert_20240324231648.jpg

6DSC06787_convert_20240324231636.jpg

『整えられた田んぼと稲穂がきれいです』
7DSC06789_convert_20240324231708.jpg

『山の中に入っていきます』
8DSC06831_convert_20240324232857.jpg

『矢印があるので迷うことはありません』
9DSC06792_convert_20240324231727.jpg

【どうねんぼう(銅洗堀、銅銭堀)】
『和銅石の泥を洗い流した沢、鋳造した銭を洗い浄めた沢を意味する古来からの土地の俗称です』
10DSC06794_convert_20240324231745.jpg

『モニュメントまで約230mです。ここからは平らな道です』
11DSC06795_convert_20240324231804.jpg

【「和銅」を伝える地名の数々】
12DSC06796_convert_20240324231817.jpg

13DSC06798_convert_20240324231843.jpg

『数名の人とすれ違いました。神社までは来ても遺跡まで来る人はほとんどいないようです』
14DSC06799_convert_20240324231905.jpg

【和銅の神の恵み】
15DSC06801_convert_20240324231913.jpg

『和同開珎のモニュメントが見えてきました』
16DSC06802_convert_20240324231923.jpg

【和同開珎モニュメント】
17DSC06804_convert_20240324231939.jpg

『日本通貨発祥の地です』
18DSC06823_convert_20240324232802.jpg

『大きいですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ高さ5m、直径は4mあるそうです!』
19DSC06805_convert_20240324231956.jpg

『銅でできているのかなと思ったらコンクリート製でした』
20DSC06820_convert_20240324232637.jpg

【和銅遺跡説明板】
21DSC06808_convert_20240324232410.jpg

22DSC06808_convert_20240324232339.jpg

【和銅露天掘り跡説明板】
23DSC06810_convert_20240324232439.jpg

24DSC06811_convert_20240324232518.jpg

25DSC06813_convert_20240324232549.jpg

【露天掘り跡】
26DSC06815_convert_20240324232617.jpg

『素人には水が流れた跡に見えますwww』
27DSC06821_convert_20240324232653.jpg

『更に奥に進む登山道があります』
28DSC06827_convert_20240324232832.jpg

『あじさいが有名な美の山公園に繋がるのだと思います』
29DSC06825_convert_20240324232812.jpg

『説明板と比べるとモニュメントの大きさがより分かると思います』
30DSC06826_convert_20240324232821.jpg

『行きに気付かなかったのですが、養蜂場がありました』
31DSC06829_convert_20240324232841.jpg

32DSC06830_convert_20240324232848.jpg

【地図】


住所:埼玉県秩父市黒谷1836
電話:0494-24-0345(秩父市和銅保勝会)
ホームページ:https://wadohosyoukai.com/iseki/(秩父市和銅保勝会)
2024年4月8日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

和銅遺跡の露天掘り跡は行ったことがあります。
確か穴が開いていたような気がしますが、それは別の場所だったのでしょうか。
穴の中にライトをつけて入ったというおぼろげな記憶があるのですが。
そんなに奥までは行っていませんが。
山登りと探検を兼ねて行ったと覚えています。

Re: No title

たいやきさん
こんばんは。
以前は洞窟っぽいところがあったのでしょうか?
僕が見た露天掘り跡は沢の水が流れてできた跡みたいなところでした。
露天なので長期間の雨風にさらされて、形が変わってしまったのかもしれません。
探検という響きが良いですね!
川口浩探検隊シリーズを小学生の頃、釘付けで見ていました。
何度も何度も見ているうちに子供でも「やらせ」だなって分かるようになりましたが、なぜかついつい見てました。
あの頃は純真な心を持っていましたが今ではwww
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR