fc2ブログ

市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店) @北海道函館市

2015年9月20日(日)
新島襄ブロンズ像/北海道第一歩の地碑の見学を終え、市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)にやって来ました。

1880年(明治13年)に建てられた「旧金森洋物店」を改修し、資料館として公開しています。道内で最も古い煉瓦造りの建物で、北海道指定有形文化財になっています。館内は「明治時代の函館のハイカラ文化」を中心に展示しています。
詳細はこちら⇒旧金森洋物店(市立函館博物館郷土資料館)(はこぶら)

ところで余談ですが、西洋風を真似して流行を追ったり、新しがることをなぜ「ハイカラ」と呼ぶのか、今まで考えたことがなかったので調べてみました。
「ハイカラ」=「high collar」=「高い襟」という意味で、西洋風を気取って高い襟のシャツを着た政治家や官吏をからかった言葉で、吹けば飛ぶような軽薄さという連想から「灰殻」ともじって書かれるようにもなったそうです。
今の時代だと「ハイカラ」=「おしゃれ」という意味で使われていますが、そもそもは西洋かぶれした人への皮肉で使われていた言葉なんですね。ちなみに対義語は「バンカラ」です。

【市立函館博物館郷土資料館(旧金森洋物店)】北海道指定有形文化財・景観形成指定建築物
1DSC04387_convert_20181223093228.jpg

『改修したとはいえ、築130年以上とは凄いですね^^』
2DSC04388_convert_20181223093244.jpg

【案内板】
3DSC04389_convert_20181223093257.jpg

【館内の様子】
『当時の様子が模型で再現されています』
4DSC04390_convert_20181223093319.jpg

『改修工事の解説がありました』
5DSC04393_convert_20181223093342.jpg

『ハイカラ志向の数々^^』
6DSC04391_convert_20181223093330.jpg

住所:北海道函館市末広町19-15
電話:0138-23-3095
ホームページ:https://www.hakobura.jp/db/db-view/2012/10/post-99.html(はこぶら)
開館時間:午前9時~午後4時30分(4~10月)
     午前9時~午後4時(11~3月)
休館日:月曜日、最終金曜日、祝日、年末年始、展示替え時
観覧料:一般100円、大学生・高校生・中学生・小学生50円
2018年12月31日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR