fc2ブログ

六義園《No.1》 @東京都文京区

2020年1月5日(日)
六義園(りくぎえん)に行ってきました。

説明板によると

 本園は元禄15年(1702年)武州川越藩主柳沢出羽守吉保(やなぎさわでわのかみよしやす)が築造した庭園で、江戸の大名庭園中現存する日本で屈指の名園です。昭和15年8月、史跡名勝天然記念物保存法によって名勝の指定を受け、昭和28年4月特別名勝となり、日本でも特に優れた名園として大切に保存されています。
 庭園の形式は江戸時代の庭園にみる所謂回遊式築山泉水庭と呼ばれます。園の中央に池を設け、中島を置き島に妹背山があり、東南部に平坦な芝生、その他の部分には大小多数の築山が起伏し、園の北部に最大の築山藤代峠を設け、、各所に桃の茶屋・滝口の茶屋・吟花亭・熱海の茶屋・つつじの茶屋・芦辺の茶屋等あづまやを配しています。その後改修、また今次大戦により焼失したものもあります。またこの庭園の作庭については、吉保自身の培った文芸趣味の思想に基づき、自分から設計7年余りの歳月を費やし池を掘り、山を築き流れを見せて、紀州和歌の浦の景勝を、あるいは「万葉集」や「古今集」から名勝を選び園内に八十八景を写しだすという園の構成です。
 「六義園」の名は、中国の古い書物である毛誌に配されている賦(ふ)・比(ひ)・興(こう)・風(ふう)・雅(が)・頌(しょう)の六義に由来する和歌の六体によるもので、吉保自身「むくさのその」と呼ばせ、館を「六義館」と書いて「むくさのたち」と読ませています。
 このような庭園も吉保が歿した後は荒れる一方であったが、文化7年にいたり漸く整備され、明治10年頃付近の藤堂・安藤・前田の各氏邸とともに、岩崎彌太郎氏の別邸の一部となるに及んで再び昔の美しさを取り戻し、昭和13年1月岩崎氏から庭園を中心とした3万余坪を市民の鑑賞・休養の地として、東京市に寄贈され同年10月東京市の管理のもとに公開され今日にいたっています。

なのだそうです。

【染井門】
『駒込駅から一番近い門ですが、通常は閉門されているそうです』
1DSCN0895_convert_20220423232935.jpg

【案内図】
2DSCN0896_convert_20220423232943.jpg

『見どころがたくさんあります。楽しみです(^^)』
3DSCN0897_convert_20220423232952.jpg

4DSCN0898_convert_20220423233001.jpg

【レンガを使用した外周塀】
『趣のある塀です』
5DSCN0893_convert_20220423232917.jpg

6DSCN0894_convert_20220423232926.jpg

【正門】
7DSCN0746_convert_20220423230626.jpg

【入園案内】
8DSCN0747_convert_20220423230639.jpg

【サービスセンター】
『受付です』
9DSCN0749_convert_20220423230649.jpg

『さあ、歩きましょう!』
10DSCN0750_convert_20220423230700.jpg

【六義園解説板】
11DSCN0751_convert_20220423230711.jpg

12DSCN0752_convert_20220423230720.jpg

『おしゃれですね~』
13DSCN0753_convert_20220423230733.jpg

【扇(見立て)】
『初めて見ました。面白いですね~』
14DSCN0754_convert_20220423230744.jpg

15DSCN0757_convert_20220423230807.jpg

【千両・万両・百両・十両・一両】
16DSCN0756_convert_20220423230754.jpg

17DSCN0758_convert_20220423230819.jpg

【記念撮影場所】
『提灯片手に記念撮影しましょう!』
18DSCN0759_convert_20220423230838.jpg

【内庭(ないてい)大門】
19DSCN0760_convert_20220423230858.jpg

20DSCN0761_convert_20220423230909.jpg

『宜春亭(ぎしゅんてい)、心泉亭(しんせんてい)に向かいます』
21DSCN0764_convert_20220423230925.jpg

【宜春亭】
22DSCN0766_convert_20220423230947.jpg

【心泉亭】
23DSCN0767_convert_20220423230959.jpg

24DSCN0768_convert_20220423231009.jpg

『大泉水(だいせんすい)の(玉藻磯(たまものいそ)、出汐湊(でしおのみなと)付近にやって来ました』
25DSCN0769_convert_20220423231019.jpg

【玉藻磯】
『奥に見えるのは中の島の妹山(いものやま)・背山(せのやま)です』
26DSCN0771_convert_20220423231031.jpg

【中の島】
『古くは女性のことを妹、男性のことを背と呼び、中の島は男女の間柄を表現しているそうです』
27DSCN0773_convert_20220423231044.jpg

28DSCN0774_convert_20220423231053.jpg

【臥龍石(がりゅうせき)・蓬莱島(ほうらいじま)】
29DSCN0782_convert_20220423231159.jpg

30DSCN0775_convert_20220423231102.jpg

『舟屋の左手にあるのが、臥龍石です』
31DSCN0777_convert_20220423231114.jpg

【臥龍石】
32DSCN0779_convert_20220423231124.jpg

【蓬莱島】
33DSCN0780_convert_20220423231136.jpg

34DSCN0781_convert_20220423231146.jpg

【雪吊り】
35DSCN0783_convert_20220423231209.jpg

『秋田に赴任していた時に、東北地方のどこかで見た記憶があります。東京では不要と思いますが、冬景色を飾る装飾として良いですねo(^▽^)o』
36DSCN0784_convert_20220423231222.jpg

【指南岡付近】
37DSCN0787_convert_20220423231245.jpg

『滝見茶屋に向かいます』
38DSCN0788_convert_20220423231300.jpg

【滝見茶屋】
『あずまやの横を渓流が走り、岩の間から落ちて水しぶきをあげています』
39DSCN0789_convert_20220423231427.jpg

『雰囲気いいですね~。お弁当を持って来て、ゆっくりと景色を眺めながら食べたい気分です(^^』
40DSCN0790_convert_20220423231442.jpg

41DSCN0797_convert_20220423231527.jpg

42DSCN0791_convert_20220423231453.jpg

【水分石】
43DSCN0793_convert_20220423231503.jpg

44DSCN0795_convert_20220423231511.jpg

【千鳥橋】
45DSCN0799_convert_20220423231538.jpg

【千鳥橋から滝見茶屋の眺め】
46DSCN0800_convert_20220423231552.jpg

48DSCN0802_convert_20220423231611.jpg

『鴨が泳いでいます』
47DSCN0801_convert_20220423231602.jpg

【尋芳径(はなとふこみち)】
49DSCN0804_convert_20220423231623.jpg

50DSCN0805_convert_20220423231633.jpg

【吟華亭(吟花亭)跡】
51DSCN0806_convert_20220423231651.jpg

52DSCN0807_convert_20220423231704.jpg

【地図】


六義園《No.2》につづく・・・

住所:東京都文京区本駒込6-16-3
電話:03-3941-2222
ホームページ:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about031.html
開園時間:午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:12/29~1/1
入園料:一般300円、65歳以上150円
   ※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料(小学生以下は付添い要)
2022年4月28日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR