手打うどん 大木うどん店 @埼玉県桶川市

2013年1月6日(日)
《大木うどん店 鴨汁つけうどん》
本日の桶川散策を終え、ランチをして帰宅することにしました。
以前から行ってみたかった大木うどん店にやって来ました。

入店したのが、13時過ぎだったので、7割程度の入りでした。

お目当ては、超極太のうどんです。

以前、上尾市にある利久庵で超極太のうどんを食べたことがあるのですが、当店のうどんの太さはどの程度なのか実際味わってみたいと思っていました。

鴨汁うどん(950円)を、鴨汁つけうどんにしてもらいました。
太うどんか細うどんを選べるので、もちろんお目当ての太うどんでお願いしました。

待つこと15分程で鴨汁つけうどんが到着です。

【鴨汁つけうどん】
1DSCF1063_convert_20140227001050.jpg

【うどん】
『うわ~www 想像通りの極太です^^) 2cm×7~8mmくらいあります』
2DSCF1065_convert_20140227001120.jpg

『芯が残っていて、バキバキと噛み砕きながら食べます。しかし、粉っぽさや生茹で感はなく、小麦の風味を感じることができて美味しいです(^^)』
3DSCF1071_convert_20140227001216.jpg

【鴨汁】
『かえしは丁度いい濃さで、鴨の旨みも出ていて美味しいです(^^』
4DSCF1067_convert_20140227001137.jpg
5DSCF1068_convert_20140227001153.jpg

【外観】
6DSCF1079_convert_20140227001414.jpg
7DSCF1075_convert_20140227001322.jpg

【店内の様子】
8DSCF1072_convert_20140227001232.jpg
9DSCF1073_convert_20140227001250.jpg
10DSCF1074_convert_20140227001306.jpg

【看板】
11DSCF1077_convert_20140227001346.jpg

【メニュー】
12DSCF1059_convert_20140227001000.jpg
13DSCF1061_convert_20140227001023.jpg

勝手に評価:★★★★☆

住所:埼玉県桶川市川田谷3366-1
電話:048-787-0345
2014年2月28日投稿

熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(桶川飛行学校)跡 @埼玉県桶川市

2013年1月6日(日)
本田航空(ホンダエアポート)の見学を終え、熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡にやって来ました。

熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(桶川飛行学校)は、昭和10年に開校した熊谷陸軍飛行学校(現在の航空自衛隊熊谷基地)の分教場として、昭和12年6月埼玉県北足立郡川田谷村に開校しました。

滑走路は、現在の本田航空の滑走路と同じ位置にあり、川島町側、本田航空の社屋脇の堤防から滑走路に向かう広々としたところには、格納庫と現地事務所がありました。

旧陸軍桶川飛行学校を語り継ぐ会の方の説明によると、飛行学校の兵舎が現存するのはここだけで、終戦後、大陸からの引揚者などの住居となり、平成19年3月まで人が住んでいたため、取り壊されず残ったそうです。

詳細については旧陸軍桶川飛行学校を語り継ぐ会のホームページをご覧頂ければと思います。

『桶川方面から荒川に架かる太郎右衛門橋の手前の脇道に入ります』
1DSCF0957_convert_20140225093120.jpg

『小さな案内板があるだけなので、最近までその存在に気付きませんでした』
2DSCF0958_convert_20140225093134.jpg

【熊谷陸軍飛行学校桶川分教場跡】
『左が守衛所、正面が兵舎、右が車庫です』
3DSCF0959_convert_20140225093149.jpg

【境界杭】
4DSCF0960_convert_20140225093209.jpg

『公開日が土曜、日曜、祭日に限られています』
5DSCF0961_convert_20140225093227.jpg

【守衛所】
6DSCF0963_convert_20140225093244.jpg
7DSCF0964_convert_20140225093301.jpg
8DSCF0968_convert_20140225093346.jpg

『敷地がまだ国所有だった時の解説文です。平成22年1月に敷地を桶川市が国から買い取りました』
9DSCF0969_convert_20140225093402.jpg

【建物配置図】
『太線の建物が現存しています』
10DSCF0967_convert_20140225093331.jpg

【弾薬庫】
11DSCF0965_convert_20140225093316.jpg

『結構広い敷地です』
12DSCF0971_convert_20140225093423.jpg

【車庫】
『戦後はここも住居として使用されていたようです』
13DSCF0972_convert_20140225093444.jpg
14DSCF0973_convert_20140225093459.jpg
15DSCF1056_convert_20140225095720.jpg
16DSCF0974_convert_20140225093512.jpg

『位置的に事務所があったところだと思います』
17DSCF1058_convert_20140225095735.jpg

『兵舎に近づくと語り継ぐ会の方が出てきて説明してくださいました』
18DSCF0976_convert_20140225093647.jpg
19DSCF0978_convert_20140225093734.jpg
20DSCF0979_convert_20140225093815.jpg

『昭和50年頃の写真です。左は現存する兵舎、右は食堂、風呂棟でしたが焼失したそうです』
21DSCF0981_convert_20140225093831.jpg

【兵舎】
『戦前の建物ですから傷んでいる箇所も多々あります。悲惨な戦争を後世に伝えることができる貴重な建物なので大切に保存してほしいです』
22DSCF0975_convert_20140225093542.jpg
23DSCF1053_convert_20140225095645.jpg
24DSCF0985_convert_20140225093907.jpg
25DSCF0984_convert_20140225093851.jpg
26DSCF1055_convert_20140225095700.jpg

『では、建物内に入って行きましょう』
27DSCF0988_convert_20140225093931.jpg

【略図】
『滑走路は現在のホンダエアポートの滑走路より長かったんですね』
28DSCF0989_convert_20140225093950.jpg

【戦時中の飛行機】
『写真真ん中の九五式一型練習機が16、17機あり、オレンジ色の機体から通称「赤とんぼ」と呼ばれていたそうです』
29DSCF0991_convert_20140225094007.jpg

【「特別攻撃隊員」を募る檄文】
30DSCF0992_convert_20140225100208.jpg

『入口からまっすぐ進むと・・・』
31DSCF0993_convert_20140225094049.jpg

『昔の当時のままの厠がありました。平成19年まで使われていたそうです』
32DSCF0994_convert_20140225094109.jpg
33DSCF0995_convert_20140225094125.jpg
34DSCF0996_convert_20140225094151.jpg

『兵舎の北側に本田航空の燃料施設があります。以前この場所に本田航空の本社がありました』
35DSCF0997_convert_20140225094215.jpg

【防火水槽】
36DSCF0998_convert_20140225094231.jpg

【兵舎内部】
37DSCF0999_convert_20140225094248.jpg

『床以外はほぼ当時のものだそうです』
38DSCF1001_convert_20140225094305.jpg

『写真を中心とした様々な展示物があります』
39DSCF1002_convert_20140225094326.jpg
40DSCF1004_convert_20140225094353.jpg
41DSCF1005_convert_20140225094411.jpg

【特別攻撃隊 第79振武隊】
『昭和20年2月以降は特攻隊の訓練基地となり、同年4月5日、陸軍初の練習機による特攻となる第79振武特別攻撃隊12名が知覧基地に向け出発しました』
42DSCF1007_convert_20140225094426.jpg
43DSCF1008_convert_20140225094439.jpg
44DSCF1009_convert_20140225094453.jpg

【特別攻撃隊 第23振武隊】
『特攻隊員はどんな気持ちだったのでしょうね?お国のために、愛する人を守るためにと、喜んで志願した人もいたでしょうし、強制された人もいるでしょうからね。いずれにしても、特攻という作戦を考えた軍上層部は許せないです。人を虫けら扱いですもんね(-- こんな作戦をとらなければならない程、日本は資材も人材も困窮していた訳ですから、既に敗戦が見えていたのではないでしょうか』
45DSCF1010_convert_20140225094507.jpg
46DSCF1011_convert_20140225094521.jpg

【死亡告知書】
『薄っぺらい小さいな紙切れ一枚渡された家族は、無念だったでしょうね・・・』
47DSCF1012_convert_20140225094536.jpg

『ビデオを見ることができます』
48DSCF1015_convert_20140225094555.jpg

『軍衣や鉄兜などが展示されています』
49DSCF1017_convert_20140225094618.jpg
50DSCF1021_convert_20140225094638.jpg
51DSCF1024_convert_20140225094702.jpg

『無線機、電話機のようです』
52DSCF1026_convert_20140225094718.jpg

【「学鷲」と「アサヒグラフ」の写真】
53DSCF1030_convert_20140225094742.jpg

54DSCF1031_convert_20140225094836.jpg

55DSCF1032_convert_20140225094903.jpg

56DSCF1033_convert_20140225094918.jpg

57DSCF1034_convert_20140225094933.jpg

58DSCF1035_convert_20140225094948.jpg

59DSCF1036_convert_20140225095005.jpg

『隼戦闘隊の戦友会のことみたいです』
60DSCF1037_convert_20140225095029.jpg

『昭和20年3月~7月の間で、陸軍特別攻撃隊では1036人が戦死したそうです。特攻で戦死した人は何人くらいいるのかと思い、調べてみたところ、正確かは分かりませんが、航空隊の特攻で亡くなった方は海軍で2531名、陸軍で1417名、合計で3948名なのだそうです。余談ですが、恥ずかしながら当時の日本軍に空軍がないことを今回初めて知りました。特攻隊=飛行機のイメージだったので、当然空軍だろうと思い込んでいました。その件を日本史が得意な友人に話したら、そうだよとあっさり言われ、自分の無知さに呆れましたwww』
61DSCF1039_convert_20140225095049.jpg

『若い人が多かったというか、若い人しか残っていなかったんですかね?』
62DSCF1041_convert_20140225095122.jpg

『人生17~18年で終わりですか~・・・お国のための名誉の死と言われても、現在ではピンとこないです。若者はもっとピンとこないのではないでしょうか。就職難、貧困の差など国は抜本的な対策をしてくれませんからね』
63DSCF1040_convert_20140225095104.jpg

【階級】
64DSCF1042_convert_20140225095302.jpg

【モールス信号表】
65DSCF1043_convert_20140225095316.jpg

『広いエリアで戦いがあったのですね。改めてよく分かりました』
66DSCF1044_convert_20140225095330.jpg

『海軍大将山本五十六はアメリカとの国力、軍事力の違いを認識しており、本当は戦争に反対していたのだそうです』
67DSCF1046_convert_20140225095421.jpg

【飛行機の種類】
68DSCF1047_convert_20140225095443.jpg

『住居だった時の名残でしょうかwww』
69DSCF1048_convert_20140225095532.jpg

『第4展示室まであります。少年飛行兵の展示でした』
70DSCF1049_convert_20140225095559.jpg
71DSCF1052_convert_20140225095628.jpg
72DSCF1050_convert_20140225095613.jpg

住所:埼玉県桶川市川田谷2335
ホームページ:http://www.okegawa-hiko.jp/
2014年2月25日投稿

本田航空(ホンダエアポート) @埼玉県比企郡川島町、桶川市

2013年1月6日(日)
今日は本田航空(ホンダエアポート)とその周辺を散策してみることにしました。

本田航空は、会社名からすぐ推測できる通り本田技研工業のグループ会社です。
操縦訓練、整備点検、飛行機とヘリコプターを使用した様々な運航、防災ヘリコプターの運航、スカイダイビング機の運航などの事業を行っているそうです。

荒川河川敷にあり、住所上では本社は川島町、ホンダエアポートと呼ばれる滑走路は桶川市にあります。

元々本社は、荒川上流に2km程遡った対岸の熊谷陸軍飛行学校桶川分教場(桶川飛行学校)跡の傍にありましたが、1974年に現在地に移転しました。今でも燃料施設だけは移転前の地に残っています。

滑走路は、戦前の熊谷陸軍飛行学校桶川分教場の演習施設だったそうです。

『全国に配備されている防災ヘリコプターの運航を、初めて民間の航空会社で担当したのが、本田航空なのだそうです。やはり本田宗一郎さんはすごい!』
1DSCF0920_convert_20140223224053.jpg

【本田航空本社】
『荒川土手からの写真です。荒川土手を挟んだ河川敷にホンダエアポートがあります』
2DSCF0916_convert_20140223224030.jpg

『防災ヘリが2機駐機しています』
3DSCF0915_convert_20140223224012.jpg

『赤と白を基調としたヘリコプターです。かっこいいですね^^)あらかわ2号機です』
4DSCF0912_convert_20140223223952.jpg

『あらかわ3号機のプロペラが回転しだしたので、飛ぶのを期待して15分程待っていたところ・・・』
5DSCF0922_convert_20140223224117.jpg

『飛行し始めました^^) プロペラの爆音がすごいのですが、そんなことより、目の前でヘリコプターが舞い上がっていく姿を初めて見て感動でした\(^^)/』
6DSCF0923_convert_20140223224136.jpg
7DSCF0924_convert_20140223224154.jpg
8DSCF0925_convert_20140223224212.jpg
9DSCF0926_convert_20140223224232.jpg

『ホンダエアポートに向かいます』
10DSCF0956_convert_20140223225050.jpg

『東京スカイダイビングクラブのクラブハウスがあります。ホームページによると都心から最も近いドロップゾーンなのだそうです。ふと思ったことですが、ここは埼玉県です。埼玉スカイダイビングクラブが正当なのでは? やっぱり東京と埼玉では印象が格段と違うのでしょうね(TT 東京ディズニーリゾートだって、千葉にあるのに冠は東京ですからね・・・』
11DSCF0948_convert_20140223224940.jpg

『皆さん着替えています』
12DSCF0950_convert_20140223225001.jpg

『若い女性もいます。勇気ありますね。というか女性の方がこういうの好きなのかもしれません。我が家は奥さん、娘は絶叫マシンが大好きで、息子は苦手みたいですwww 僕は好きですけど^^) 一度トライしてみたいです』
13DSCF0952_convert_20140223225018.jpg

『滑走路脇にセスナ機が並んでいます』
14DSCF0929_convert_20140223224318.jpg
15DSCF0933_convert_20140223224644.jpg

『対岸に泉福寺が見えます』
16DSCF0934_convert_20140223224704.jpg

『空を見上げるとダイバーが降下してきました。気持ちよさそうですね^^』
17DSCF0932_convert_20140223224622.jpg

『セスナ機が降りて来ました』
18DSCF0935_convert_20140223224730.jpg
19DSCF0936_convert_20140223224747.jpg

『東京スカイダイビングクラブの飛行機でした』
20DSCF0937_convert_20140223224804.jpg

『今度は飛んでいきます』
21DSCF0939_convert_20140223224819.jpg
22DSCF0940_convert_20140223224840.jpg

『今日は左程寒くないので、清々しくて気持ちいい天気です(^o^)』
23DSCF0941_convert_20140223224900.jpg

『この小さな建物が管制塔でしょうかね』
24DSCF0947_convert_20140223224922.jpg

住所:埼玉県比企郡川島町出丸下郷53-1
電話:049-299-1111
ホームページ:http://www.honda-air.com/
2014年2月24日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
埼玉県志木市在住の4人家族のアラフォーパパです。
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。秋田ネタ9.5割、埼玉ネタ0.5割になると思います。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR