fc2ブログ

八郎潟西部承水路 @秋田県南秋田郡大潟村

2014年3月11日(火)
八竜産直センター メロディアンで買い物を終え、八郎潟西部承水路を眺めながら次の目的地に進みます。

干拓前の八郎潟は面積がおよそ22,000ha、当時日本で琵琶湖に次いで二番目に大きな湖であり「琴の湖」とも呼ばれていました。船越水道で日本海とつながっていた汽水湖で、最深部でも4~5mと非常に浅く、湖底は平坦な湖で、地元では「潟」と呼ばれていました。

八郎潟は、戦後、食糧増産を目的として干拓工事が行われ、20年の歳月と約852億円の費用を投じて約17,000haの干拓地が造成されました。工事は1957年(昭和32年)に着工して、1967年(昭和42年)から入植を開始し、全体の事業は1977年(昭和52年)に竣工しました。

当時の湖岸に沿って、承水路(西部・東部)や八郎潟調整池が残っています。

『表面が凍っています』
1DSCF0720_convert_20150226234055.jpg

『周辺には干拓した農地が広がります』
2DSCF0722_convert_20150226234111.jpg
3DSCF0723_convert_20150226234126.jpg

『22,000haもある潟を干拓しようなんて壮大な計画を立てたことに驚きましたが、時が経ち今は米余りの時代、農家の方たちは生き残る術を必死に考えていると先日テレビで見ました。食文化は多様化していますが、米好きの僕としては主食である米は絶対に守っていただきたいと切に願っています。余談ですが、僕が勤める会社の方々に好きなお米は?と問われ「こしひかり」と答えると村八分にされる危険があります。秋田といえば「あきたこまち」。やはり県民としてはプライドがあるのだと思います。自分が作っているわけでもないのにね~www とはいえ、秋田県民に媚びるわけではありませんが、純粋に「あきたこまち」は美味しいと思います^^』
4DSCF0724_convert_20150226234139.jpg

『遠くに寒風山が見えます』
5DSCF0732_convert_20150226234205.jpg
6DSCF0725_convert_20150226234150.jpg

2015年2月27日投稿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR