鳥海高原 菜の花まつり @秋田県由利本荘市

2014年5月31日(土)
山根館跡の見学を終え、本日のメインイベント「鳥海高原 菜の花まつり」にやって来ました。
例年5月下旬から6月上旬にかけて開催され、桃野会場と南由利原会場の2ヶ所あります。

『桃野会場にやって来ました』
1DSC01509_convert_20151029201939.jpg

『運営協力金100円以上です』
2DSC01477_convert_20151029201330.jpg

『駐車場に停めるとすぐに菜の花が見えます』
3DSC01476_convert_20151029201251.jpg
4DSC01479_convert_20151029201351.jpg

【会場案内図】
『かなり広範囲ですね』
5DSC01481_convert_20151029201433.jpg

『運営協力金を払うともらえる缶バッヂ』
6DSC01485_convert_20151029201528.jpg

【BDFトラクター】
7DSC01482_convert_20151029201446.jpg

『菜の花の中を走ります。後方に見える山は鳥海山です』
8DSC01491_convert_20151029201644.jpg

『青い空、白い雪が残る鳥海山、黄色の菜の花のコントラストがとても綺麗です^^』
9DSC01483_convert_20151029201513.jpg

『ポニーがいます』
10DSC01486_convert_20151029201546.jpg
11DSC01489_convert_20151029201619.jpg

『一面に咲く菜の花は圧巻です!!』
13DSC01490_convert_20151029201630.jpg
14DSC01493_convert_20151029201712.jpg
15DSC01488_convert_20151029201605.jpg
16DSC01495_convert_20151029201726.jpg

『いろいろと露店が出ています』
17DSC01496_convert_20151029201739.jpg

『菜の花やきそば(500円)を食べてみました』
18DSC01499_convert_20151029201803.jpg

『菜種油を麺に練り込んでいるので、黄色っぽい色です。味は普通の塩焼きそばでした』
19DSC01498_convert_20151029201748.jpg

『本荘ハムフライ(150円)好きなんです^^)』
20DSC01500_convert_20151029201813.jpg
21DSC01501_convert_20151029201824.jpg

【鳥海山と菜の花畑】
『これほど雄大な菜の花畑を見たのは初めてです(^-^)』
22DSC01503_convert_20151029201837.jpg
23DSC01504_convert_20151029201851.jpg
24DSC01507_convert_20151029201913.jpg
25DSC01506_convert_20151029201901.jpg

『第2会場(南由利原会場)には駐車場がないので、車だと移動しながら見るしかないです。徒歩や自転車なら立ち止まってみることができます』
26DSC01510_convert_20151029201952.jpg

桃野会場
住所:秋田県由利本荘市矢島町城内字桃野
南由利原会場
住所:秋田県由利本荘市西沢字南由利原
ホームページ:http://chokai-nanohana.jimdo.com/
2015年10月31日投稿

山根館跡 @秋田県にかほ市

2014年5月31日(土)
院内油田跡地の見学を終え、山根館跡にやって来ました。

 山根館は、仁賀保氏が居城した中世の山城跡です。
 応仁元年(1467年)に仁賀保氏の祖である大井伯耆守友挙(おおいほうきのかみちかきよ)が信濃の国から入部し、翌年の応仁2年に改修して居城し、それ以降、仁賀保挙誠(きよしげ)が慶長7年(1602年)に常陸国(現茨城県)に国替を命じられるまで、7代にわたり135年間居城しています。
 遺跡の保存状態が良く、主郭部分の礎石や空堀、郭、大手道などの遺溝があり、城の主要部だけで20を超える郭、主郭跡からは200を超える礎石が確認されており、当時の城のようすがしのばれます。

秋田県指定史跡となっています。

『駐車場に到着です』
1DSCF7776_convert_20151028225054.jpg

【説明板】
2DSCF7777_convert_20151028225113.jpg
3DSCF7778_convert_20151028225131.jpg
4DSCF7779_convert_20151028225149.jpg

『林の中を進みます』
5DSCF7780_convert_20151028225229.jpg

『左に行くと主郭です』
6DSCF7782_convert_20151028225304.jpg

『どこが道なのか分かりませんwww とりあえず、道っぽいところを進みます』
7DSCF7783_convert_20151028225332.jpg
8DSCF7784_convert_20151028225411.jpg

『模型がありました』
9DSCF7785_convert_20151028225442.jpg

『たぶん、奥が山根館主郭跡です』
10DSCF7786_convert_20151028225509.jpg

『案内標識に従い上ってみようと思ったのですが、深く生い茂った草に行く手を阻まれ、断念しましたTT』
11DSCF7787_convert_20151028225541.jpg

『説明板の写真によると、上部はこんな感じになっているようです』
12DSCF7789_convert_20151028225608.jpg

所在地:秋田県にかほ市小国 院内油田跡地から南西方面へ300m程のところ
2015年10月29日投稿

院内油田跡地 @秋田県にかほ市

2014年5月31日(土)
堂庭七高神社跡の見学を終え、院内油田跡地にやって来ました。

院内油田は、1878年(明治11年)地質学博士ベンジャミン・ライマンによって発見され、1923年(大正12年)に採油開始。1931年(昭和6年)、仁賀保に平沢製油所を建設。1945年(昭和20年)には、年産11万キロリットルに達し最盛期を向かえました。以降1995年(平成7年)に産油量が減少し閉山するまで、約70年間日本の産業を支えてきた100基以上が稼働していた国内最大規模の油田でした。
現在は、採取したやぐら、ポンピングパワー棟(院内油田の採油方式)が当時のまま残されており、貴重な産業遺産となっています。

『進むにつれ段々道が狭くなります』
1DSCF7761_convert_20151028210225.jpg

【院内油田跡地】
2DSCF7770_convert_20151028210749.jpg

【説明板】
3DSCF7763_convert_20151028210256.jpg

【ポンピングパワー棟】
4DSCF7765_convert_20151028210347.jpg
5DSCF7766_convert_20151028210416.jpg
6DSCF7767_convert_20151028210454.jpg
7DSCF7768_convert_20151028210533.jpg
8DSCF7769_convert_20151028210719.jpg

【説明板】
9DSCF7764_convert_20151028210311.jpg

【やぐらR31A】
10DSCF7774_convert_20151028210936.jpg
11DSCF7773_convert_20151028210903.jpg

【説明板】
12DSCF7772_convert_20151028210827.jpg

所在地:秋田県にかほ市院内 禅林寺から東方面へ1.5km程のところ
2015年10月28日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
埼玉県志木市在住の4人家族のアラフォーパパです。
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。秋田ネタ9.5割、埼玉ネタ0.5割になると思います。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR