fc2ブログ

元町の六塚稲荷神社 @埼玉県川越市

2020年10月25日(日)
見立寺の見学を終え、元町の六塚(むつづか)稲荷神社にやって来ました。

猫の足あとさんのホームページによると、由来は

 六塚稲荷神社は、川越城主太田道真(太田道灌の父)が当地を開拓する際に切り崩した六つの塚に稲荷社を祀ったといい、六つの塚の稲荷社だから六塚稲荷と称したとも、六つの稲荷社を当社へ合祀したから六塚稲荷と称したともいいます。当社本殿は川越市有形文化財に指定されています。

なのだそうです。

『元町の六塚稲荷神社に到着です』
1DSC00619_convert_20221226230508.jpg

2DSC00621_convert_20221226230844.jpg

3DSC00635_convert_20221226231036.jpg

【六塚稲荷神社本殿説明板】
4DSC00620_convert_20221226230759.jpg

5DSC00620_convert_20221226230817.jpg

【鳥居】
6DSC00622_convert_20221226230855.jpg

【拝殿】
7DSC00625_convert_20221226230918.jpg

【扁額】
8DSC00624_convert_20221226230907.jpg

【本殿】川越市指定有形文化財
9DSC00626_convert_20221226230930.jpg

10IMG_3152_convert_20221226231120.jpg

【琴平神社・三峯神社・八幡神社】
11DSC00632_convert_20221226230956.jpg

12DSC00633_convert_20221226231009.jpg

【改築記念碑・四塚稲荷神社】
13DSC00631_convert_20221226230942.jpg

【六塚会館】
『古い建物の部分は神楽殿だと思います』
14DSC00634_convert_20221226231022.jpg

【地図】


住所:埼玉県川越市元町2-8-12
電話:049-224-0551(川越氷川神社)
2022年12月29日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

このお稲荷様は、、。

こんばんは^o^ このお稲荷様は、普通の稲荷神社のように赤が少ないですね! 特別な神社なのですね! 木が元気みたいです! keny72さん、これから、 年末年始に家族サービス出来ますね^o^ サービスされていたら、ゆっくり出来ないかもしれませんね!

No title

ここも近くまでは何度も行っているのに存在に気づいていない場所です。
神社そのものも面白いですが、地形に興味ありです。
当地にあった六つの塚を切り崩したとのことですが、その塚とは何だったのかが気になります。
 ①実は小さな古墳群であった。
 ②付近の川が流路を変えた際に土を積み残した。
 ③見立ての塚であり、実は台地や丘陵の一部
こういうことを考えると、楽しい時間が過ぎていきます。
今も残っている高まりは、その塚の名残なのでしょうね。

Re: このお稲荷様は、、。

hakatahimeさん
こんばんは。
年末年始はゆっくりできるはずなのに、ゆっくりできないですねwww
買い物や初詣、実家への訪問、お墓参りなど結局動いている感じです。
普段の休みより年末年始休暇の方が忙しいです・・・

Re: No title

たいやきさん
こんばんは。
新編武蔵風土記稿には「古丘」と記載されているようですが、詳細は分からないようです。
グーグルマップ上では当社も含め、3つの六塚稲荷を確認できるのですが、いずれも由緒は不詳でした。
想像で楽しむしかないようですwww
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR