fc2ブログ

高澤不動尊/大蓮寺 @埼玉県川越市

2020年10月25日(日)
元町の六塚稲荷神社の見学を終え、高澤不動尊、大蓮寺にやって来ました。

大蓮寺は正式には「来迎山 紫雲院 大蓮寺(だいれんじ)」と号する浄土宗の寺院です。

ホームページによると、縁起は

 室町時代末期、川越城を攻略した北条氏康は家老大導寺駿河守政繁を城将としました。信仰厚い母堂の蓮馨尼は、感譽上人に帰依しており、川越に感譽上人を招き蓮馨寺、見立寺を建立しました。
 感譽上人は、永禄6年(1563年)~9年(1566年)増上寺の十世を勤め、辞して蓮馨寺に帰り、翌年蓮馨尼が没すると導師を勤めました。大蓮寺の開創が蓮馨尼の没年月日となっていることから蓮馨尼の菩提を弔うために開山されたと思われます。感譽上人は学徳高く信徒3000人弟子600人、数多くの高僧を育て、その中には徳川家康公が深く帰依した存応上人(観智国師)がいます。開創は9ヶ寺あります。
 その後延宝年間(1673~1680年)七世超譽上人代に火災にあい本堂、古記を焼失、大蓮寺に信仰のあった川越城主酒井河内守の支援により、同年間再建しました。現在の本堂は万延元年(1860年)再々建、客殿は平成7年(1998年)新築されました。

なのだそうです。

『大蓮寺の山門の左側に高澤不動尊があります』
1DSC00638_convert_20221227000320.jpg

【高澤不動尊】
2DSC00639_convert_20221227000348.jpg

『真言宗醍醐派の寺院です』
3DSC00640_convert_20221227000359.jpg

【大蓮寺山門】
4DSC00641_convert_20221227000411.jpg

【参道】
5DSC00642_convert_20221227000425.jpg

【稲荷神社】
6DSC00643_convert_20221227000440.jpg

【子育延命地蔵尊】
7DSC00644_convert_20221227000454.jpg

【六地蔵菩薩等】
8DSC00645_convert_20221227000506.jpg

9DSC00647_convert_20221227000530.jpg

【大蓮寺本堂】
10DSC00646_convert_20221227000519.jpg

11DSC00648_convert_20221227000543.jpg

【扁額】
12DSC00649_convert_20221227000556.jpg

【地図】


住所:埼玉県川越市元町2-8-25
電話:049-222-3990
ホームページ:http://www.k-dairenzi.jp/
2022年12月30日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

埼玉にはときどき、増上寺や寛永寺などに関係があるお寺が見受けられますね。
それだけ、江戸との関係や徳川家との関係が深い土地なのだと感じます。
高澤不動尊には少し興味を持ちました。
江戸には目黒、目白、目赤などさまざまな色の不動尊がありますね。
小江戸川越にも、もしかするといくつもの不動尊があって、人々の信仰を集めたのではないかと思いを馳せました。
それにしても川越にはまだ知らない寺院が多いです。

Re: No title

たいやきさん
こんにちは。
徳川と言えば喜多院では春日局が江戸城で使用していた部屋が移築されて客殿になっていますもんね。
川越と江戸は距離的にも深い関係にあったことがよく分かります。
なにげに立ち寄った神社仏閣でふとした歴史に出会うことが多いので川越は面白いです(^^)

こんにちは^o^

このような歴史がある古いお寺の方が、私は好きです! 九州には、立派なお寺がたくさんありますが、新しいお寺よりも古いお寺の方が、ホッとしてお参り出来ます! 最近は、普通のビルのような納骨堂が増えてきましたね!

Re: こんにちは^o^

hakatahimeさん
こんばんは。
川越は江戸に近いこともあり、徳川家と縁がある神社仏閣があり、訪ねてみて初めて知ることも多く、ぶらぶら散策するのが楽しい町です(^^)
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR