fc2ブログ

浅久保富士浅間神社(浅久保富士) @埼玉県和光市

2021年2月21日(日)
御嶽榛名神社の見学を終え、浅久保富士浅間神社(浅久保富士)にやって来ました。

猫の足あとさんのホームページによると、由緒は

 慶長19年(1614年)に武田信玄家臣の子柳下外記規道が浅久保の地に浅間大神を創祀、明治6年に富士塚を築いたといいます。昭和32年、当初の地から西方にあたる当地に移築、昭和57年に下新倉氷川八幡神社の飛び地境内となっています。また境内には、理化学研究所の地に祀られていた杉森稲荷も遷されています。

なのだそうです。

御祭神は木之花開耶姫命です。

『池袋方面へ進みます』
1DSC04306_convert_20230830221851.jpg

『浅久保通りに入ります』
2DSC04307_convert_20230830221859.jpg

『細い路地に入ります』
3DSC04308_convert_20230830221909.jpg

【鳥居】
『路地を50m程進むと浅久保地区集会所があります。その奥に浅久保富士浅間神社があります』
4DSC04310_convert_20230830221917.jpg

【鳥居】
『集会所とフェンスの間を抜けると、フェンスに向かって建つ鳥居が現れます』
5DSC04313_convert_20230830221923.jpg

『所狭しと社標などが並んでいます』
6DSC04314_convert_20230830221932.jpg

DSC04318_convert_20230901072439.jpg

【杉森稲荷神社】
7DSC04322_convert_20230830222021.jpg

【扁額】
8DSC04323_convert_20230830222029.jpg

【お狐様】
9DSC04324_convert_20230830222038.jpg

【浅久保富士浅間神社富士塚】
10DSC04315_convert_20230830221953.jpg

【浅久保富士浅間神社】
11DSC04316_convert_20230830222003.jpg

【浅久保富士浅間神社・杉森稲荷神社】
DSC04321_convert_20230901072446.jpg

【境内の様子】
『路地の最奥にあり、フェンスと集会所に囲まれひっそりと鎮座しています』
12DSC04328_convert_20230830222104.jpg

【武蔵御嶽神社鳥居】
13DSC04325_convert_20230830222046.jpg

【武蔵御嶽神社】
14DSC04327_convert_20230830222056.jpg

【地図】


住所:埼玉県和光市中央1-3-22付近
電話:048-464-5376(下新倉氷川八幡神社)
2023年9月1日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

理研のすぐそばなのですね。
住宅街の公民館は何かあることがあるので要注意だと思っています。
石の祠や庚申塔などが遺されているところもありますね。
このように立派なお社がひっそりとあることも。
稲荷神社のお狐様が大きく立派なのはかつてはかなり栄えたのでしょう。
富士塚は小さいながらも、ふんだんに溶岩が使われています。
きちんと登ることができるのもいいですね。

Re: No title

たいやきさん
こんにちは。
細い路地の最奥の住宅街の中にひっそりと鎮座しており、一切案内板もないのでグーグルマップで見つけなければ知ることはなかったと思います。
確かに公民館の周りに歴史的なものがあることはありますよね。
開発が進んでいる和光市の南エリアに立派な富士塚があることに驚きました。
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR