fc2ブログ

大梅寺(たいばいじ) @埼玉県比企郡小川町

2012年9月18日(火)
英霊塔の見学を終え、大梅寺にやって来ました。
英霊塔から北方面へ200m程のところにあります。

大梅寺は正式には「枯芲山 大梅寺」と号する曹洞宗の寺院です。

当社の縁起は、説明板によると

大梅寺は勧進録によれば仁治三年(1242年)に、土地の豪族猿尾(ましお)氏が都幾川村の霊山院の栄朝禅師を招請し、創建したと伝えられている。

鎌倉幕府滅亡のおり、将軍守邦親王(もりくにしんのう)が当地に下向し病没したので、大梅寺の円了長老が引導し葬ったという言い伝えが残っている。

永禄四年(1561年)の兵火で寺院が焼失したが、寛永の頃(1624年~1644年)に 越生町の龍穏寺第十六世鶴峰聚孫(かくぼうじゅそん)大和尚が中興され、この時より曹洞宗となる。その後、更に焼失し天明五年(1785年)に再建され現在に至っている。

本堂前の記念碑の裏手にある二連塔婆は、暦応四年(1341年)に建てられたものであり、貴重なものである。

また、記念碑の左手には、江戸時代の俳人太魯(たいろ)の墓がある。

なのだそうです。

二連板石塔婆は小川町の有形文化財に指定されています。

【山門】
1DSCF7216_convert_20121201222003.jpg

【扁額】
『なんと読むのでしょうね?』
2DSCF7217_convert_20121201222130.jpg

『山門をくぐると、本堂が見えます』
3DSCF7218_convert_20121201222252.jpg

【六地蔵】
『山門をくぐると、左手にあります』
4DSCF7219_convert_20121201222349.jpg

【本堂】
5DSCF7221_convert_20121201222446.jpg

6DSCF7229_convert_20121201224414.jpg

【二連板石塔婆】小川町指定有形文化財
『これは珍しいですね~^^) それもそのはず、二連板石塔婆は埼玉県内で12基確認されており、8基が小川町に所在しているんだそうです。小川町に来なければ、遭遇する確率はかなり低いということですねwww 今日は特別これといった目的なしにぶらっと小川町に来ましたが、次回以降の目的の1つになりそうです。来てみてよかった^^)それと小川町以外の4基がどこにあるのかも興味が湧きます。いずれ調べて、訪れてみたいと思います』
7DSCF7223_convert_20121201223453.jpg

8DSCF7224_convert_20121201224116.jpg

【二連板石塔婆説明板】
9DSCF7222_convert_20121201222909.jpg

10DSCF7222_convert_20121201223224.jpg

【太魯(たいろ)の墓】
『左が太魯の墓、右が本堂改修、庫裡改築記念碑です』
11DSCF7225_convert_20121201224222.jpg

『「英雄太魯墓」と刻まれています』
12DSCF7212_convert_20121201221825.jpg

【縁起】
13DSCF7212_convert_20121201221825.jpg

住所:埼玉県比企郡小川町大塚470
電話:0493-72-0943
2012年12月2日投稿

英霊塔 @埼玉県比企郡小川町

2012年9月18日(火)
穴八幡古墳の見学を終え、英霊塔にやって来ました。
大塚八幡神社の八幡神社参道をあらわす石標や鳥居が立っている場所の近くにあります。

小川町の戦没者の英霊塔です。

『広場の西側に建っています』
DSCF7211_convert_20121201172225.jpg

【英霊塔】
DSCF7208_convert_20121201172047.jpg

所在地:埼玉県比企郡小川町大塚389付近
2012年12月2日投稿

穴八幡古墳 @埼玉県比企郡小川町

2012年9月18日(火)
大塚八幡神社の見学を終え、穴八幡古墳(あなはちまんこふん)にやって来ました。
大塚八幡神社鳥居から南方面へ50m程、坂道の途中にあります。

当古墳は八幡台地のほぼ頂上に立地します。

昭和63年の発掘調査や測量調査により、周囲に二重の周堀を備えた方墳であることが分かりました。
墳丘は高さ約5.6m、一辺の長さ32mを測り、周囲の内堀は幅5.7m、外堀は幅3.7~4.7mで、外堀の一辺の長さは61.4mを測る埼玉県内最大級の方墳です。
横穴式石室は、緑泥石片岩(りょくでいせきへんがん)などの大きな一枚石を組合せ、内部は奥室と前室から構成され、全長8.2mを測ります。

当古墳が造られた時期は、古墳時代終末期の七世紀後半と考えられ、小川盆地の古代文化を考える上で非常に貴重な存在なのだそうです。たくさんの説明板がありましたので、詳細は下記添付説明板写真をご覧いただければと思います。

穴八幡古墳は埼玉県指定史跡になっています。

『大塚八幡神社から坂道を下る途中に穴八幡古墳の裏側が見えてきます』
1DSCF7233_convert_20121201164920.jpg

【説明板】
2DSCF7232_convert_20121201164648.jpg

『古墳の裏側です』
3DSCF7231_convert_20121201164414.jpg

【穴八幡古墳】埼玉県指定史跡
『石段を上がると古墳正面です』
4DSCF7246_convert_20121201170800.jpg

5DSCF7235_convert_20121201165319.jpg

【横穴式石室】
6DSCF7242_convert_20121201170351.jpg

7DSCF7241_convert_20121201170240.jpg

【説明板】
8DSCF7234_convert_20121201165057.jpg

9DSCF7236_convert_20121201165507.jpg

10DSCF7237_convert_20121201165633.jpg

11DSCF7238_convert_20121201165803.jpg

12DSCF7239_convert_20121201165942.jpg

13DSCF7240_convert_20121201170113.jpg

【古墳から南方面の眺望】
14DSCF7244_convert_20121201170624.jpg

住所:埼玉県比企郡小川町増尾63-1
電話:0493-72-1221(小川町観光協会・小川町役場)
ホームページ:http://www.town.ogawa.saitama.jp/lifework/bunkaz/anahachi.html
2012年12月1日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR