fc2ブログ

三王岩 @岩手県宮古市

2016年9月17日(土)
津波遺構たろう観光ホテルの見学を終え、三王岩にやって来ました。
たろう観光ホテルから南方面へ600m程のところに三王岩展望台があります。

『駐車場がないので、入口付近の道幅が広いスペースに車を停め50m程歩くと展望台があります。というか、もう見えてますねwww』
1DSC06054_convert_20191225233417.jpg

【三王岩】
『左に見える岩が女岩で高さ23m、中央に見える岩が男岩で高さ50m、右に見える岩が太鼓岩で17mなのだそうですが、遠目だからなのか、そんなに大きく見えません』
2DSC06055_convert_20191225233454.jpg

【展望台】
3DSC06056_convert_20191225233528.jpg

【展望台からの三王岩】
『展望台からよりも、展望台に来るまでの途中で見た方が、それぞれの岩の形がはっきり分かります。展望台からだと男岩と女岩がかぶって見えます。後から気付きましたが、三王園地までいけば駐車場があり、近くまで歩ける遊歩道もあったみたいです』
4DSC06057_convert_20191225233601.jpg

【地図】


所在地:岩手県宮古市田老青砂里
電話:0193-62-2111(宮古市役所)
ホームページ:https://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/tuukou_huka.html(宮古市)
2019年12月29日投稿

津波遺構 たろう観光ホテル @岩手県宮古市

2016年9月17日(土)
震災メモリアルパーク中の浜の見学を終え、津波遺構たろう観光ホテルにやって来ました。

たろう観光ホテルは1986年(昭和61年)に建設されました。
2011年(平成23年)3月11日の東日本大震災で、高さ17mを超えるとも言われる津波の被害を受け、4階まで浸水し、1・2階は完全に破壊されてしまいました。
甚大な震災の記憶を風化させることなく後世に伝えるために、津波遺構として保存することを決定、2014年(平成26年)3月に宮古市が取得し、2016年(平成28年)3月に保存整備工事が終わりました。

『写真左に見える建物がたろう観光ホテルです』
1DSC06050_convert_20191225233128.jpg

【津波遺構 たろう観光ホテル】
『津波の破壊力を見せつけられます』
2DSC06051_convert_20191225233200.jpg

3DSC06053_convert_20191225233353.jpg

【説明板】
4DSC06052_convert_20191225233317.jpg

5DSC06052_convert_20191225233243.jpg

住所:岩手県宮古市田老野原80
電話:0193-62-2111(宮古市役所)
ホームページ:https://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/miyako_tarokankouhotel.html(宮古市)
2019年12月28日投稿

震災メモリアルパーク中の浜 @岩手県宮古市

2016年9月17日(土)
崎山貝塚《崎山貝塚縄文の森公園》の見学を終え、震災メモリアルパーク中の浜にやって来ました。

震災前の中の浜は、海岸がすぐ近くに望める緑豊かなキャンプ場として、海水浴シーズンを中心に多くの利用者が訪れる場所でしたが、2011年(平成23年)3月11日、中の浜には15mを超える津波が押し寄せ、甚大な被害を受けました。
キャンプ場のトイレと炊事場を震災遺構として保存し、被災した施設を被災した時のまま見せる「震災メモリアルパーク中の浜」に整備されました。

『移動途中、女遊戸浜で高さ10mはあるかと思われる堤防が建設中でした。2011年3月11日の東日本大震災から5年半が経過していますが、今でも復興中です。様々な事情があるとは思いますが、時間が掛かりますね』
1DSC06049_convert_20191225233059.jpg

【建設中の堤防】
2DSC06036_convert_20191225232111.jpg

『震災メモリアルパーク中の浜に到着です』
3DSC06037_convert_20191225232206.jpg

【震災メモリアルパーク中の浜】
4DSC06039_convert_20191225232421.jpg

【周辺案内図】
5DSC06038_convert_20191225232359.jpg

【震災メモリアルパーク中の浜案内図】
6DSC06040_convert_20191225232453.jpg

【立ち枯れた木】
7DSC06041_convert_20191225232518.jpg

【震災遺構(トイレ)】
8DSC06042_convert_20191225232539.jpg

【震災遺構(トイレ)説明板】
9DSC06043_convert_20191225232608.jpg

【展望の丘・展示広場・震災遺構(炊事棟)】
『展望の丘は、大型トラック2800台分の震災ガレキ由来の再生資材を使って作られ、13mの高さの丘の上に立ち、海を眺めるとちょうど目線が津波の高さになるように設計されています。展示広場では、津波の脅威の他、世界中から被災地に寄せられた支援、これまでの復興に向けての歩みなどが紹介されています。トイレはある程度原形を留めていましたが、炊事棟は屋根部分が完全に無くなっています。4本の柱だけで支える構造なのでトイレに比べると強度が落ちるのでしょうね。とはいえ鉄筋コンクリート製の柱をいとも簡単に破壊する津波の威力は恐ろしいです(。>(ェ)<。)』
10DSC06044_convert_20191225232642.jpg

【被災前の炊事棟】
11DSC06045_convert_20191225232745.jpg

【震災時の写真】
『被災された方にしてみれば、見たくない写真だと思いますが、「地震」「津波」のリスクは海岸沿いに住む日本人にとっては宿命なので、こうやって誰でも見ることができるように記録に残すことは大事ですよね。喉元過ぎれば熱さを忘れがちなので・・・』
12DSC06046_convert_20191225232856.jpg

13DSC06047_convert_20191225232948.jpg

【展望の丘からの眺望】
『この目線の高さの津波が襲ってきたことを想像するとゾッとします・・・』
14DSC06048_convert_20191225233022.jpg

住所:岩手県宮古市崎山第3地割123
電話:0193-62-2111(宮古市役所)
ホームページ:https://www.city.miyako.iwate.jp/kanko/nakanohama.html(宮古市)
2019年12月27日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR