fc2ブログ

黒山三滝 @埼玉県入間郡越生町

2019年12月14日(土)
約8年振りに黒山三滝に行ってきました。前回の記事はこちら⇒黒山三滝(2011年8月13日)

説明板によると

 越辺川源流域に、秩父中・古生層の断層に形成された上下二段の男滝(落差約10m)と女滝(落差約5m)、下流の天狗滝(落差約13m)を総称して黒山三滝と呼ぶ。
 黒山は古くから修験の霊場としての歴史がある。室町時代の応永5年(1398年)、栄円は山本坊を開き、熊野神社を本宮、男滝を那智社、天狗滝を新宮に見立て、関東の修験道の拠点とした。江戸時代初期に西戸村(現毛呂山町)に本拠を遷した後も「越生山本坊」と称し、京都聖護院を本山とする「本山派修験二十七先達」の一つとして百五十もの配下を治めていた。天狗滝奥の大平山には山本坊栄円の墓、修験道の開祖である役行者(役小角)の石像が祀られている。
 幕末期には津久根村(現越生町大字津久根)出身で新吉原で成功を収めた新井宗秀こと尾張屋三平によって江戸市中に紹介され、明治になって鉱泉が発見されると県内有数の観光地として知られるようになった。昭和二十五年には日本観光地百選、瀑布の部で第九位に選ばれている。
 当地周辺はシダ植物をはじめとする暖地性植物の宝庫として知られており、アオネカズラの北限の自生地として埼玉県指定天然記念物「黒山の特殊植物群落」に指定されている。

なのだそうです。

【黒山三滝入口】
『ここから150m位のところに無料駐車場があります』
1DSC09365_convert_20220326124218.jpg

『無料駐車場に車を停めて歩きます。滝までは約700mです』
2DSC09366_convert_20220326124234.jpg

【くろやま文学館】
3DSC09367_convert_20220326124301.jpg

『カフェです』
4DSC09368_convert_20220326124316.jpg

『お店の前にある「森の中のカフェテラス」も利用できます』
5DSC09369_convert_20220326124335.jpg

【三滝川】
6DSC09370_convert_20220326124357.jpg

『黒山三滝まで10分です』
7DSC09371_convert_20220326124417.jpg

【根っこ食堂】
『当店でランチにしました。次の記事でアップします』
8DSC09372_convert_20220326124434.jpg

【おいてけ橋】
9DSC09373_convert_20220326124450.jpg

『なるほど~マナーは守って欲しいですね!』
10DSC09374_convert_20220326124521.jpg

【地蔵菩薩】
11DSC09375_convert_20220326124627.jpg

『以前来た時にあった屋根がなくなっていて・・・』
12DSC09377_convert_20220326124645.jpg

『橋が大破していました(;゜0゜)先に進んで理由が分かりました。台風の大雨が原因のようです』
13DSC09378_convert_20220326124700.jpg

『石仏は流されなくて良かったです』
14DSC09380_convert_20220326124713.jpg

『更に進みます』
15DSC09381_convert_20220326124739.jpg

【黒山三滝お休み処】
『イワナ、マスの炭火焼きの良い匂いが漂っています(^^)』
16DSC09382_convert_20220326124754.jpg

『マスつり場もあります』
17DSC09383_convert_20220326124810.jpg

18DSC09384_convert_20220326124827.jpg

『横道に入り天狗滝に向かおうと思ったのですが・・・』
19DSC09386_convert_20220326124843.jpg

『台風の大雨により土砂災害、倒木があるため通行禁止になっていました。先ほど見た大破した橋の理由がここで分かりました』
20DSC09387_convert_20220326124858.jpg

【天狗滝】
『望遠で撮りました。ところで、天狗滝の落差についてですが、ネットの情報を見ていると落差約20mと書かれている記事が多いのですが、現地に掲示されている説明板には落差約13mと書かれています。どっちが正しいのでしょう?』
21DSC09389_convert_20220326124913.jpg

『あと100m程で到着です』
22DSC09391_convert_20220326124930.jpg

『無料駐車場から700m程歩きますが、途中いろいろと見るところがあるので飽きません(^-^』
23DSC09392_convert_20220326124947.jpg

【土産物店】
24DSC09393_convert_20220326125002.jpg

『渋いですね~(^^)』
25DSC09394_convert_20220326125014.jpg

『黒山三滝に到着です!』
26DSC09395_convert_20220326125033.jpg

【黒山三滝説明板】
27DSC09399_convert_20220326125043.jpg

【夫婦橋】
28DSC09400_convert_20220326125057.jpg

【女滝・男滝】
『左下が女滝、右上が男滝です』
29DSC09401_convert_20220326125116.jpg

30DSC09403_convert_20220326125132.jpg

【女滝】
31DSC09404_convert_20220326125212.jpg

【夫婦橋・女滝・男滝】
『自然美と造形美の融合が素敵です((∩^Д^∩))』
32DSC09407_convert_20220326125230.jpg

『石段を上り、男滝の近くに行きます』
33DSC09409_convert_20220326125245.jpg

【男滝】
34DSC09413_convert_20220326125336.jpg

35DSC09410_convert_20220326125306.jpg

36DSC09412_convert_20220326125324.jpg

『東屋?椅子やテーブルがないので違うかな。この建造物の目的を知りたいですwww雨宿り?』
37DSC09414_convert_20220326125351.jpg

『男滝の右側が不思議スポットです。石仏や地蔵菩薩が祀られているのは普通ですが・・・』
38DSC09415_convert_20220326125405.jpg

39DSC09416_convert_20220326125417.jpg

『小便小僧が祀られていたり・・・』
40DSC09417_convert_20220326125432.jpg

41DSC09420_convert_20220326125449.jpg

『テントが張られていたり・・・』
42DSC09423_convert_20220326125519.jpg

43DSC09422_convert_20220326125502.jpg

『傘がポールにくくりつけられていたり・・・』
44DSC09424_convert_20220326125540.jpg

『修験の霊場なのに洗濯機が丸見えだったりと、バリバリに生活感が出ていたので笑ってしまいましたwwwところで、グーグルマップ上では「黒山三滝不動尊」があるはずなのですが、どこにあるのか分かりませんでした。もしかして、民家の様に見えた正面の建物の中だったのでしょうかね?ネットで調べても分かりませんでした』
45DSC09425_convert_20220326125553.jpg

【地図】


住所:埼玉県入間郡越生町黒山1504付近
電話:049-292-3121(越生町役場)
ホームページ:http://www.town.ogose.saitama.jp/kankonavi/meguri/1450770452867.html
2022年3月29日投稿

新国立競技場/明治神宮外苑アイススケートリンク/千駄ヶ谷駅付近都道414号線のいちょう並木/新宿御苑のいちょう @東京都新宿区

2019年12月8日(日)
お鷹の松/聖徳記念絵画館/明治天皇葬場殿趾の見学を終え、副都心線で帰るので新宿三丁目駅まで歩きます。

【新国立競技場】
1IMG_2097_convert_20220321234820.jpg

【千駄ヶ谷門】
2DSCN0163_convert_20220321234224.jpg

『都道414号線を歩き千駄ヶ谷駅方面に向かいます』
3DSCN0166_convert_20220321234337.jpg

4DSCN0167_convert_20220321234350.jpg

【明治神宮外苑アイススケートリンク】
5DSCN0165_convert_20220321234236.jpg

【千駄ヶ谷駅付近都道414号線のいちょう並木】
6DSCN0169_convert_20220321234405.jpg

『このいちょう並木もきれいです(^^)』
7DSCN0171_convert_20220321234445.jpg

『ドコモタワーが見えます』
8DSCN0172_convert_20220321234456.jpg

【外苑橋から】
『下の道は外苑西通りです』
9DSCN0173_convert_20220321234509.jpg

10DSCN0174_convert_20220321234518.jpg

11DSCN0176_convert_20220321234528.jpg

【千駄ヶ谷駅前】
12DSCN0177_convert_20220321234538.jpg

13DSCN0180_convert_20220321234602.jpg

新宿御苑千駄ヶ谷門】
14DSCN0183_convert_20220321234624.jpg

『新宿御苑のいちょうもきれいでした』
15DSCN0184_convert_20220321234641.jpg

16DSCN0185_convert_20220321234650.jpg

『新宿三丁目駅付近に到着です』
17DSCN0187_convert_20220321234701.jpg

【国立競技場地図】


【明治神宮外苑アイススケートリンク地図】


【いちょう並木地図】


【新宿御苑地図】


新国立競技場
住所:東京都新宿区霞ヶ丘町10-1
電話:03-5843-1300
ホームページ:https://www.jpnsport.go.jp/kokuritu/

明治神宮外苑アイススケートリンク
住所:東京都新宿区霞ヶ丘町11-1
電話:03-3403-3458
ホームページ:http://www.meijijingugaien.jp/sports/ice-skating/

新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
電話:03-3341-1461
ホームページ:https://fng.or.jp/shinjuku/

2022年3月27日投稿

お鷹の松/聖徳記念絵画館/明治天皇葬場殿趾 @東京都新宿区

2019年12月8日(日)
明治神宮野球場/TEPIA先端技術館/秩父宮ラグビー場/明治神宮第二球場/日本オリンピックミュージアム/新国立競技場に続き、お鷹の松、聖徳記念絵画館、明治天皇葬場殿趾にやって来ました。

【お鷹の松】
『国立競技場青山門辺りから聖徳記念絵画館に向う途中にありました』
1DSCN0132_convert_20220321233441.jpg

『説明板によると「大正7年(1918年)明治神宮外苑競技場(現・国立霞ヶ丘競技場)造成のために買上げた霞岳町の敷地内に境妙寺という古寺があった。昔、徳川3代将軍家光(1603~1651年)が鷹狩の途中この寺に休息していたところ、江戸城から飛び去っていた、「遊女」と名づけた愛鷹が飛んで来て、庭前の松の枝に止まったので家光は大へん喜び、この松をその鷹の名をとって「遊女の松」と名づけたと伝えられる。後の世の人々が「お鷹の松」或いは地名をとって「霞の松」とも呼んだ。碑文にある2代目の松(樹齢推定200年 高さ4m)は昭和39年、東京オリンピック開催のための拡張工事の際に取り去られ、碑石は競技場代々木門内に移設されていたが、このたび現在地に移し、新たにこれに黒松を配したものである」なのだそうです』
2DSCN0135_convert_20220321233513.jpg

【お鷹の松説明板】
3DSCN0133_convert_20220321233456.jpg

『聖徳(せいとく)記念絵画館に到着です』
4DSCN0137_convert_20220321233524.jpg

【聖徳記念絵画館】国指定重要文化財
『明治天皇を中心に成し遂げられた、維新の大改革、その輝かしい時代の勇姿と歴史的光景を史実に基づいた厳密な考証の上で描かれた80枚の名画が展示されています。一流画家による優れた芸術作品であり、政治、文化、風俗の貴重な歴史資料でもあります』
5DSCN0138_convert_20220321233544.jpg

【聖徳記念絵画館ユニコーン像】
6DSCN0141_convert_20220321233634.jpg

7DSCN0140_convert_20220321233618.jpg

『1926年(大正15年)10月22日竣工、約100年の歴史がある建造物で国指定重要文化財になっています』
9DSCN0142_convert_20220321233703.jpg

『今日はまだ先があるので、改めてゆっくりと絵画鑑賞に来たいと思います(^^)』
10DSCN0145_convert_20220321233923.jpg

11DSCN0146_convert_20220321233936.jpg

『聖徳記念絵画館の裏に明治天皇葬場殿趾があります』
12DSCN0148_convert_20220321233947.jpg

13DSCN0149_convert_20220321234008.jpg

【明治天皇葬場殿趾】国指定重要文化財
14DSCN0151_convert_20220321234019.jpg

『明治天皇が明治45年(1912年)7月30日にお亡くなりになり、その御葬儀が9月13日にこの場所(当時の青山練兵場)で行われました。ここがその時に御柩車が置かれた葬場殿のあとです。中央の大木はこのことを記念して植えられた楠の木です。聖徳記念絵画館の附(つけたり)として重要文化財に指定されています』
15DSCN0152_convert_20220321234028.jpg

16DSCN0153_convert_20220321234056.jpg

17DSCN0157_convert_20220321234150.jpg

【明治天皇葬場殿趾説明板】
18DSCN0154_convert_20220321234119.jpg

【地図】


聖徳記念絵画館
住所:東京都新宿区霞ヶ丘町1-1
電話:03-3401-5179
ホームページ:http://www.meijijingugaien.jp/art-culture/seitoku-gallery/
2022年3月26日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR