fc2ブログ

酸ヶ湯温泉 @青森県青森市

2016年4月2日(土)
八甲田雪の回廊を通り、酸ヶ湯(すかゆ)温泉にやって来ました。

酸ヶ湯温泉は「ヒバ千人風呂」と呼ばれる混浴の大浴場が有名です。
僕は事前調べするまで知りませんでしたが(//>ω<)
三百年の歴史を誇る由緒ある湯治場で、総ヒバ造りの千人風呂は広さ約80坪(260㎡)の浴室に「熱の湯」、「四分六分の湯」、「鹿の湯」、「冷の湯」と4種類の浴槽があり、様々な効能と豊富な湧出量、五百人を収容できる宿泊機能、周囲のすばらしい環境等が認められ、国民保養温泉地第一号に指定されました。
「ヒバ千人風呂」は、実際に千人が入ったという事実はないそうですが、千人も入れそうな広さだということから名付けられたそうです。

【酸ヶ湯温泉】
1s_DSC0554420190526.jpg

2s_DSC0554520190526.jpg

【八甲田神鷹】
3s_DSC0554620190526.jpg

『「混浴を守る会」なるものがあるんですね( ^o^)<ww温泉宿などで結成する全国的な会なのかと思い調べてみたら、常連客などにより発足された酸ヶ湯温泉独自の会でした。最近、男性客が女性客をじろじろ見る(見えても見ないふりをするのがマナーらしいです)などの混浴に対するマナー違反が多いことから、女性客からの苦情が増えたため、伝統ある混浴文化を守る為に立ち上げられた会なのだそうです』
4s_DSC0555520190526.jpg

【ヒバ千人風呂写真】
『テレビの撮影が来ていたので、千人風呂に入るのはやめて玉の湯のみの入浴にしました。でもそれで正解でした。白濁して硫黄臭が強い温泉は、名前の通り強酸性で舐めたら酸っぱいです。温泉から上がり、普通のお湯で洗い流さないと皮膚がひりひりして耐えられないので、5分程度しか温泉に浸かっていられませんでした。自分の肌が酸性に弱いことを初めて知りました\(//∇//)\酸ヶ湯温泉は僕には合っていないようなので、千人風呂に入っても皮膚の痛みで情緒を楽しむ余裕はなかったと思いますwww』
5s_DSC0555720190526.jpg

【券売機】
『入浴料は僕が訪問した時の価格です。投稿日現在ホームページを見ると千人風呂と玉の湯(1000円)のみになっているようです』
6s_DSC0554720190526.jpg

【館内の様子】
7s_DSC0555420190526.jpg

8s_DSC0555020190526.jpg

9s_DSC0554920190526.jpg

【玉の湯】
『玉の湯は男女別です』
10s_DSC0554820190526.jpg

『玄関からまっすぐ進み右手にあります』
11s_DSC0555320190526.jpg

『写真右奥がヒバ千人風呂入口です』
12s_DSC0555220190526.jpg

【売店】
13s_DSC0555820190526.jpg

住所:青森県青森市荒川南荒川山国有林字酸湯沢50
電話:017-738-6400
ホームページ:http://www.sukayu.jp/
日帰り入浴
利用時間:ヒバ千人風呂(混浴)午前7時~午後5時30分(但し午前8時~9時は女性専用時間)
     玉の湯(男女別)午前9時~午後5時
入浴料:1000円(貸しタオル付)
2019年5月28日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR