fc2ブログ

旧大井村役場庁舎 @埼玉県ふじみ野市

2021年3月27日(土)
さくら通りの桜並木の見学を終え、旧大井村役場庁舎にやって来ました。
ふじみ野市立大井小学校の敷地内にあります。

説明板によると

 1889年(明治22年)4月に施行された「市町村制」によって、それまで全国約7万に及んでいた市町村が、その5分の1の39市15820町村に統廃合されました。この統合の標準は、数か町村、戸数にして500戸を目標にして行われました。現在の大井村(大井町)の誕生もこの時で、連合戸長役場所轄のうち藤間村(現川越市)を除いた亀久保村・鶴ヶ岡村・大井町・苗間村を合併して一村とし、村名を大井村と称し、初めて現在の大井村(大井町)が、地理的にまた行政的に誕生することになりました。当時の大井村は399世帯、人口2407人でした。
 町村合併当時の役場の設置については、村内に適当なところがなく、苗間村の空家を仮役場とすることに村議会で決定し、県に具申しています。
 その後、1909年(明治42年)6月17日に、村のほぼ中央に位置し、川越街道に沿ったこの地に役場を新築し移転しました。この庁舎は、大井小学校の改築にあたって不用になった廃材を利用して建築されたもので、構造は亜鉛鉄板葺きの平屋でした。老朽化・腐食・雨漏りが昭和10年頃より目立ち、また手狭にもなったため、ついに庁舎を改築することとなりました。
 1936年(昭和11年)12月の議会で、役場改築に関する決議がなされ、さらに翌年1月には、大井村役場庁舎建築委員を設けることが決められ、同年5月に竣工しました。
 建設には地元の大工・鳶・左官たちが総動員され、敷地の近くにテントを張って5人に大工が材木の加工を行っていたものです。
 昭和初期になると公共建物を中心に鉄骨やコンクリートなどの近代建築が各地に姿をあらわし、洋風木造建築が一般庶民の間で新しい時代の象徴としてあこがれをもって見られていたようです。
 玄関ポーチの上部にはベランダが廻され、現在はトタンスレート葺の屋根も建設当初はスパニッシュ瓦が葺かれており、1階は事務室、2階は村議会議場となっていました。
 役場が落成した時には、「大井村と東京との間で一番ハイカラな建物ができた」と村民の手紙に書き添えられたといわれています。
 1940年(昭和15年)頃に、農作業に従事していた村人に時刻を知らせるためにサイレン塔が取り付けられ、その後役場内は上履き使用から土足使用に変わり、1972年(昭和47年)1月に現在の庁舎が建設されるまでの35年間、役場庁舎として使用されました。
 その後東入間警察署として利用され、この際改装工事が行なわれ、間取りに原形が留められるものの、内装には大きく手が加えられました。翌年大井小学校の特別教室として使用し、1977年(昭和52年)から埋蔵文化財整理室として利用され、2002年(平成14年)に国登録有形文化財となりました。

なのだそうです。

【旧大井村役場庁舎】国登録有形文化財
1DSC04999_convert_20231123133531.jpg

『扉や窓枠などの造りから古い建物であることは分かりますが、外壁がとても綺麗です。保存工事がしっかりされているのでしょうね(^^)』
2DSC05004_convert_20231123133604.jpg

『建物の脇には桜が綺麗に咲いています』
3DSC05005_convert_20231123133617.jpg

4DSC05009_convert_20231123133626.jpg

5DSC05010_convert_20231123133656.jpg

『現代の役場や警察署に比べるとかなり小さいですね』
6DSC05011_convert_20231123133705.jpg

7DSC05012_convert_20231123133718.jpg

【内部の様子】
8DSC05013_convert_20231123133727.jpg

【説明板】
9DSC05000_convert_20231123133546.jpg

10DSC05000_convert_20231123133540.jpg

【地図】


住所:埼玉県ふじみ野市苗間34-6
電話:049-220-2088(ふじみ野市役所)
2023年11月30日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここは初めて知りました。
見学は予約制のようですね。
たまたま通りがかって入ることができないのは残念です。
しかし、当時の方々が考えた通り、とてつもなくモダンだったのでしょう。
茅葺屋根の三富の農家が並ぶ中で、洋館があるのはシュールだったと思います。
その時代にタイムスリップするような気持ちになれそうです。

Re: No title

たいやきさん
こんばんは。
あ~そうですね!
今も昔の名残がある三芳町の畑の風景がこの周辺にも広がっていたのでしょうね。
よく通る川越街道沿いなので前々から存在は知っていたのですが、校門が閉まっているかほんの少し開いている状態だったので校庭に入っていいものか迷っている間に通過していました。この時はたまたま校門が広く開いていたので意を決して入りました。不審者扱いされないように堂々とwww
本文でも書きましたが、保存状態がとてもよく、住宅、商業地にぽつりと存在する歴史的建造物を守って行って欲しいです。
交通量が多く、渋滞する川越街道なので排気ガスの影響が心配ではあります。
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR