fc2ブログ

慈光寺《No.1》 @埼玉県比企郡ときがわ町

2019年4月20日(土)
今日はときがわ町を散策してきました。
まずは慈光寺にやって来ました。

慈光寺は正式には「都幾山 一乗法華院 慈光寺(じこうじ)」と号する天台宗の寺院です。

慈光寺の縁起は、ホームページによると

 慈光寺は埼玉県比企郡ときがわ町に国宝のある開山1300年の歴史の名刹です。
 九十六世信海が書きました寺伝『都幾山慈光寺実録』によりますと、天武天皇の2年(673年)癸酉、僧慈訓が当山に登り慈光老翁の委嘱を受け、千手観音堂を建て、観音霊場として開基しました。
 阪東九番の札所霊場としても有名であり、静かな趣をたたえた風光明媚な場所にあります。比企山中の木立深き静かな寺として、阪東三十三観音霊場第九番札所の巡礼者を迎え、参拝者の憩う場所でもございます。

なのだそうです。
詳細はホームページをご覧ください⇒慈光寺の縁起・由来について

国宝の慈光寺経(東京国立博物館寄託 )をはじめ、国指定重要文化財の開山塔や銅鐘など多くの文化財があります。

【ときがわトレッキングコース専用駐車場】
『インフォメーションセンターや慈光寺入口バス停付近からスタートするトレッキングコース沿いに桜やシャガの群生地があるとのことだったので約2kmを歩いて上ることにしました』
1DSCN6945_convert_20210923083547.jpg

【インフォメーションセンター・慈光寺入口バス停】
2DSCN6946_convert_20210923083600.jpg

【ときがわトレッキングコース案内図】
『全レッキングコースは歩きません』
3IMG_1418_convert_20210923085359.jpg

4IMG_1418_convert_20210923085418.jpg

『現在地から慈光寺までです』
5IMG_1418_convert_20210923085427.jpg

『トレッキングコースとはいえ、慈光寺までは車道です。まずは女人堂が見えてきました』
6DSCN6949_convert_20210923083627.jpg

【女人堂】
『左に霞桜と染井吉野がありますが、既に散っていました。入比坂東三十三ヶ所観音霊場第1番札所です』
7DSCN6950_convert_20210923083636.jpg

8DSCN6952_convert_20210923083656.jpg

【地蔵菩薩など】
9DSCN6951_convert_20210923083647.jpg

【国宝「慈光寺経」装飾法華経提婆達多品説明板】
10DSCN6953_convert_20210923083706.jpg

11DSCN6953_convert_20210923083714.jpg

『慈光寺まであと1.6kmです。平坦な道なら2km位の距離なんて大したことありませんが、だらだらとずっと上り坂なのでスローペースで景色を楽しみながらのんびり上ります(^^)』
12DSCN6956_convert_20210923083728.jpg

【八重紅大島(やえべにおおしま)】
『大島桜が八重咲きに変化した品種です』
13DSCN6957_convert_20210923083738.jpg

【花笠(はながさ)】
『浅利政俊作出。1963年に福禄寿の実生苗から育成・選抜された品種です』
14DSCN6958_convert_20210923083749.jpg

【思川桜(おもいがわざくら)】
『栃木県小山市原産の栽培品種です』
15DSCN6959_convert_20210923083800.jpg

【一葉(いちよう)】
『オオシマザクラ系統に属するサトザクラの代表的な品種です。「桜を見る会」の主役はこの桜です』
16DSCN6960_convert_20210923083809.jpg

『地元の桜は既に散っていますが、こちらはまだ咲いている桜が多いです。標高200m強なので、その位の標高の違いで咲くタイミングが違うんですね』
17DSCN6961_convert_20210923083819.jpg

【普賢象(ふげんぞう)】
『バラ科サクラ属の植物。オオシマザクラを基に生まれたサトザクラ群のサクラで日本原産の栽培品種のヤエザクラです』
18DSCN6964_convert_20210923083837.jpg

19DSCN6966_convert_20210923083847.jpg

【桜山公園】
20DSCN6967_convert_20210923083856.jpg

『砂利道の方向へ進むと桜山公園ですが、遠目に見て桜があまり見えなかったのでパスします』
21DSCN6968_convert_20210923083905.jpg

【僧坊跡】
22DSCN6969_convert_20210923083915.jpg

【東錦(あずまにしき)】
『船津金松によれば、高木孫右衛門の「桜花集」(1904年)の新花之部にこの名がみられるので、この頃にできたものと考えられるそうです』
23DSCN6970_convert_20210923083925.jpg

【著莪(シャガ)群生地】
『シャガの群生を見るのは初めてです(^^)』
24DSCN6973_convert_20210923083942.jpg

『クローズアップされる花ではないですが、好きな花の一つです』
25DSCN6971_convert_20210923083932.jpg

『桜と菜の花のコラボはよく見ますが・・・』
26DSCN6974_convert_20210923083952.jpg

『桜とシャガのコラボは珍しいのではないでしょうか。貴重な光景をゆっくり見ることができ、歩いて上った甲斐がありましたo(^▽^)o』
27DSCN6976_convert_20210923084002.jpg

『慈光寺山門跡の板碑群(青石塔婆)に到着です。慈光寺まであと800mです。上り坂を1km強歩いて来ましたが、桜やシャガを眺めながら歩いていると全然疲れないです』
28DSCN6977_convert_20210923084013.jpg

29DSCN6978_convert_20210923084023.jpg

『桜が見事です!』
30DSCN6980_convert_20210923084032.jpg

【慈光寺山門跡の板碑群(青石塔婆)】埼玉県指定有形文化財
31DSCN6981_convert_20210923084042.jpg

32DSCN6992_convert_20210923084252.jpg

33DSCN6991_convert_20210923084242.jpg

34DSCN6990_convert_20210923084232.jpg

35DSCN6984_convert_20210923084118.jpg

【慈光寺山門跡の板碑群説明板】
36DSCN6983_convert_20210923084102.jpg

37DSCN6987_convert_20210923084138.jpg

38DSCN6986_convert_20210923084132.jpg

39DSCN6985_convert_20210923084124.jpg

40DSCN6988_convert_20210923084202.jpg

41DSCN6989_convert_20210923084221.jpg

『天候が良く、気分良く歩みを進めます(^^』
42DSCN6993_convert_20210923084302.jpg

『シャガ群生地が続きます』
44DSCN6996_convert_20210923084323.jpg

43DSCN6994_convert_20210923084312.jpg

『上り始めてから約30分。サンドの秘境バス旅だったら、そろそろ富澤がブツブツ言いそうな時間ですw』
45DSCN6997_convert_20210923084333.jpg

【糸括(いとくくり)】
『荒川堤で栽培されていた品種で江戸時代から知られていました。「花壇綱目」(1981年)に“糸くくり中輪なり”とあり、また「怡顔斎桜品」(1758年)にもその名があることから古くからある品種と推定されます。小花柄が長く、花が束になって下垂するのでこの名がつけられたといわれています。船津静作の「江北里櫻の品種と特徴」には“大手毬トモ云ウ”とあり、また手毬は“糸括ヨリ早ク咲ク”とあります』
46DSCN6998_convert_20210923084342.jpg

47DSCN7000_convert_20210923084357.jpg

【慈光寺開山塔】国指定重要文化財
48DSCN7002_convert_20210923084408.jpg

『慈光寺開山塔は、鑑真の弟子で慈光寺を開山した釈道忠 (広恵菩薩) の墓に建てられていたと伝えられ、覆堂の中に安置されています』
49DSCN7005_convert_20210923084418.jpg

【慈光寺開山塔説明板】
50DSCN7006_convert_20210923084425.jpg

【釈迦堂跡】
51DSCN7007_convert_20210923084439.jpg

【釈迦堂跡説明板】
52DSCN7008_convert_20210923084445.jpg

53DSCN7009_convert_20210923084454.jpg

『右の参道を進みます。あと150m程です』
54DSCN7011_convert_20210923084504.jpg

【鐘楼】
55DSCN7012_convert_20210923084514.jpg

【銅鐘】国指定重要文化財
56DSCN7013_convert_20210923084522.jpg

【銅鐘説明板】
57DSCN7014_convert_20210923084529.jpg

『あらら!倒壊しちゃってます』
58DSCN7015_convert_20210923084540.jpg

59DSCN7016_convert_20210923084549.jpg

【良寛書 楷書心経】
60DSCN7017_convert_20210923084558.jpg

【良寛書楷書心経説明板】
61DSCN7018_convert_20210923084605.jpg

【空海書 破体心経】
62DSCN7019_convert_20210923084618.jpg

【空海書 破体心経説明板】
63DSCN7020_convert_20210923084626.jpg

『慈光寺に到着しました』
64DSCN7021_convert_20210923084638.jpg

【慈光寺山門】
65DSCN7022_convert_20210923084648.jpg

【地図】


慈光寺《No.2》につづく・・・

住所:埼玉県比企郡ときがわ町西平386
電話:0493-67-0040
ホームページ:https://www.temple.or.jp/
2021年9月25日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR