fc2ブログ

五千頭の龍が昇る聖天宮《No.1》 @埼玉県坂戸市

2018年10月21日(日)
五千頭の龍が昇る聖天宮(せいてんきゅう)を見学してきました。

聖天宮は、中国台湾三大宗教(道教、儒教、仏教)の一つ「道教」のお宮です。日々の道徳を重んじ、善行に報いる最高神「三清道祖(さんせいどうそ)」が本尊として祀られています。開祖は台湾出身の康國典大法師(こうこくてんだいほうし)です。
日本国内に現存する道教のお宮として最大級の規模を誇り、豪華絢爛な造りは天界の悠久の宮殿を彷彿させます。神様と皇帝の建造物にしか使われない黄色い屋根瓦と龍は遠くからでも目を惹きます。また、ガラスとタイルで造られた屋根飾りをはじめ、一万以上の部品を釘なしで組んだ天井、透かし彫りされた5mもある一本柱、4mもある一枚板から彫られた扉は一見の価値があります。

ホームページによると、由来は

 聖天宮の建て主は康國典大法師。 四十歳半ばにして不治の大病を患い、ご本尊「三清道祖」と縁起をもたれたのを期に一命をとりとめ、完治されました。 深謝の念と、何人にも神様のご利益にあやかれるお宮を建てたく建造の地を探していたところ、なんと生国の台湾ではなく日本国のこの地にとお告げを授かりました。
 聖天宮の名、佇まいや方角もお告げがあり、当時、正面の道、最寄の若葉駅もなかった雑木林のこの地を一から整地し昭和五十六年より着工に至りました。 台湾の一流の宮大工を呼び寄せ、十五年を掛け、平成七年に聖天宮を開廟しました。

なのだそうです。

坂戸市はいつも通過するだけだったので、見どころがないものかとネットで観光情報を調べたら当宮がヒットしました。
それと同時に6年前に来たすみよし菖蒲園(現在は閉園)からの帰宅途中、遠目に中国風の建物に気付いたけれども、立ち寄らなかったことを思い出したので行ってみることにしました。

住宅街と畑に囲まれた場所に、なぜこれだけの立派なお宮があるのか不思議であり、違和感があったのですがホームページの解説を読み納得しました。

【駐車場】
『聖天宮に到着です』
1DSC07784_convert_20210403221148.jpg

【幟】
『五千頭の龍が昇っているそうです』
2DSC07785_convert_20210403221227.jpg

【境内案内図】
IMG_3717_convert_20210404222439.jpg

【聖天宮】
『豪華絢爛です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆』
3DSC07790_convert_20210403221341.jpg

【天門・前殿・本殿】
『写真左から天門、前殿、本殿です。前殿の右に見えるのは鐘楼です』
4DSC07788_convert_20210403221307.jpg

【天門】
5DSC07795_convert_20210403221515.jpg

6DSC07793_convert_20210403221433.jpg

『龍の精密さのみならず、門全体の装飾が細やかです』
7DSC07797_convert_20210403221541.jpg

『天門の豪華さは序章に過ぎません。前殿、本殿と奥に進むほど豪華絢爛になります!』
12DSC07807_convert_20210403222033.jpg

13DSC07809_convert_20210403222054.jpg

【聖天宮解説板】
8DSC07802_convert_20210403221747.jpg

【拝観受付】
9DSC07803_convert_20210403221854.jpg

【拝観時間・拝観料】
『大人500円ですが、500円以上払ってでも見る価値はあります』
10DSC07805_convert_20210403221915.jpg

【唐獅子】
『天門をくぐり境内に入ります。両脇には唐獅子が配置されています。参拝者に取り憑く邪鬼を門前で取り除いてくれるそうです』
11DSC07806_convert_20210403221950.jpg

『門扉に取り付けられています。日本の神社だったら家紋がついているでしょうね』
14DSC07815_convert_20210403222111.jpg

【聖天宮竣成記念碑】
15DSC07818_convert_20210403222317.jpg

【鼓楼・前殿・鐘楼】
『左の塔が鼓楼、右の塔が鐘楼です』
16DSC07817_convert_20210403222129.jpg

17DSC07821_convert_20210403222344.jpg

【扁額】
18DSC07835_convert_20210403222714.jpg

『龍だけではなく、鳳凰や人型の装飾も施されています』
19DSC07826_convert_20210403222401.jpg

20DSC07827_convert_20210403222425.jpg

【前殿正面】
『彫刻が素晴らしいですヽ(≧∀≦)ノ二本の柱は九龍柱と呼ばれます』
21DSC07828_convert_20210403222452.jpg

【九龍柱】
『台湾の観音山で取れる高さ5mもある観音石の一本岩から施された彫刻です』
22DSC07830_convert_20210403222541.jpg

【九龍柱解説】
23DSC07831_convert_20210403222602.jpg

【唐獅子】
24DSC07837_convert_20210403222737.jpg

【唐獅子説明板】
25DSC07838_convert_20210403222802.jpg

『壁の彫刻、天井の装飾など、どこをとっても手抜きがありません』
26DSC07840_convert_20210403222901.jpg

27DSC07841_convert_20210403222925.jpg

28DSC07843_convert_20210403223000.jpg

29DSC07844_convert_20210403223029.jpg

30DSC07863_convert_20210403223853.jpg

『前殿の奥に本殿が見えます』
31DSC07842_convert_20210403222943.jpg

【鼓楼】
32DSC07853_convert_20210403223611.jpg

『上る事ができるので、後程上ってみたいと思います』
33DSC07848_convert_20210403223534.jpg

【壽金亭】
34DSC07854_convert_20210403223702.jpg

【壽金亭説明板】
35DSC07855_convert_20210403223726.jpg

【鐘楼】
36DSC07859_convert_20210403223756.jpg

『鼓楼と同様に上る事ができるので、後程上ってみたいと思います』
37DSC07861_convert_20210403223819.jpg

【聖天宮入口】
『入場します。外観をじっくり見ていたら既に1時間が経過していました。まさか日本でこれだけ立派な中華建築を見ることができるなんて思っていませんでしたから、時を忘れて見惚れてしまいました(^^)』
38DSC07864_convert_20210403223941.jpg

【四大天王(魔礼青・魔礼紅)】
『扉に彫刻された高さ2.5mの武官神です。楠木の一枚板から彫刻され、扉を閉めると外に向きます』
39DSC07865_convert_20210403224006.jpg

【四大天王(魔礼青・魔礼紅)説明板】
40DSC07868_convert_20210403224027.jpg

『外観のみならず内装も朱色と金色で煌びやかです』
41DSC07869_convert_20210403224117.jpg

42DSC07870_convert_20210403224148.jpg

【前殿説明板】
43DSC07871_convert_20210403224202.jpg

【前殿内部】
44DSC07872_convert_20210403224228.jpg

45DSC07873_convert_20210403224306.jpg

【八卦天井】
46DSC07884_convert_20210403230331.jpg

【浄香原木・おみくじ】
47DSC07882_convert_20210403230249.jpg

【如意四位正神(招寳天尊・納珍天尊)】
『扉に彫刻された高さ3.5mの文官神です。楠木の一枚板から彫刻され、扉を閉めると外に向きます』
48DSC07875_convert_20210403225946.jpg

【如意四位正神(招寳天尊・納珍天尊)説明板】
49DSC07876_convert_20210403230007.jpg

【鎮守宝殿山門神】
『扉に彫刻された高さ4.5mの武官神です。楠木の一枚板から彫刻され、扉を閉めると外に向きます』
50DSC07877_convert_20210403230054.jpg

【鎮守宝殿山門神説明板】
51DSC07878_convert_20210403230119.jpg

【如意四位正神(招財使者・利市正神)】
『扉に彫刻された高さ3.5mの文官神です。楠木の一枚板から彫刻され、扉を閉めると外に向きます』
52DSC07879_convert_20210403230149.jpg

【如意四位正神(招財使者・利市正神)説明板】
53DSC07880_convert_20210403230207.jpg

【地図】


五千頭の龍が昇る聖天宮《No.2》につづく・・・

住所:埼玉県坂戸市塚越51-1
電話:049-281-1161
ホームページ:https://www.seitenkyu.com/
2021年4月5日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。。。
ど派手過ぎて少々引いてしまいそう・・・
沖縄県であれば違和感なさそうですが
関東にこれだけ派手な中華風な寺院が
あるなんてビックリです♪
龍や獅子の彫刻も素晴らしいですね・・・

お邪魔いたしました。。。

No title

こんばんは。

去年だったか、私も行ってみました。

遠くで見ると分からないのですが、上に上がって屋根の上の龍をみると、意外に簡単な工作だったので驚きました。

柱など石を彫ったものはスゴイですね。

それから、最近はコスプレイヤーの聖地になっていました(◎_◎;)

菖蒲園観に行ったのですが、閉鎖されていたのも残念でした。

Re: No title

ViVid Mr.K さん
こんばんは。
建設に15年の歳月を要した理由がよく分かります。総工費が気になるところですwww
横浜中華街に関帝廟や媽祖廟がありますが、豪華絢爛さは比べ物にならないです。
そんな中華建築が埼玉県にあるとは驚きでした!

Re: No title

torikeraさん
こんばんは。
そうそう!コスプレイヤーいました。
写真に写り込んでしまうので、目障りだなと思った記憶があります。
今や聖地になっていましたかwww

すみよし菖蒲園は2016年を最後に閉園してしまったらしいですね。
ボランティアに頼っているところが大きいでしょうから、高齢化で維持が難しくなってきているのでしょうかね?
寂しい限りです・・・
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR