fc2ブログ

誕生八幡神社/高福院 @東京都品川区

2021年8月1日(日)
今日はJR目黒駅から東側を散策することにしました。
まず、誕生八幡神社、高福院にやって来ました。

誕生八幡(たんじょうはちまん)神社の由緒は

 文明年中(1469~87)太田道濯公の勧請により創立され、明治維新前は誕生八幡宮と称し、高福院が別当でしたが、維新後、下大崎村鎮座の雉子神社の摂社として八幡神社と称して、永峯町、六軒茶屋町二力町の崇敬者によって維持奉祀されてきました。
 明治42年6月14日、六軒茶屋町551番地の稲荷神社を合祀しました。戦後社号を誕生八幡神社と改称して、現在にいたっています。

御祭神は誉田別命です。

高福院は正式には「永峯山 瑠璃光寺 高福院(ながみねさん るりこうじ こうふくいん)」と号する高野山真言宗の寺院です。

縁起書きによれば、高福院は

 当院は、もと高野山金剛峯寺の塔頭の一院でありました。弘法大師は高野山を開創された際、鎮守として各処に弁天さまを祀られました。高野山が疲弊して資糧が乏しくなった時、弁天さまが宝舟を引いてきて山徒を救い給うたことから、その高福にちなんで高福院が建立されたということです。高野山の古図を見ると、現在の金剛峯寺の右隣に高福院の名が見えます。高野山の中心に在ったことから、由緒寺院であったことが偲ばれます。
 現在の品川区上大崎のあたりは江戸時代、永峯六軒茶屋町という町名でした。白金方面から当地にいたる目黒通りは、馬の背のようにだらだらと長い尾根の道で、それで永峯と言われ、また目黒不動尊への参詣道にあたることから茶屋が六軒あったので、そのように呼ばれたと言われています。
 寛永(1624~44)の頃、松平讃岐守侯は、当地に下屋敷(現在の自然教育園、庭園美術館)を造営されるにあたり讃岐(香川県)が生んだ偉人である弘法大師の御寺を建立せんとして高野山に要請しました。そこで高祖院の良尊和尚が、高福院の寺名と船引の弁天さまを奉持して東上したのが当院の起源であると伝えられております。
 開創時代の当院は、当時江戸に二ヶ所あった高野山の在番所の控寺として、遷化された僧侶方の墓所となっていました。やがて大名家の家中の方々が檀家となり、更には町の人々の菩提所として栄えたということであります。けれども明和9年(1772年)江戸市中を焼き払った行人坂の大火のために、一切が灰燼に帰してしまったのでありました。
 現在の本堂は、天保の改革を断行した水野越前守忠邦侯が千駄ヶ谷の穏田の屋敷内に建立し、自ら勤念を凝らしておられた、今に残る棟木によれば天保15年(1844年)第十三世惠玉和尚が拝領して移築したお堂であります。安政の大地震、関東大震災、今次大戦に良く耐えて今日に至っております。
 明治の廃仏毀釈の時代、当院は疲弊いたしました。しかし第十四世浄晃和尚、第十五世浄誡和尚の努力で再興したのであります。殊に浄誡和尚は、目白僧園の雲照律師に提撕を受け、お大師さまを背中に負うて托鉢しつつ布教し、多くの人々が檀家に加はったということであります。第十六世浄染和尚は、昭和15年(1940年)ロスアンゼルスの高野山米国別院建立をはじめ数多の功績を残しましたが、昭和20年招集された戦地で倒れました。
 昭和51年(1976年)檀家の彫刻家村田歌野氏は、両親の菩提のために白衣観世音菩薩を制作し、寄進されました。そこで、檀家で文化勲章を受章した青山杉雨氏に萬霊供養塔の文字の揮毫をお願いしました。今日、白衣観世音菩薩萬霊供養塔は、後継者の無い方の納骨、供養のため、多くの方々のお役に立っております。
 昭和58年(1983年)弘法大師御入定1150年御遺忌を記念して2000名の檀信徒とともに、140年ぶりに本堂を改修し、大法要を執行しました。
 平成5年(1993年)大正3年(1914年)建立の客殿を大改修、更には庫裡を新築し、今次大戦で倒れた第十六世浄染和尚をはじめ檀信徒英霊の五十回忌法要を厳修いたしました。
 平成13年(2001年)以来、墓地の新設、改修に着手し、多くの方々に新しい檀家に加はって頂き、また加はって頂きつつあります。
 当山は、高野山に於ける開創以来1000年、江戸出府以来、380年の歴史を閲したことになります。

なのだそうです。

隣接している誕生八幡神社のもと別当寺、御府内八十八ヶ所霊場だ第4番札所です。

【誕生八幡神社社号標】
1DSC06629_convert_20240324121024.jpg

【誕生八幡神社鳥居】
2DSC06630_convert_20240324121038.jpg

【誕生八幡神社のイチョウ】品川区指定天然記念物
3DSC06639_convert_20240324121136.jpg

4DSC06634_convert_20240324121101.jpg

8DSC06638_convert_20240324121129.jpg

【誕生八幡神社のイチョウ説明板】
5DSC06633_convert_20240324121052.jpg

【誕生八幡神社】
IMG_4073_convert_20240324124843.jpg

【重箱稲荷神社】
『三代将軍徳川家光がこのあたりへ鷹狩りに訪れた時のことです。「獲物を捕まえるなら今じゃ!」。将軍がそう思った時、大空高く鷹が放たれました。しかし、どうしたことか、鷹は獲物には見向きもせず、はるか彼方に飛んで消えてしまいました。「どこへ行ってしまったのじゃ……?」。将軍も家来の武士達も、途方にくれてしまいました。鷹がいなくなってしまっては、どうにも狩りをすることはできません。がっかりしていたところ、将軍は道ばたにひっそりと建つ小さな稲荷神社を見てハッと閃きました。持ってきた重箱のお弁当を稲荷社にお供えしようと考えたのです。「鷹よ、戻ってまいれ……」。将軍が一生懸命お祈りしていると、不思議なことに鷹がどこからともなく戻ってきたのです。とても喜んだ将軍は「狩りを続けるぞ!」と帰ってきた鷹を連れ、再び出かけて行きました。この重箱はそのまま社殿に供えられ、稲荷社の宝として大切に守られました。このことから「重箱稲荷」という名前で呼ばれるようになりました』
7DSC06637_convert_20240324121118.jpg

【高福院参道】
『誕生八幡神社の奥にあります』
9DSC06640_convert_20240324121144.jpg

【高福院縁起】
10DSC06642_convert_20240324121438.jpg

11DSC06642_convert_20240324121533.jpg

【高福院山門】
12DSC06643_convert_20240324121607.jpg

【高福院本堂】
13DSC06646_convert_20240324121651.jpg

14DSC06644_convert_20240324121617.jpg

15DSC06647_convert_20240324121718.jpg

【扁額】
16DSC06648_convert_20240324121741.jpg

『御府内八十八ヶ所霊場第4番札所です』
17DSC06650_convert_20240324121754.jpg

【六地蔵菩薩等】
18DSC06651_convert_20240324121802.jpg

【地図】


誕生八幡神社
住所:東京都品川区上大崎2-13-36
電話:03-3446-8666

高福院
住所:東京都品川区上大崎2-13-36
電話:03-3441-3859
2024年3月31日投稿

洋菓子・パン エーデルワイス @埼玉県志木市

2021年7月25日(日)
《エーデルワイス しらすピザ・スペシャルハンバーグサンド》
今日のランチはエーデルワイスのパンです。
東武東上線柳瀬川駅前専門店街ぺあもーるにあります。

しらすピザ(216円)とスペシャルハンバーグサンド(302円)を購入しました。

【しらすピザ・スペシャルハンバーグサンド】
1DSC06610_convert_20240320143419.jpg

【スペシャルハンバーグサンド】
2DSC06614_convert_20240320143428.jpg

『分厚いハンバーグ、チーズ、レタス、トマトがサンドされボリュームがあり、ケチャップとマヨネーズがかかっていて美味しいです(^^)』
3DSC06619_convert_20240320143436.jpg

【しらすピザ】
『ピザ生地の上にコールスローとしらす、チーズが乗っています。キャベツのシャキシャキ感、マヨネーズとしらすの塩味が良いです(^^)』
4DSC06620_convert_20240320143443.jpg

『東武東上線柳瀬川駅前専門店街ぺあもーるにあります』
5DSC06623_convert_20240320143452.jpg

6DSC06624_convert_20240320143501.jpg

【外観】
『雨ではありません。暑さ対策の噴霧器の水が霧にならず雨みたいに降っていますwww』
7DSC06625_convert_20240320143520.jpg

『カレーパンが人気のようです』
8DSC06626_convert_20240320143531.jpg

9DSC06627_convert_20240320143539.jpg

勝手に評価
スペシャルハンバーグサンド:★★★★☆
しらすピザ:★★★★☆

住所:埼玉県志木市館2-7-8 ぺあもーる
電話:048-474-6136
2024年3月30日投稿

タイ国料理 バンタイ @東京都新宿区

2021年7月23日(金)
《バンタイ バミームーデン・ムウサドウン》
平和祈念展示資料館の見学を終え、タイ国料理バンタイで遅めのランチにすることにしました。

時刻は13時半を過ぎていましたが、祝日なので満席で10分程待ちました。

祝日なのでランチメニューはやっておらず、バミームーデン(タイ風焼豚入りラーメン)(880円)とムウサドウン(焼豚の辛口ソースかけ)(990円)を注文しました。
朝から何も食べておらず、お腹が減っていたので肉、肉、肉ですwww

【ムウサドウン・バミームーデン】
1IMG_4058_convert_20240320094716.jpg

【バミームーデン】
『焼豚だけではなく、豚ミンチ肉の大きな塊、鶏肉のつくねとお肉たっぷりです。野菜はもやし、セロリ、小ネギなどです。あっさりしたスープが美味しいです。何味かと聞かれても答えられません。タイ料理を食べた事がある人ならあ~あ~これはタイのスープだよねって分かるやつですwww』
2IMG_4057_convert_20240320094708.jpg

【麺】
『中太縮れ麺なのであっさりスープを持ち上げてくれます』
3IMG_4063_convert_20240320094730.jpg

『大きい豚ミンチ肉の塊が乗っています。ラーメンにミンチ肉の塊は初めてです。日本のラーメンではお目にかかったことがありません』
4IMG_4064_convert_20240320094739.jpg

『ムウサドウンの量が多いので、ラーメンに乗せてチャーシュー麺にしました。スープで温めることで柔らかくなり、一層美味しくなりました。これは正解!』
5IMG_4066_convert_20240320094755.jpg

【ムウサドウン】
『見た目が良いですね~(^-^)たっぷり盛られたキャベツの千切りの周りに焼豚がきれいに約20枚盛り付けられています。これで990円はコスパが良いです!ミントの葉をかじったら香りは爽やかですが、とても苦かったです』
6IMG_4060_convert_20240320094723.jpg

『メニュー名は辛口ソースですが、酸味が強いパクチー風味のソースで辛味はほとんど感じません。口コミやメニューに辛いと書かれているものが最近辛く感じないです。年齢による味覚の変化なのでしょうか?それとも慣れなのでしょうか?パクチーは苦手ですが、酸味が強いのであまり感じませんでした。キャベツやニンジンと一緒に食べると食感と味に変化がつくので飽きずに食べられます。ボリュームがあるので肉だけだと飽きてしまうかもしれません』
7IMG_4065_convert_20240320094748.jpg

【メニュー】一部
8IMG_4052_convert_20240320094650.jpg

9IMG_4054_convert_20240320094659.jpg

勝手に評価
バミームーデン:★★★★☆
ムウサドウン:★★★★☆

2024年3月29日投稿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2020年12月30日(水)
《バンタイ ゲンペッガイ》
今日は新宿でランチです。
約9年振りにタイ国料理バンタイに行ってきました。

ゲンペッガイ(鶏肉入りレッドカレー)(900円)を注文しました。

【ゲンペッガイ(鶏肉入りレッドカレー)】
1DSC02741_convert_20230319203559.jpg

2DSC02743_convert_20230319203610.jpg

『一口サイズの大きめにカットされたたっぷりの鶏肉と短冊切りの竹の子、ピーマン、こぶみかんの葉などが入っています。様々なスパイスが効いた辛さをココナッツミルクがマイルドにしていて、濃厚でコクがあり美味しいです。タイカレーの王者はグリーンカレーだと決めつけていて、レッドカレーを今まで食べた事がなかったのですが甲乙付けがたいです(。>ω<。)ノ』
3DSC02748_convert_20230319203710.jpg

【サラダ】
『レタス、きゅうり、にんじんです』
4DSC02744_convert_20230319203626.jpg

【スープ】
『鶏肉団子、豆腐、セロリ、小ねぎです。味付けはナンプラーでしょうか。結構塩味があります』
5DSC02746_convert_20230319203638.jpg

【タピオカ入りココナッツミルク】
『結構甘いですが、辛くなった口の中を中和するのに丁度いいです』
6DSC02747_convert_20230319203655.jpg

【ビル外観】
7DSC02753_convert_20230319203753.jpg

【立て看板】
8DSC02751_convert_20230319203739.jpg

【案内板】
9DSC02750_convert_20230319203723.jpg

【メニュー】一部
10DSC02740_convert_20230319203547.jpg

勝手に評価:★★★★★

2023年5月2日投稿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2011年7月25日(月)
《バンタイ ゲンキョワンガイ》
今日は新宿でランチです。
以前一度来たことがあり、とても美味しかったので再訪しました。
当店が入っているビルの4階には、「焼肉食べりんこの焼肉小倉優子」があります。
なんとも歌舞伎町らしい雑多で年季の入ったビルです(笑)

メニューが豊富で迷いつつ、ゲンキョワンガイ(鶏肉入りグリーンカレー)(819円)を注文しました。

5分程でゲンキョワンガイが到着です。
内容はグリーンカレー、ライス、サラダ、スープ、タピオカでよくあるグリーンカレーのセットです。

グリーンカレーは辛いだけではなく、深みのある香辛料の辛さが口中に広がっていき、更にココナッツミルクのマイルドさと重なって、辛さと甘さが絶妙なバランス!味わい深くて美味しいですね~(^^ゞ
柔らかい鶏肉、茄子がたくさん入っていて、熱々でカレーが染みていてとても美味しかったです^^

【ゲンキョワンガイ(鶏肉入りグリーンカレー)】
P1050379_convert_20110726213754.jpg

『具沢山のグリーンカレーです。鶏肉、茄子がたっぷりでした。パクチーもたっぷりでした』
P1050382_convert_20110726213910.jpg

【ビル外観】
P1050383_convert_20110726214045.jpg

【立て看板】
P1050372_convert_20110726213349.jpg

『エレベーターを降りると目の前に案内板がありました』
P1050376_convert_20110726213509.jpg

【入口】
P1050377_convert_20110726213628.jpg

勝手に評価:★★★★★

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第1メトロビル3F
電話:03-3207-0068
2011年7月27日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR