fc2ブログ

八幡坂/函館ハリストス正教会/カトリック元町教会/チャチャ登り/函館聖ヨハネ教会/真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院) @北海道函館市

2015年9月20日(日)
船魂神社の見学を終え、八幡坂、函館ハリストス正教会、カトリック元町教会、チャチャ登り、函館聖ヨハネ教会、真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院)にやって来ました。

函館ハリストス正教会は、日本初のロシア正教会の聖堂です。1859年初代ロシア領事ゴシュケヴィッチが現在の教会所在地にロシア領事館の敷地を確保し、翌1860年領事館付属聖堂として初代の聖堂が創立されました。1907年(明治40年)函館大火で初代聖堂が焼失し、1916年(大正5年)現在の聖堂が建てられました。最初に聖堂ができた時に5個の鐘を使って楽器のように鳴らしたところから「ガンガン寺」という愛称で親しまれています。
聖堂は国指定重要文化財、鐘の音は「日本の音風景100選」に認定されています。
詳細はこちら⇒函館ハリストス正教会(はこぶら)

カトリック元町教会は、最初の教会堂は1859年(安政6年)に創建され、現在の建物は1923年(大正12年)に再建されました。横浜の山手教会、長崎の大浦天主堂と並び、国内では最も古い歴史があります。大聖堂内にはローマ法王から贈られた日本唯一の祭壇があります。
詳細はこちら⇒カトリック元町教会(はこぶら)

函館聖ヨハネ教会は、1874年(明治7年)英国人のデニング司祭が函館に上陸し宣教活動を始め、英国聖公会の教会として道内の先駆けです。最初の教会は1878年(明治11年)基坂の下に建造されましたが、他の建物と同様にその後は度重なる大火による焼失で移転を余儀なくされ、現在の聖堂は1979年(昭和54年)11月に完成しました。
詳細はこちら⇒函館聖ヨハネ教会(はこぶら)

真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院)は、1668年(寛文8年)松前専念寺6世浄玄が、阿弥陀堂を創設し1710年(宝永7年)に現在の弥生小学校付近に移り、当時は僧の名前にちなんで浄玄寺と呼ばれていました。1806年(文化3年)、1829年(文政12年)の2度の大火に見舞われ、1879年(明治12年)年の大火で建物を焼失し、現在地に移転しました。明治40年の大火で類焼、1915年(大正4年)年の建替えに際して寺院としては日本初の鉄筋コンクリート造りとし、現存する鉄筋コンクリート造りの寺院としては日本最古です。
本堂、正門(附:塀)、鐘楼は国指定重要文化財になっています。
詳細はこちら⇒真宗大谷派 函館別院(東本願寺)(はこぶら)

【八幡坂】
『名称はかつて坂の上方に八幡宮があったことに由来します。函館を代表する坂で映画やCMのロケ地としても有名です。正面には港に浮かぶ函館市青函連絡船記念館摩周丸が見えます。詳細はこちら⇒八幡坂(はこぶら)
1DSC04353_convert_20181222175629.jpg

【函館市青函連絡船記念館摩周丸】
2DSC04378_convert_20181222180051.jpg

【函館ハリストス正教会】
3DSC04357_convert_20181222175714.jpg

【函館ハリストス正教会復活聖堂】国指定重要文化財
4DSC04358_convert_20181222175728.jpg

5DSC04359_convert_20181222175744.jpg

【函館ハリストス正教会説明板】
6DSC04355_convert_20181222175701.jpg

7DSC04360_convert_20181222175814.jpg

【カトリック元町教会】
8DSC04394_convert_20181222180110.jpg

9DSC04395_convert_20181222180123.jpg

10DSC04366_convert_20181222175854.jpg

【カトリック元町教会説明板】
11DSC04363_convert_20181222175827.jpg

【チャチャ登り】
『アイヌ語でチャチャはおじいさんの意味で、おじいさんのように腰を曲げて登るほど急な坂道ということから名付けられました。函館ハリストス正教会と函館聖ヨハネ教会の間にあります。詳細はこちら⇒チャチャ登り(はこぶら)
12DSC04396_convert_20181222180137.jpg

【函館聖ヨハネ教会】
13DSC04397_convert_20181222180156.jpg

14DSC04398_convert_20181222180208.jpg

【函館聖ヨハネ教会説明板】
15DSC04369_convert_20181222175916.jpg

【真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院)山門】国指定重要文化財
16DSC04376_convert_20181222180033.jpg

17DSC04373_convert_20181222175952.jpg

【真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院)本堂】国指定重要文化財
18DSC04374_convert_20181222180018.jpg

函館ハリストス正教会
住所:北海道函館市元町3-13
電話:0138-23-7387
ホームページ:http://orthodox-hakodate.jp/
聖堂拝観時間:平日 午前10時~午後5時
       土曜日 午前10時~午後4時
       日曜日 午後1時~午後4時
休館日:12月26日~3月中旬
拝観献金:200円

カトリック元町教会
住所:北海道函館市元町15-30
電話:0138-22-6877
ホームページ:http://motomachi.holy.jp/
開館時間:午前10時~午後4時(日曜日の午前中、礼拝時を除く)
休館日:年末年始(12月30日~1月5日、聖堂使用時)
拝観料:無料

函館聖ヨハネ教会
住所:北海道函館市元町3-23
電話:0138-23-5584
ホームページ:http://peacebe.net/

真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院)
住所:北海道函館市元町16-15
電話:0138-22-0134
2018年12月29日投稿

船魂神社 @北海道函館市

2015年9月20日(日)
旧函館区公会堂の見学を終え、船魂(ふなだま)神社にやって来ました。

北海道神社庁のホームページによると、由緒は

 社記によると、崇徳天皇の時代、保延元年(1135年)融通念仏宗開祖、良忍上人という高僧がこの地に着き、この処は、神霊の宿るところと里人に言い伝えた。本州と北海道に渡る津軽海峡は海流の激しいところで、海難事故が多かったので海上安全を願って神社を祀ったという。
 北海道では最古の神社である。古くは観音堂、江戸時代には船魂大明神として祀られた経緯がある。明治12年村社に列する。古書には、延享年間(1745年)、嘉永年間(1848年)、明治40年、昭和2年にそれぞれ社殿新築の記録がある。現在の社殿は、昭和37年の鉄筋コンクリート神明造である。
 函館港の安全と港湾作業に従事する人達の安全と繁栄を願って参拝者が多い。又義経伝説では、「蝦夷地検考録」によると文治の末(1190年)義経が津軽より渡る時海流が激しく船魂の大神の神助にて一命を助けられ船魂神社に詣でたとされている。

なのだそうです。

御祭神は、塩土翁命、大綿津見神、須佐之男神です。

【鳥居】
1DSC04345_convert_20181222175441.jpg

【由緒】
2DSC04344_convert_20181222175428.jpg

『義経伝説が残っています。詳細はこちら⇒船魂神社ホームページ
3DSC04346_convert_20181222175454.jpg

【童子岩】
『源義経一行が津軽から渡航した時、遭難しそうになったところを船魂明神の加護で無事上陸したという言い伝えがあり、湧水を探していたところに童子の神が現れ、指を差した方向を見るとコンコンと水が湧き出ていたそうです』
4DSC04347_convert_20181222175505.jpg

【船魂神社】
『独特の珍しい形をしています(^^』
5DSC04348_convert_20181222175525.jpg

【説明板】
6DSC04349_convert_20181222175537.jpg

『左が彌彦神社・出雲神社、右が永福稲荷大神・函館稲荷大明神の合祀社です』
7DSC04350_convert_20181222175551.jpg

住所:北海道函館市元町7-2
電話:0138-23-2306
ホームページ:https://www.funadama.com/
2018年12月26日投稿

旧函館区公会堂 @北海道函館市

2015年9月20日(日)
元町公園/旧北海道庁函館支庁庁舎(函館市元町観光案内所)の見学を終え、旧函館区公会堂にやって来ました。

明治40年(1907年)の大火で区民の集会所である町会所が失われました。建設資金として浄財を募りましたが、大火後であったため思うように集まりませんでした。
当寺、函館の豪商と言われた相馬哲平が5万円の大金を寄付し、明治43年(1910年)に現在の公会堂が完成しました。
この建物は北海道の代表的な明治洋風建築物で、国指定重要文化財になっています。
詳細はこちら⇒旧函館区公会堂(はこぶら)

【旧函館区公会堂】国指定重要文化財
『ブルーとイエローが鮮やかな建物です(^^』
1DSC04399_convert_20181222110757.jpg

2DSC04402_convert_20181222110819.jpg

3DSC04400_convert_20181222110806.jpg

【旧函館区公会堂説明板】
4DSC04325_convert_20181222110546.jpg

【入館案内】
5DSC04326_convert_20181222110617.jpg

6DSC04330_convert_20181222110624.jpg

【館内の様子】
『和風の木造建築とは違った美しさがあります。床がピカピカです(^^』
7DSC04332_convert_20181222110636.jpg

8DSC04333_convert_20181222110647.jpg

9DSC04334_convert_20181222110658.jpg

【御寝室】
10DSC04336_convert_20181222110716.jpg

【御座所】
11DSC04337_convert_20181222110726.jpg

12DSC04343_convert_20181222110747.jpg

【2階大広間】
『演壇の演奏で、ダンスパーティー等が開催されたのでしょうかね~(´∀`*)』
13DSC04335_convert_20181222110707.jpg

【2階バルコニーからの眺望】
『函館湾内を一望することができます』
14DSC04342_convert_20181222110736.jpg

住所:北海道函館市元町11−13
電話:0138-22-1001
ホームページ:http://www.zaidan-hakodate.com/koukaido/
開館時間:午前9時~午後7時(4~10月)
     午前9時~午後5時(11~3月)
休館日:年末年始(12/31~1/3)
入館料:大人300円、学生・生徒・児童150円
2018年12月25日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR