fc2ブログ

聖神社 @埼玉県秩父市

2021年8月10日(火)
秩父市にある聖(ひじり)神社に行ってきました。

目的は単純に「銭」です\(//∇//)\
当社は地元の人から「銭神様」と呼ばれ親しまれている金運にご利益があるパワースポットです。

大学生と大学受験生を抱え、家計は火の車です・・・
埼玉県民の同僚に聖神社の話を聞きやって来ました。

由緒書きによれば

 和銅の発見献上を喜ばれた朝廷は、祝山にお宮を建て金山彦命を祀り祝典をあげました。
 聖神社の社記によれば、創建は和銅元年2月13日で、和銅奉献の祝祭が終って1か月後には、祝山から蓑山を背にした現在地へ移され金山彦命、国常立命、大日孁貴命(天照大神)、神日本磐余彦命(神武天皇)、元明金命(元明天皇)の神々をご祭神として祀りました。
 社殿は以来、4回の建替えを経て現在に至っています。そして昭和39年4月13日秩父市中町今宮神社の本殿拝殿を聖神社として移築されたことに伴い、新社殿脇に旧本殿を移し大國主命を祀る和銅出雲神社として奉斎されることになりました。
 一間社流れ造りの本殿と入母屋造りの礼拝殿からなる現聖神社社殿は、江戸中期宝永6、7年にかけて大宮郷の工匠大曾根与兵衛の建立になり、彫刻は桃山期の遺風をわずかに残し活気に満ちたもので「聖神社の社殿」として秩父市指定有形文化財になっています。
 祭行事は年8回です。1月1日の元旦祭、2月3日節分祭、2月23日の祈年祭、4月13日の例大祭、7月13日の禦ぎの行事、11月3日の和銅出雲神社大祭、12月13日の献殻祭、12月31日の大祓式で、元々は13日に絡む日にすべての祭事が行なわれていました。

なのだそうです。

【参道】
1DSC06736_convert_20240324211350.jpg

『神社の奥には和銅遺跡があります』
2DSC06734_convert_20240324211327.jpg

【社号標】
3DSC06735_convert_20240324211335.jpg

【幟】
4DSC06739_convert_20240324211401.jpg

【和銅遺跡・美の山観光案内図】
5DSC06740_convert_20240324211411.jpg

【秩父願い石巡礼】
『石巡礼!?初めて見ました。聖神社は第一番石所です』
6DSC06743_convert_20240324211428.jpg

【石所略図】
7DSC06745_convert_20240324211438.jpg

『国道140号線(彩甲斐街道)から100m程のところにあります』
8DSC06746_convert_20240324211501.jpg

9DSC06747_convert_20240324211529.jpg

【「銭神様」の御利益】
『元明天皇の慶雲5年(708年)、我が国初のニギアカガネ(自然銅)が秩父の地で見つかり、朝廷に献上されたのがきっかけとなり、我が国最初の流通貨幣(和同開珎)が鋳造されました』
10DSC06748_convert_20240324211539.jpg

【和銅露天掘り跡と聖神社説明板】
11DSC06749_convert_20240324211559.jpg

12DSC06750_convert_20240324211653.jpg

13DSC06749_convert_20240324211548.jpg

【鳥居】
14DSC06751_convert_20240324211705.jpg

【手水舎】
15DSC06752_convert_20240324211715.jpg

『石段を上ると社殿があります』
16DSC06753_convert_20240324211731.jpg

【和銅と和同開珎説明板】
17DSC06755_convert_20240324212017.jpg

18DSC06755_convert_20240324212010.jpg

【聖神社】
『面白いですね~大きな和同開珎が飾られています!』
19DSC06777_convert_20240324213313.jpg

20DSC06778_convert_20240324213326.jpg

21DSC06776_convert_20240324213300.jpg

【和銅鉱物殿・聖神社】
22DSC06774_convert_20240324213252.jpg

【和同開珎の模型】
『大きいです。直径2mくらいあります。木でできています』
23DSC06763_convert_20240324212830.jpg

【扁額】
24DSC06768_convert_20240324212858.jpg

【狛犬】
25DSC06765_convert_20240324212844.jpg

26DSC06767_convert_20240324212851.jpg

【おみくじ】
27DSC06770_convert_20240324213220.jpg

【和同開珎守り】
28DSC06771_convert_20240324213242.jpg

【聖神社と黒谷の獅子舞説明板】
29DSC06769_convert_20240324213105.jpg

30DSC06769_convert_20240324213151.jpg

【和銅鉱物殿】
31DSC06759_convert_20240324212747.jpg

【和銅出雲神社】
32DSC06760_convert_20240324212755.jpg

【扁額】
33DSC06762_convert_20240324212805.jpg

【御神木の杉】
34DSC06780_convert_20240324213347.jpg

35DSC06781_convert_20240324213356.jpg

【社務所】
36DSC06756_convert_20240324212034.jpg

『武甲山がきれいに見えます』
37DSC06758_convert_20240324212043.jpg

『続いて和銅遺跡に向かいます』
38DSC06779_convert_20240324213336.jpg

39DSC06783_convert_20240324213405.jpg

【地図】


住所:埼玉県秩父市黒谷2191
電話:0494-24-2106
2024年4月6日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここはずいぶん前に行きました。
もう十年以上前だと思います。
そのころはまだ御朱印ブームのようなおのはなく。静かな神社でした。
どちらかというと目的は山に登り、鉱山遺跡を見ることでした。
鉱山の前の大きな和同開珎には度肝を抜かれました。
たぶんまだ神社を堪能するという意識はなかったのだと思います。
聖神社にも何度も立ち寄りましたが、建物が江戸時代の建築という意識で見ていませんっでした。
ただただ、お金が溜まりますようにと願いました。
今行くと見方が変わるのでしょう。
御利益も大事ですが、やはり、今は建築・歴史・地理です。

Re: No title

たいやきさん
こんばんは。
たいやきさんが行かれた頃は静かだったんですね。
僕が行った時は混雑はしませんが、ひっきりなしに参拝者が訪れていました。
インターネットの普及によるものだと思います。
写真に人が写り込まないように待機していたら、この狭い境内に30分程滞在していました。
しかし、和銅遺跡まで行く人は僅かでした・・・
僕は御利益も欲しいし、建築も見たいし、歴史も知りたいし、と欲張りですwww
後々よく考えたら、宝くじをたまに買う程度でギャンブルは全くやらず、投資も今はやっていないので、いきなり大金が手に入ることはないなあと気付きましたwwwでも1年半後昇進し給与が上がったのは当社の御利益だと信じています(^^)

こんにちは^o^

この神社は、自然豊かな場所ですね! ゆっくりお参り出来ますね! 狛犬さんは、ソフト系のお顔していますね! 癒し系ですね!
九州は、これから天気が下り坂だそうです。雨の日が多いから、布団が干せません! PM.2.5や黄砂も飛散してくるので、本当に困っています。

Re: こんにちは^o^

hakatahimeさん
こんばんは。
福岡は黄砂が酷いですよね。
洗車しても翌日には砂埃を被っていて、イラッとしたのを思い出しました。
習近平に文句を言ったところで、何も改善しないでしょうから、自己防衛手段を考えないといけませんね
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR