fc2ブログ

旧青山本邸 @山形県飽海郡遊佐町

2016年3月27日(日)
大泉坊長屋門の見学を終え、旧青山本邸にやって来ました。

旧青山本邸は、安政6年(1859年)漁夫として北海道に出稼ぎし、翌年独立して差網漁家となり、後に鰊建網漁業で成功し、北海の漁業王と言われるようになった青山留吉翁の豪邸です。通称ニシン御殿と言われています。郷里青塚に明治20年着工し、3年の歳月をかけ明治23年に竣工しました。

旧青山本邸(登録名称は旧青山家住宅)は国指定重要文化財になっています。

【入口】
1DSC05541_convert_20190518155138.jpg

『門構えからして、豪邸の雰囲気を漂わせています』
2DSC05504_convert_20190518153405.jpg

【由緒】
3DSC05540_convert_20190518155113.jpg

【母屋】国指定重要文化財
4DSC05505_convert_20190518153418.jpg

5DSC05539_convert_20190518155102.jpg

【玄関】
6DSC05506_convert_20190518153429.jpg

【母屋内の様子】
7DSC05507_convert_20190518153603.jpg

8DSC05508_convert_20190518153619.jpg

『映画おしんの撮影に使われました』
9DSC05509_convert_20190518153641.jpg

10DSC05510_convert_20190518153656.jpg

11DSC05511_convert_20190518153722.jpg

12DSC05512_convert_20190518153738.jpg

【神庭】
『盤座(神の御座)の巨岩信仰に由来するものだそうです』
13DSC05514_convert_20190518154126.jpg

【神庭説明板】
14DSC05513_convert_20190518154055.jpg

【鉄砲風呂】
15DSC05515_convert_20190518154143.jpg

【鉄砲風呂説明板】
16DSC05516_convert_20190518154204.jpg

17DSC05517_convert_20190518154225.jpg

【蠅どまり】
『天井に折り鶴が吊るされています』
18DSC05518_convert_20190518154239.jpg

【蠅どまり解説】
『なるほど、面白いですね~^^』
19DSC05519_convert_20190518154410.jpg

20DSC05520_convert_20190518154424.jpg

【展示館】
21DSC05530_convert_20190518154757.jpg

22DSC05521_convert_20190518154452.jpg

【展示館内の様子】
23DSC05525_convert_20190518154617.jpg

【川崎船】
『青山留吉が1859年(安政6年)遊佐町青塚の浜から蝦夷地(現小樽市祝津)に向かった時の船です』
24DSC05522_convert_20190518154510.jpg

【川崎船説明板】
25DSC05523_convert_20190518154528.jpg

【井戸屋形】
26DSC05528_convert_20190518154711.jpg

【井戸屋形説明板】
27DSC05529_convert_20190518154746.jpg

【東土蔵展示館】
28DSC05531_convert_20190518154816.jpg

29DSC05532_convert_20190518154831.jpg

【外枠・車付帳面箪笥】
30DSC05535_convert_20190518155002.jpg

【外枠・車付帳面箪笥解説】
31DSC05536_convert_20190518160537.jpg

『生活道具などが展示されています』
32DSC05538_convert_20190518155040.jpg

【青山留吉翁彰徳碑】
33DSC05534_convert_20190518154945.jpg

【青山留吉翁彰徳碑解説板】
34DSC05533_convert_20190518154907.jpg

住所:山形県飽海郡遊佐町比子字青塚155
電話:0234-75-3145
ホームページ:http://www.town.yuza.yamagata.jp/culture/heritage/7415d8201.html
開館時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(祝祭日に当たる場合は翌日休館)、12月29日~1月3日
入館料:一般400円、大学・高校生300円、小・中学生200円
2019年5月25日投稿

大泉坊長屋門 @山形県飽海郡遊佐町

2016年3月27日(日)
龍頭寺の見学を終え、大泉坊(だいせんぼう)長屋門にやって来ました。

説明板によると

 この門は、天保5年(1834年)、当家4代目竈賢翁(1804~1868年)が創建した。翁は夙に京都に在って歌道に精進しその奥義をきわめた。官廷にも出入りして公卿衆に和歌を指導した。皇居の歌会に召されて詠歌することもあった。これらの功により長屋門建設が許された。門は総欅造り、切り妻平棟門で軒の飾り瓦には菊の紋章が施されている。ほかに釘を用いない工法など特技が見られる。
 元来、長屋門は、国持大名の江戸屋敷の外辺に造られた。国許から出府する家臣や奉公人の住居としたものであった。それぞれ格式により、10万石以上では、左右に唐破風か、切妻の出番所が付いた門、分家で5万石以上は片出番所と片出格子が付いた門、1万石以上で左右に出格子が付いた門と定められていた。この門は、棟までの高さ4間(7.27m)、間口11間(20m)、奥行き2間(4.55m)、建坪27坪半(90.75㎡)。優に1万石以上の格式にならぶ構えである。

なのだそうです。

大泉坊長屋門は、国登録有形文化財になっています。

【大泉坊長屋門】国登録有形文化財
1DSC05501_convert_20190518153314.jpg

2DSC05498_convert_20190518153127.jpg

【説明板】
3DSC05499_convert_20190518153216.jpg

『鳥海山を眺めながら、次の目的地に向かいます』
4DSC05502_convert_20190518153337.jpg

『雄大な景色です(^^)』
5DSC05503_convert_20190518153347.jpg

住所:山形県飽海郡遊佐町上蕨岡字常盤森1
電話:0234-72-5666(遊佐鳥海観光協会)
2019年5月24日投稿

龍頭寺 @山形県飽海郡遊佐町

2016年3月27日(日)
鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮の見学を終え、龍頭寺(りゅうとうじ)にやって来ました。
鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮に隣接しています。

龍頭寺は、正式には「鳥海山 龍頭寺」と号する真言宗智山派の寺院です。

鳥海山の修験道の最大の拠点で、33坊から成る修験の一山寺院の頂点に立つ学頭寺でした。
寺伝では807年(大同2年)慈照上人の開基だそうです。
詳細は下記添付略史写真をご覧ください。

本堂と開山堂、観音堂は国登録有形文化財になっています。

【山門】
『すぐ正面に本堂が見えます』
1DSC05493_convert_20190518152837.jpg

『荘内平和観音百八霊場第33番札所、庄内三十三観音霊場第19番札所になっています。ここには書かれていませんが、出羽路十二薬師霊場第5番札所、出羽路十三仏霊場第7番札所にもなっています』
2DSC05492_convert_20190518152815.jpg

【略史】
3DSC05494_convert_20190518152931.jpg

【本堂】国登録有形文化財
4DSC05495_convert_20190518153053.jpg

『本堂の入口に珍しい造りの仁王像が立っています』
5DSC05496_convert_20190518153111.jpg

住所:山形県飽海郡遊佐町上蕨岡字松ケ岡45
電話:0234-72-2553
2019年5月23日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR