fc2ブログ

一向堂の諏訪神社 @秋田県南秋田郡八郎潟町

2014年7月25日(金)
元祖ラーメンショップ八郎潟店で昼食を終え、午後の散策開始です。
一向堂の諏訪神社にやって来ました。

秋田県神社庁のホームページによると、由緒は

 不詳なれども、明治5年6月村社に列す。昭和3年5月神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和53年9月修理改築工事竣工。
 昭和31年の南秋田郡面潟村村勢一覧によれば『本村開拓の古事は明らかならざるを以って判明せざるも今を去る約1709年前神功皇后三韓御征伐の航路途中激浪に遭ひ漂流し蝦夷ヶ港に御着し、下羽立村に諏訪明神を鎮座す。武運長久を祈願し当時の住民又皇威に浴し今日に及べりと指定村社諏訪神社之なり』とある。
 昭和52年発行の八郎潟町史によれば、嘉永6年、明治17年にそれぞれ新築されていて、境内に北朝年号の古碑がある。夜叉袋の発生とともに土着の人々は信州諏訪明神(開拓神)を観請したものらしい。
 この神社に寄せた真澄の記録によれば『この馬手に内外の神垣(神明・稲荷二社)あり。弓手に寄木を観音菩薩とまつりて堂あり。そが中に諏訪の社ありしことをかんさねにして建南方富命を斎ひまつる。かみわざは七月二十七日なり。二十六日の忌夜よりして、木に作りて二ツの鎌を家毎に掛けそなえて奉れば群まつる人どち、みな鎌祭という。こは須和の御射山祭をやうつしけむ。……』とある。

なのだそうです。

御祭神は、健御名方命です。

八郎潟町指定有形文化財となっています。

『途中、うたせ館八郎潟展示館に寄ってみたのですが、閉館してしまったようです』
1DSCF9257_convert_20160326093812.jpg

【八郎潟町観光案内図】
2DSCF9258_convert_20160326094707.jpg

『東部承水路の近くだったので漁港がありました』
3DSCF9260_convert_20160326094731.jpg

【大潟橋】
『この橋を渡ると大潟村です』
4DSCF9259_convert_20160326094722.jpg

『諏訪神社に到着です』
5DSCF9261_convert_20160326094742.jpg

【蕪村句碑】
『江戸時代に与謝蕪村が訪れているそうです』
6DSCF9264_convert_20160326094759.jpg
7DSCF9263_convert_20160326094750.jpg

『鳥居の前に立派な木が2本生えており、より神聖な雰囲気を醸し出しています』
8DSCF9265_convert_20160326094809.jpg

【鳥居】
9DSCF9266_convert_20160326094819.jpg

【由緒】
10DSCF9267_convert_20160326094835.jpg
11DSCF9269_convert_20160326094853.jpg

【参道】
12DSCF9268_convert_20160326094845.jpg

【諏訪神社】
13DSCF9270_convert_20160326094903.jpg
14DSCF9271_convert_20160326094912.jpg

【扁額】
15DSCF9272_convert_20160326094922.jpg

【稲荷神社】
16DSCF9273_convert_20160326094933.jpg
17DSCF9274_convert_20160326094942.jpg

【太平山三吉神社】
18DSCF9276_convert_20160326095003.jpg

『芭蕉の碑もあります』
19DSCF9275_convert_20160326094952.jpg

『諏訪神社から北に100m程進んだところに一里塚がありました』
21DSCF9279_convert_20160326095024.jpg

住所:秋田県南秋田郡八郎潟町夜叉袋字一向堂17
電話:018-832-4496
ホームページ:http://akita-jinjacho.sakura.ne.jp/tatsujin_etc/kennsaku/hatirougata/03_suwa.html(秋田県神社庁)
2016年3月27日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR