額渕水天宮(ぬかぶちすいてんぐう) @埼玉県秩父市

2013年2月11日(月)
三十槌の氷柱(みそつちのつらら)の見学を終え、夜のライトアップの時間まで周辺を散策してみることにしました。
氷柱からウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場に向かう坂道の途中に当社がありました。

由緒書きによると

 この下方に底無しの渕があり、その余りの深さに額ずいて底を見たことから、誰とはなくその渕を額渕と呼称し今も地名として残っている。
 古より人々が水天宮を奉り水難除け、安産、家内安全を祈願して額渕水天宮と称したと云う。
 大正時代以降に下流に建設された水力発電用の取水堰堤により砂石が堆積して渕は埋まり昔日の面影はなくなったが、霊験あらたかな水天宮の信仰は人々の心のよりどころとして現在に至っている。

なのだそうです。

【鳥居】
DSCF1802_convert_20140430212757.jpg

【扁額】
DSCF1803_convert_20140430212815.jpg

【額渕水天宮】
DSCF1804_convert_20140430212832.jpg

【由緒書き】
DSCF1806_convert_20140430212850.jpg

所在地:埼玉県秩父市大滝4066-2付近
2014年4月30日投稿

三十槌の氷柱(みそつちのつらら) @埼玉県秩父市

2013年2月11日(月)
今日は三十槌の氷柱(みそつちのつらら)とその周辺を散策してきました。
まず、三十槌の氷柱にやって来ました。
国道140号線(秩父往還)、荒川源流の三十槌地区にあります。

三十槌の氷柱は、岩肌に染み出る湧水が創り上げる氷のオブジェで、高さは約10m、横幅は約50mにもなり1年で最も寒さの厳しい1月中旬から2月中旬に見ることができる奥秩父の冬の名勝です。

『秩父のシンボル「武甲山」が綺麗に見えます^^』
1DSC_0996_convert_20140425224247.jpg

『国道140号線を山梨県方面に向け走っていると、秩父多摩甲斐国立公園の看板がありました。秩父多摩甲斐国立公園は、埼玉、東京、山梨、長野の1都3県にまたがる、素朴で美しい自然に恵まれた公園で、雲取山から甲武信ヶ岳、金峰山へと連なる奥秩父の山々を中心とするこの公園は、荒川、多摩川、笛吹川(富士川)、千曲川(信濃川)などの源流域となっているそうです』
2DSC_0998_convert_20140425224311.jpg
3DSC_0999_convert_20140425224332.jpg

『近づくにつれ、案内板が所々にあります』
4DSC_1001_convert_20140425230111.jpg

【つちうちキャンプ場】
『三十槌の氷柱の駐車場としては、ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場(埼玉県秩父市大滝4066-2)と、つちうちキャンプ場(埼玉県秩父市大滝4011-1)の2ヶ所があります。ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場の方が氷柱に近いのですが、つちうちキャンプ場では、氷柱を制作し場内に設置しているということだったので、こちらに駐車することにしました。料金は500円です』
5DSC_1002_convert_20140425224415.jpg

『家族でキャンプに来たくなります^^』
6DSC_1003_convert_20140425224436.jpg

『おー!人工ながらなかなか凄いですね』
7DSC_1005_convert_20140425224456.jpg
8DSC_1006_convert_20140425224516.jpg

『これは人工ではないです。これのでっかい版がこの先にあると思うとワクワクです^^』
9DSC_1007_convert_20140425224536.jpg

『川岸を進みます』
10DSC_1008_convert_20140425224558.jpg

『先に氷柱らしきものが見えて来ました』
11DSC_1009_convert_20140425224616.jpg
12DSC_1011_convert_20140425224639.jpg

【三十槌の氷柱】
『お~!こういう光景は初めて見ました。自然が創り出す芸術って素晴らしいですね(^o^)手前が天然氷柱で奥が人工氷柱です』
13DSC_1012_convert_20140425224659.jpg

【天然氷柱】
14DSC_1014_convert_20140425224748.jpg
15DSC_1017_convert_20140425224808.jpg
16DSC_1019_convert_20140425224830.jpg
17DSC_1021_convert_20140425224848.jpg

【人工氷柱】
『人工の方が高さがあります』
18DSC_1022_convert_20140425224907.jpg
19DSC_1025_convert_20140425224927.jpg
20DSC_1026_convert_20140425224944.jpg

【幟】
21DSC_1028_convert_20140425225008.jpg

【ポスター】
22DSC_1029_convert_20140425225231.jpg

【ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場】
『日が暮れるまで周辺散策をし、ライトアップを見る為に再びやって来ました。昼はつちうちキャンプ場に停めましたが、夜は氷柱に近いウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場に停めることにしました』
23DSC_1032_convert_20140425225250.jpg

『駐車料金は500円です』
24DSC_1033_convert_20140425225315.jpg

『カフェがあり、すぐ下に氷柱を見ることができます』
25DSC_1034_convert_20140425225336.jpg

『上から見た天然氷柱。昼間とまた雰囲気が全然違います』
26DSC_1036_convert_20140425225403.jpg
27DSC_1037_convert_20140425225424.jpg
28DSC_1038_convert_20140425225446.jpg

『上からみた人口氷柱。ライトアップの色が変化します。幻想的で美しいですね~(^-^』
29DSC_1039_convert_20140425225504.jpg
30DSC_1044_convert_20140425225522.jpg
31DSC_1046_convert_20140425225541.jpg

『間近で見ると、これまたうっとりです^^』
32DSC_1048_convert_20140425225559.jpg
33DSC_1050_convert_20140425225619.jpg
34DSC_1051_convert_20140425225643.jpg
35DSC_1055_convert_20140425225708.jpg
36DSC_1060_convert_20140425225729.jpg
37DSC_1064_convert_20140425225748.jpg

『寒いので焚火がありがたいです』
38DSC_1065_convert_20140425225806.jpg

『焚火に群がる人々。軽食を販売しています』
39DSC_1066_convert_20140425225823.jpg

住所:埼玉県秩父市大滝4066-2(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場)付近
電話:0494-55-0500(ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場)
   0494-55-0707(一般社団法人秩父観光協会大滝支部)
ホームページ:http://navi.city.chichibu.lg.jp/flower/misotsuchi/(秩父市)
2014年4月28日投稿

ラーメン 珍珍珍(サンチン)新座店 @埼玉県新座市

2013年2月10日(日)
《珍珍珍(サンチン)新座店 チャーシューメンびっくり10枚》
本日の新座市散策を終え、遅いランチをしてから帰宅することにしました。
ネーミングが気になっていた珍珍珍へ。

後で調べてみて知りましたが、当店はシビルフード株式会社が展開するフランチャイズのお店のようです。

ランチタイムを過ぎていたので、混雑もなくカウンター席に着席。

結構お腹が空き、ガッツリ気分だったので、チャーシューメンびっくり10枚(980円)を注文。

待つこと7~8分でチャーシューメンが到着です。

結論から言いますと、残念な結果でした・・・

【チャーシューメンびっくり10枚】
『チャーシュー、メンマ、わかめ、海苔がトッピングされています。ボリューム感ばっちりなのですが、スープはダシが取れておらず、しょっぱさだけが際立ちます・・・』
1DSCF1792_convert_20140425215829.jpg

【チャーシュー】
『びっくり10枚というメニューですから、チャーシューはたっぷりです。しかし、旨みがないチャーシューです・・・』
2DSCF1796_convert_20140425215857.jpg

【麺】
『やや縮れの入った細麺です』
3DSCF1799_convert_20140425215912.jpg

【外観】
4DSCF1800_convert_20140425215928.jpg

【看板】
5DSCF1801_convert_20140425215944.jpg

【メニュー】
6DSCF1790_convert_20140425215811.jpg

勝手に評価:★★☆☆☆

住所:埼玉県新座市道場1-12-20
電話:048-479-1333
ホームページ:http://www.sanchin.co.jp/
2014年4月27日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
埼玉県志木市在住の4人家族のアラフォーパパです。
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。秋田ネタ9.5割、埼玉ネタ0.5割になると思います。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR