三皇熊野神社(本宮) @秋田県秋田市

2014年7月27日(日)
今日は買い物ついでに三皇熊野神社(本宮)に参拝しました。

秋田県神社庁のホームページによると、由緒は

 創立年月日不詳なれど、再建は桓武天皇の延暦年間征夷大将軍坂上田村麻呂が竹原三皇の神に祈誓して高清水丘に向って矢を放ったと言われており、賊を討った報賽として社殿を再建したという。
 境内には田村将軍の杖に根がついたという大木があり、戦前まで、地上8尺位の所から、こんこんと水が流れ、霊水の大木と言われた。
 明治7年村社に、明治4年1月10日神饌幣帛料供進神社に指定され、明治33年に本殿と拝殿が改築された。
 明治43年5月20日大野中道上段無格社八幡神社、明治44年7月5日、字古川端無格社神明社、同年村社熊野神社を合祀し、三皇熊野神社と名称が変り、その後幣殿は昭和48年増改築した。
 現在の社殿は平成16年に客殿と共に全面改築したものである。
 尚、境内には、ぶな、けやき、いちょう等の大樹に、元治元年の三皇大神の碑をはじめ、保食神、安藤和風の句碑などあり、遠近の人々から三皇さん、竹原さんのもりとして親しまれている。

なのだそうです。

御祭神は、天照皇大神、伊邪那岐大神、伊邪那美大神、須佐之男大神、八幡大神です。

【鳥居・社号標】
1DSCF9642_convert_20160410202504.jpg

【社号標】
2DSCF9643_convert_20160410202519.jpg

【霊水の大木(ぶな)】保存樹
3DSCF9646_convert_20160410202604.jpg

【由緒】
4DSCF9645_convert_20160410202540.jpg

【拝殿】
5DSCF9648_convert_20160410202631.jpg
6DSCF9647_convert_20160410202619.jpg

【扁額】
7DSCF9649_convert_20160410202642.jpg

『記念碑などがあります』
8DSCF9650_convert_20160410202704.jpg

『境内脇は公園になっています』
9DSCF9651_convert_20160410202721.jpg
10DSCF9652_convert_20160410202732.jpg

【看板】
11DSCF9653_convert_20160410202744.jpg

住所:秋田県秋田市牛島西3-10-11
電話:018-832-6303
ホームページ:http://akita-jinjacho.sakura.ne.jp/tatsujin_etc/kennsaku/akita/046_sankou_kumano.html(秋田県神社庁)
2016年4月13日投稿

土崎港曳山まつり @秋田県秋田市

2014年7月21日(月)
土崎港曳山まつりの見学に行ってきました。

 土崎港曳山まつりは土崎神明社の例祭です。
 「土崎神明社祭の曳山行事」は、7月20日・21日の両日、秋田の夏を熱く彩る「土崎港曳山まつり」の愛称で親しまれています。
 曳山行事が、今のような形で行われるようになったのはいつの頃からなのかは、はっきりとはわかりません。
 しかし、宝永2年(1705年)神輿渡御(みこしとぎょ)が行われたという記録があり、寛政元年(1789年)の祭りを見た津村淙庵の「雪のふる道」に、たくさんの曳山が曳かれている様子が描かれていることから、古くから現在のような曳山が神明社の例祭のなかで行われていたことが伺われます。
 祭りの呼称として、地元・土崎では、「みなと祭り」と呼びます。また、祭りを形容する言葉として「カスベ祭り」、「浴衣祭り(ゆかたまつり)」という異名もあります。
 曳山の作りは剛(正面)と柔(裏面)からなります。
 剛(正面)の台の上に男岩、女岩一対の夫婦岩が作られ、夫婦岩の前には戦場場面などを作り、歴史上人物の迫力満点の武者人形を飾り付けられたもので壮観な曳山となっています。
 一方、柔(裏面)は、お囃子方が乗る櫓が設けられ、その上部にはおどけた人形を飾りつけ、その脇に、政治、経済、社会、文化を大胆な切り口で風刺した「見返し」が掲げられています。

土崎港曳山まつりは国指定重要無形民俗文化財となっています。

『露店が出て、賑わっています』
1DSC02298_convert_20160319091403.jpg

『振り返るとポートタワー・セリオンが見えました』
2DSC02348_convert_20160319091618.jpg
3DSC02350_convert_20160319091626.jpg

『凄い人混みです。秋田にこんなに人がいたのかって感じですw』
4DSC02302_convert_20160319091422.jpg

『こちらのお寺もライトアップされていて、良い雰囲気です^^』
5DSC02301_convert_20160319091413.jpg

【土崎港曳山まつり】国指定重要無形民俗文化財
『盛り上がってますね~(^-^)』
6DSC02306_convert_20160319091431.jpg

7DSC02313_convert_20160319091440.jpg

8DSC02314_convert_20160319091451.jpg

9DSC02323_convert_20160319091500.jpg

10DSC02324_convert_20160319091521.jpg

11DSC02329_convert_20160319091531.jpg

12DSC02334_convert_20160319091540.jpg

13DSC02343_convert_20160319091559.jpg

14DSC02336_convert_20160319091549.jpg

15DSC02344_convert_20160319091608.jpg

場所:秋田県秋田市土崎港 本町通り・中央通り
電話:018-845-2264
ホームページ:http://hikiyama.akitalink.com/
2016年3月21日投稿

三浦家住宅 @秋田県秋田市

2014年6月1日(日)
普明院の見学を終え、三浦家住宅にやって来ました。

 三浦家住宅は、江戸時代に代々肝いりを努めた豪農・三浦氏の屋敷です。
 秋田市の東北部に位置する金足黒川地区に所在、中世城館(黒川館跡)の高台に広大な屋敷地を構えています。文久元年(1861年)に両中門造の主屋が建築されてから順次整備され、昭和の初めにはほぼ現在の屋敷構えとなりました。

 平成12年から4年かけて保存修復工事が行われた後、平成16年に秋田市指定文化財に指定され、その2年後に国指定重要文化財に指定されました。

 主屋は、東北地方最大規模といわれ、幕末から昭和初期にかけて建築された米蔵や文庫蔵など上質な造りの附属建物がよく残っており、当地方の豪農の屋敷構えの発展形態を知る上で価値が高いそうです。

 大正期になって本格化した黒川油田の開発による人口増加に伴って、大正7年(1918年)には邸内に郵便局を開局するなど、地域経済の発展にも大きく貢献していた三浦家。昭和51年まで現役で活躍していたこの郵便局の内部は当時のまま保存されています。

『普段は公開しておらず、公開は年2回(5月・11月)、3日間(金・土・日)となっています』
1DSCF7931_convert_20151120201028.jpg
2DSCF7935_convert_20151120201115.jpg

『なので、今日は門の外から覗くだけでした』
3DSCF7932_convert_20151120201043.jpg
4DSCF7933_convert_20151120201100.jpg

住所:秋田県秋田市金足黒川字黒川178
電話:018-873-6709
2015年11月20日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR