fc2ブログ

白雲山 鳥居観音/鳥居観音の紅葉《No.1》 @埼玉県飯能市

2018年11月15日(木)
龍泉寺/武州世直し一揆壁画の見学を終え、白雲山鳥居観音にやって来ました。

鳥居観音のホームページによると

 白雲山鳥居観音は埼玉百選に選ばれた観光名所であり、広さが約30ha(東京ドーム6.5個分)ほどあり、その山内各所には開祖平沼彌太郎(雅号:平沼桐工)が30年以上もの長い歳月をかけて築いた建造物が存在します。山頂の救世大観音をシンボルに、本堂・玉華門・仁王門・大鐘楼・平和観音のほか、玄奘三蔵塔は西遊記でお馴染みの「玄奘三蔵法師」の霊骨が祀られていることでも有名です。
 白雲山鳥居観音の開祖平沼彌太郎は明治25年、この白雲山の地に生まれ、後に埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)の初代頭取や参議院大蔵委員長を務めました。
 彌太郎の母・志げは熱心な観音信仰者であり、その母の遺言「私にかわってお前が観音様のお堂を建てておくれ」という願いを実現しようと昭和15年に観音堂(現在の恩重堂)が完成し、のちの鳥居観音の母胎となりました。
 本堂に安置されている七観世音菩薩や大黒天などの仏像のほとんどは、平沼彌太郎自らが彫刻したものです。信仰心の目覚めとともに仏像彫刻に入り、本格的な技術を習得するにあたり、仏像彫刻家の第一人者と目されていた三木宗策氏に弟子入りし、その後、沢田政広氏や村岡久作氏などにも指導や協力を受け、平沼彌太郎は仏像彫刻家、桐江としても名を知られるようになりました。
 
なのだそうです。

『鳥居観音に到着です』
1DSC04851_convert_20210422223046.jpg

『救世大観音がある山頂まで張り切って登ります!』
2DSC04852_convert_20210422223104.jpg

3DSC04853_convert_20210422224001.jpg

【駐車場】
『500円を払えば山頂まで車で行くことができますが、徒歩で登った方が紅葉や建造物などの景色を楽しむことができるので歩くことにしました』
4DSC04854_convert_20210422224058.jpg

『救世大観音に向けて、いざ出発!!!』
5DSC04855_convert_20210422224121.jpg

【案内図】
6DSC04856_convert_20210422224222.jpg

【本堂】
7DSC04857_convert_20210422224313.jpg

8DSC04858_convert_20210422224340.jpg

【本堂内部の様子】
『聖観音を中央に七体の観世音菩薩が安置されています。そのほとんどは開祖平沼彌太郎自らが彫刻したものです』
13DSC04864_convert_20210422224654.jpg

【縁起】
10DSC04859_convert_20210422224408.jpg

『山頂(救世大観音)まで徒歩で45分かかるそうです。僕は写真を撮りながら登って行ったので1時間くらいかかりました』
11DSC04860_convert_20210422224442.jpg

【絵馬お守り販売所】
9DSC04861_convert_20210422224511.jpg

【地蔵堂】
『子育地蔵尊が祀られています』
12DSC04862_convert_20210422224536.jpg

【水かけ観音・つくばい及び台石】
14DSC04863_convert_20210422224604.jpg

【鳥居文庫】
『多数の仏像をはじめ、仏像美術芸技品、古文書、民俗資料、写真資料などが収蔵された展示室です』
15DSC04865_convert_20210422224708.jpg

【納金所】
『徒歩だと大人200円、子供100円、自動車は500円、バイクは300円です』
16DSC04866_convert_20210422224725.jpg

【遊歩道入口】
『さあ、ここからは上り坂です。先が長いのでのんびり行きましょう(^^)』
17DSC04867_convert_20210422224754.jpg

『玄奘(げんじょう)三蔵塔がはるか上に見えます』
18DSC04868_convert_20210422224831.jpg

『救世大観音はもっと遠いですwww』
19DSC04869_convert_20210422224853.jpg

【仁王門】
『納金所から約7分で仁王門に到着しました』
20DSC04872_convert_20210422225006.jpg

21DSC04873_convert_20210422225029.jpg

【金剛力士像(仁王像)】
『迫力のある仁王さまです』
22DSC04874_convert_20210422225107.jpg

【仁王門説明板】
23DSC04871_convert_20210422224924.jpg

『なかなかの急坂です。平地を10kmくらい歩くのは平気ですが、登山はしないので長い上り坂は結構しんどいです(´・_・`)でも、平和観音が見えたので、まずはあそこまで頑張ります!』
24DSC04876_convert_20210422225130.jpg

【恩重堂】
『仁王門から約7分で恩重堂に到着しました』
25DSC04877_convert_20210422225151.jpg

『開祖平沼彌太郎の母・志げの遺言により観音様をお祀りした最初の建物(本堂)です。現在は恩重堂として父母の像を安置しています。当初は母のために最初に彫った、鳥居観音の本尊である聖観世音菩薩と梵天、帝釈天が安置されていましたが、現在は本堂に祀られています』
26DSC04878_convert_20210422225252.jpg

【扁額】
27DSC04879_convert_20210422225317.jpg

【恩重堂縁起】
28DSC04880_convert_20210422225559.jpg

【平和観音】
『恩重堂から約3分で平和観音に到着しました。見晴らし台になっています』
29DSC04881_convert_20210422225735.jpg

『天地自然と共に人類の永久的繁栄を祈念して建立されました』
30DSC04891_convert_20210422230216.jpg

【平和観音縁起】
31DSC04882_convert_20210422225756.jpg

【平和観音からの眺望】
『玄奘三蔵塔、大鐘楼、納経堂、救世大観音が見えます』
32DSC04883_convert_20210422225824.jpg

【救世大観音】
33DSC04884_convert_20210422225857.jpg

【玄奘三蔵塔】
34DSC04885_convert_20210422225929.jpg

【大鐘楼・納経堂】
35DSC04886_convert_20210422225953.jpg

【大鐘楼】
『平和観音から約10分で大鐘楼に到着しました』
36DSC04890_convert_20210422230114.jpg

『大鐘楼から約5分で玄奘三蔵塔に到着しました』
37DSC04893_convert_20210422230313.jpg

【玄奘三蔵塔】
38DSC04897_convert_20210422230730.jpg

『第一層が四角形(日本様式)、第二層が八角形(中国様式)、第三層が十六角形(印度様式)という独創的な造りになっています』
39DSC04899_convert_20210422230852.jpg

『玄奘三蔵塔には孫悟空の活躍で知られる物語「西遊記」の三蔵法師、正式名は玄奘三蔵法師の霊骨が祀られています』
40DSC04905_convert_20210422231548.jpg

【第一層内部】
42DSC04904_convert_20210422231529.jpg

【玄奘三蔵法師霊骨塔縁起】
43DSC04903_convert_20210422231429.jpg

44DSC04903_convert_20210422231450.jpg

【玄奘三蔵塔建立縁起】
41DSC04894_convert_20210422230347.jpg

【玄奘三蔵法師像】
45DSC04898_convert_20210422230801.jpg

『紅葉がきれいです』
46DSC04906_convert_20210422231657.jpg

【平沼先生夫妻頌徳碑】
47DSC04907_convert_20210422231733.jpg

【平沼先生夫妻頌徳碑説明板】
48DSC04908_convert_20210422231805.jpg

『救世大観音とほぼ同じ高さまで登って来たのでここからは楽に歩けます。さあ、向かいましょう!』
49DSC04901_convert_20210422230916.jpg

【地図】


白雲山 鳥居観音/鳥居観音の紅葉《No.2》につづく・・・

住所:埼玉県飯能市上名栗3198
電話:042-979-0666
ホームページ:http://www.toriikannon.org/
入山料:徒歩大人(中学生以上)200円、徒歩子供(小学生以上)100円、車500円、バイク300円

救世大観音
拝観時間:午前9時~午後3時
拝観日:土・日・祝日のみ(12月~3月閉館)
拝観料:大人(中学生以上)200円、子供(小学生以上)100円

鳥居文庫
拝観時間:午前9時~午後3時
休館日:水曜日
拝観料:大人(中学生以上)200円、子供(小学生以上)100円
2021年4月24日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!鳥居観音は私も数年前に紅葉を見に出かけました。

玄奘三蔵の遺骨は、私の知っている範囲でも、蕨・岩槻・鳥居観音に分骨されています。それぞれ、納骨堂が作られています。

そもそも関東軍が掘り出して、このような貴重なものがなぜ日本に持ち込まれたのか不思議でしょうがありません。歴史の影の部分を見るようです。

Re: No title

torikeraさん
こんばんは。

蕨市は三学院ですね。6年程前に行きました。

岩槻にもあるんですか?

あった!玄奘三蔵霊骨塔ですね。
今度、行って来ます。

いつも様々な情報をくださりありがとうございます(^^)

今後も情報交換をよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR