鑁阿寺(ばんなじ) @栃木県足利市

2013年8月14日(水)
史跡足利学校跡の見学を終え、鑁阿寺にやって来ました。
足利学校跡から北西方面へ200m程のところにあります。

鑁阿寺は正式には「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺」と号する真言宗大日派の寺院です。

当寺は、源姓足利氏二代目の足利義兼(あしかがよしかね)が、建久7年(1196年)に、邸内に持仏堂(じぶつどう)を建て、守り本尊として大日如来を祭ったのが始まりといわれています。

その後、三代目の足利義氏(あしかがよしうじ)が堂塔伽藍を建立し、足利一門の氏寺となりました。

境内全域は国指定史跡となっており、国宝の本堂をはじめ多くの文化財が残っています。

【周辺案内図】
『案内図の下の下野新聞が気になりました。丁度一週間前の2013年8月7日に本堂が国宝に指定されたそうです』
1DSCF3071_convert_20140730072303.jpg

『足利学校跡から歩き出し、すぐに到着です』
2DSCF3072_convert_20140730072332.jpg

【足利尊氏像】
3DSCF3073_convert_20140730072354.jpg

【周辺観光案内図】
4DSCF3074_convert_20140730072415.jpg

【反橋(太鼓橋)と楼門(仁王門・山門)】栃木県指定有形文化財
5DSCF3076_convert_20140730072449.jpg
6DSCF3078_convert_20140730072503.jpg
7DSCF3080_convert_20140730072522.jpg
8DSCF3082_convert_20140730072556.jpg

『文化財の宝庫ですね^^』
9DSCF3081_convert_20140730072537.jpg

【楼門(仁王門・山門)】栃木県指定有形文化財
10DSCF3083_convert_20140730072625.jpg

【境内案内図】
11DSCF3084_convert_20140730072638.jpg

『楼門をくぐると正面に国宝の本堂が見えます』
12DSCF3085_convert_20140730072718.jpg

【弘法大師像】
13DSCF3086_convert_20140730072734.jpg

【周辺の説明】
14DSCF3087_convert_20140730072747.jpg

『足利氏宅跡なんですね』
15DSCF3088_convert_20140730072806.jpg

【鐘楼】国指定重要文化財
16DSCF3090_convert_20140730072845.jpg
17DSCF3089_convert_20140730072821.jpg

【多宝塔】栃木県指定有形文化財
18DSCF3094_convert_20140730072945.jpg
19DSCF3096_convert_20140730073028.jpg
20DSCF3095_convert_20140730072958.jpg

【大銀杏】栃木県指定天然記念物
21DSCF3091_convert_20140730072913.jpg
22DSCF3121_convert_20140730073816.jpg
23DSCF3092_convert_20140730072929.jpg

【本堂(大御堂)】国宝
24DSCF3098_convert_20140730073109.jpg
25DSCF3097_convert_20140730073043.jpg

【不動堂(中御堂)】
26DSCF3100_convert_20140730073125.jpg
27DSCF3101_convert_20140730073152.jpg
28DSCF3103_convert_20140730073309.jpg
29DSCF3102_convert_20140730073226.jpg

【経堂】国指定重要文化財
30DSCF3104_convert_20140730073333.jpg
31DSCF3106_convert_20140730073436.jpg
32DSCF3105_convert_20140730073407.jpg

【蛭子堂】足利市指定有形文化財
33DSCF3108_convert_20140730073526.jpg
34DSCF3107_convert_20140730073458.jpg

『たくさんの庚申塔があります』
35DSCF3109_convert_20140730073606.jpg

【大黒堂(校倉・宝庫)】足利市指定有形文化財
36DSCF3111_convert_20140730073643.jpg
37DSCF3110_convert_20140730073622.jpg

【大酉堂】
38DSCF3115_convert_20140730073713.jpg
39DSCF3112_convert_20140730073658.jpg

【御霊屋】栃木県指定有形文化財
40DSCF3117_convert_20140730073744.jpg
41DSCF3116_convert_20140730073725.jpg

住所:栃木県足利市家富町2220
電話:0284-41-2627
ホームページ:http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikaga-kankou/i-bannaji.html(足利市)
2014年7月31日投稿

史跡 足利学校跡 @栃木県足利市

2013年8月14日(水)
益子ひまわり祭りの見学を終え、足利学校跡にやって来ました。

足利学校は、日本で最も古い学校として知られています。

足利学校の創建については、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁説、鎌倉時代の足利義兼説などがありますが、歴史が明らかになるのは、室町時代の永享11年(1439年)関東管領・上杉憲実(うえすぎのりざね)が、現在国宝に指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から僧・快元(かいげん)を招いて初代の庠主(しょうしゅ=校長)とし、足利学校の経営にあたらせるなどして学校を再興してからです。

足利学校は、応仁の乱以後、引き続く戦乱の中、学問の灯を絶やすことなくともし続け、学徒三千といわれるほどに隆盛し、天文18年(1549年)にはイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されました。

江戸時代の末期には「坂東の大学」の役割を終え、明治5年に幕をおろしましたが、廃校直後から有志による保存運動が展開されるなど、郷土のシンボル、心のよりどころとして足利学校の精神は市民の中に連綿として生き続け、平成2年の復原完成へとつながり、教育の原点、生涯学習の拠点として、新しい学びの心の灯をともしています。

足利学校跡は国指定史跡となっています。

『道路向かいの駐車場から歩きます』
1DSCF2977_convert_20140725192040.jpg

【史跡足利学校跡】
2DSCF2978_convert_20140725192057.jpg

『裏門を通り過ぎ、入口に向かいます。後にも出て来ますが、学校の裏にあるわけではないのに裏門と呼ぶそうです』
3DSCF2980_convert_20140725192126.jpg

【入徳門】
『ここから入ります。寛文8年(1668年)徳川幕府第4代将軍家綱の時の創建ですが、天保2年(1831年)鑁阿寺(ばんなじ)安養院(あんよういん)の火災により焼失、同11年(1840年)頃修築、その後明治の中頃に移転修築したと伝えられているそうです』
4DSCF2981_convert_20140725192143.jpg

『入徳門をくぐると奥に学校門が見えます』
5DSCF2983_convert_20140725192158.jpg

【受付】
6DSCF2984_convert_20140725192211.jpg

【孔子像】
7DSCF2986_convert_20140725192243.jpg

【稲荷神社】
8DSCF2987_convert_20140725192258.jpg
9DSCF2989_convert_20140725192332.jpg
10DSCF2988_convert_20140725192311.jpg

【学校門】
『寛文8年(1668年)創建だそうです』
11DSCF2985_convert_20140725192228.jpg
12DSCF2993_convert_20140725192347.jpg

『学校門をくぐると奥に杏壇門が見えます』
13DSCF2994_convert_20140725192403.jpg

【旧足利学校遺蹟図書館】足利市指定有形文化財
14DSCF2995_convert_20140725192416.jpg
15DSCF2996_convert_20140725192442.jpg

【ナンバンハゼ】栃木県指定天然記念物
『中国、孔子の墓の楷樹(かいじゅ)の種を育て、大正11年(1922)に植えたものだそうです』
16DSCF2997_convert_20140725192506.jpg
17DSCF2998_convert_20140725192521.jpg

【字降松(かなふりまつ)】
『第7世庠主九華和尚のころ読めない字や意味の解らない言葉などを紙に書いてこの松の枝に結んでおくと、翌日にはふり仮名や注釈がついていたことから、「かなふり松」と呼ばれるようになったと伝えられているそうです』
18DSCF2999_convert_20140725192545.jpg
19DSCF3002_convert_20140725192708.jpg

【杏壇門】
『寛文8年(1668年)創建ですが、明治25年(1892年)学校西方の火災により屋根、門扉が焼け、その後再建したものだそうです』
20DSCF3006_convert_20140725192823.jpg
21DSCF3007_convert_20140725192855.jpg

『杏壇門の奥に大成殿があり、孔子廟となっています』
22DSCF3005_convert_20140725203954.jpg

【大成殿】
『聖廟とも呼ばれ孔子を祀ってある廟です。建物の名称は「大成殿」で寛文8年(1668年)足利学校第13世庠主伝英元教の時に造営されたものです。様式は中国明代の古廟を模したものと伝えられているそうです』
24DSCF3019_convert_20140725193041.jpg

【扁額】
25DSCF3020_convert_20140725193054.jpg

【孔子坐像】栃木県指定有形文化財
26DSCF3009_convert_20140725192929.jpg
27DSCF3010_convert_20140725192946.jpg

【小野篁像】足利市指定有形文化財
28DSCF3017_convert_20140725193008.jpg
29DSCF3018_convert_20140725193021.jpg

【西階の不断梅】
23DSCF3008_convert_20140725192913.jpg

『方丈・庫裡にやって来ました』
30DSCF3021_convert_20140725194233.jpg

【南庭園】
『方丈の正面に広がります』
31DSCF3023_convert_20140725194310.jpg
32DSCF3022_convert_20140725194249.jpg

【裏門】
33DSCF3026_convert_20140725194357.jpg
34DSCF3027_convert_20140725194411.jpg

【方丈・庫裡】
『左が方丈、右が庫裡です』
35DSCF3028_convert_20140725194443.jpg
36DSCF3024_convert_20140725194336.jpg

【方丈と玄関】
37DSCF3030_convert_20140725194520.jpg

【衆寮】
38DSCF3032_convert_20140725194547.jpg
39DSCF3036_convert_20140725194622.jpg
40DSCF3033_convert_20140725194604.jpg

【庫裡】
41DSCF3037_convert_20140725194643.jpg
42DSCF3039_convert_20140725194711.jpg

【宥座之器】
『中庸ということを教えるものだそうです。詳細は下記説明書き写真をご覧頂ければと思います。空の器は傾いていますが、水を入れていくとだんだんと水平になります。しかし水を入れ過ぎると、再び傾き水がこぼれてしまいます。何事もバランスが大事ということでしょうね^^』
43DSCF3043_convert_20140725195023.jpg
44DSCF3044_convert_20140725195037.jpg
45DSCF3041_convert_20140725194813.jpg
46DSCF3040_convert_20140725194741.jpg
47DSCF3042_convert_20140725194828.jpg

【方丈・庫裡内部】
48DSCF3045_convert_20140725195052.jpg
49DSCF3046_convert_20140725195109.jpg
50DSCF3047_convert_20140725195129.jpg

『PCばかりで自信がないので、試すのを辞めましたwww』
51DSCF3049_convert_20140725195142.jpg
52DSCF3051_convert_20140725195201.jpg

【尊牌の間(そんぱいのま)】
『徳川幕府歴代将軍の位牌が並んでいます』
53DSCF3052_convert_20140725195215.jpg

【仏殿の間】
54DSCF3053_convert_20140725195229.jpg

【北庭園】
55DSCF3054_convert_20140725195242.jpg
56DSCF3056_convert_20140725195307.jpg

【書院】
57DSCF3058_convert_20140725195347.jpg
58DSCF3059_convert_20140725195401.jpg
59DSCF3057_convert_20140725195327.jpg

『国宝の複製です』
60DSCF3061_convert_20140725195413.jpg
61DSCF3062_convert_20140725195432.jpg

【木小屋】
62DSCF3063_convert_20140725195447.jpg
63DSCF3064_convert_20140725195459.jpg

【土蔵】
64DSCF3065_convert_20140725195517.jpg
65DSCF3066_convert_20140725195530.jpg

【庠主(学長)墓所】
66DSCF3067_convert_20140725195542.jpg
67DSCF3068_convert_20140725195554.jpg

【茂木家累代の墓】
68DSCF3069_convert_20140725195615.jpg

【史跡足利学校跡復原の碑】
69DSCF3070_convert_20140725195626.jpg

住所:栃木県足利市昌平町2338
電話:0284-41-2655
ホームページ:http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/
開館時間:午前9時~午後4時30分(4月~9月)
     午前9時~午後4時(10月~3月)
休館日:第3月曜日(祝日・振替休日のときは翌日)
    12/29~12/31
参観料:一般420円、高校生210円、中学生以下、身体障がい者は無料
2014年7月27日投稿

益子ひまわり祭り @栃木県芳賀郡益子町

2013年8月14日(水)
笠間稲荷神社の見学を終え、益子のひまわり祭りにやって来ました。
益子町上山地区に10ha(東京ドーム約2個分)のひまわり畑が広がります。

この日はもしもツアーズのロケがあるようで、駐車場付近に若い女の子達が群がっていましたw

『上山地区近くになると案内看板があるので、看板に従い進んでいくと到着します』
1DSCF2938_convert_20140722202235.jpg

『休憩所や展望台、露店があります』
2DSCF2940_convert_20140722202704.jpg
3DSCF2941_convert_20140722202833.jpg

【幟】
4DSCF2953_convert_20140722203018.jpg

【展望台からの眺め】
『お~ほんと広いですね~^^ これはお見事!!』
5DSCF2948_convert_20140722202858.jpg
6DSCF2949_convert_20140722202923.jpg

『密集具合が凄いです(^o^)』
7DSCF2952_convert_20140722202952.jpg
8DSCF2972_convert_20140722210848.jpg
9DSCF2954_convert_20140722205003.jpg
10DSCF2956_convert_20140722205046.jpg
11DSCF2959_convert_20140722205206.jpg
12DSCF2955_convert_20140722205023.jpg

『いろいろな種類のひまわりがあります』
【ココア】
『濃い褐色です。色からきている名称なんでしょうね』
13DSCF2960_convert_20140722205246.jpg

【ひまわりミックス】
14DSCF2963_convert_20140722205320.jpg
15DSCF2964_convert_20140722205524.jpg

【ゴッホのひまわり】
『ゴッホが描いたヒマワリのイメージに近い品種なのだそうです』
16DSCF2965_convert_20140722205621.jpg
17DSCF2966_convert_20140722205645.jpg

【バタークリーム】
『クリーム色ということでしょうね』
18DSCF2967_convert_20140722205728.jpg
19DSCF2969_convert_20140722210653.jpg

【ビューティフルサン】
20DSCF2970_convert_20140722210746.jpg
21DSCF2971_convert_20140722210826.jpg

住所:栃木県芳賀郡益子町上山
電話:0285-72-3101(ましこ花のまちづくり実行委員会)
ホームページ:http://www.town.mashiko.tochigi.jp/dir.php?code=394(ましこ花のまちづくり実行委員会)
2014年7月23日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
埼玉県志木市在住の4人家族のアラフォーパパです。
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。秋田ネタ9.5割、埼玉ネタ0.5割になると思います。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR