正法寺(岩殿観音) @埼玉県東松山市

2012年5月5日(土)
物見山公園のつつじの見学を終え、正法寺(岩殿観音)にやって来ました。

正法寺は正式には「巌殿山 修善院 正法寺(いわどのさん しゅうぜんいん しょうぼうじ)」と号する真言宗智山派の寺院で、通称「岩殿観音」で知られており、坂東三十三観音第十番札所となっています。

当寺は養老二年(718年)僧・沙門逸海が、岩殿の嶺の岩窟に本尊を安置し、正法庵と号したのがはじまりと伝えられており、源頼朝の命により、比企能員(ひきよしかず)が復興し、天正二年(1574年)僧・栄俊が中興開山しました。

また、延暦十年(791年)坂上田村麻呂が桓武天皇の勅命によって、奥州征伐に向かう途中、観音堂に通夜し悪龍を退治したという伝説があるそうです。

銅鐘は埼玉県の有形文化財に、鐘楼と算額は東松山市の有形文化財に指定されており、大イチョウは東松山市の天然記念物に指定されています。

山号の通り、緑や岩に覆われたとても趣のある寺院でした。

『物見山公園中腹の出入口付近にこの案内板を見かけたので寄ってみることにしました』
1DSC_0571_convert_20120530212000.jpg

『観音堂の左側につながりました』
2DSC_0574_convert_20120530214724.jpg

【境内見取図】
『折角なので、ちゃんと山門(仁王門)から見学することにしました』
3DSC_0578_convert_20120530212505.jpg

【山門(仁王門)】
4DSC_0592_convert_20120530214555.jpg
5DSC_0590_convert_20120530214423.jpg

『仁王門の右手に本堂があります』
6DSC_0593_convert_20120530214909.jpg

【本堂】
7DSC_0594_convert_20120530215047.jpg

『仁王門からもかなり急勾配の石段を上ります』
8DSC_0597_convert_20120530215937.jpg

【制札(高札)】
『石段の途中にあります』
9DSC_0595_convert_20120530215203.jpg
10DSC_0596_convert_20120530215401.jpg

【鐘楼】東松山市指定有形文化財
『石段を上り切ると右手前にあります』
11DSC_0586_convert_20120530213846.jpg

【銅鐘】埼玉県指定有形文化財
12DSC_0589_convert_20120530214257.jpg
13DSC_0588_convert_20120530214147.jpg

『石段を上り切ると右に寺号標、左に地蔵菩薩や石碑があります』
14DSC_0598_convert_20120530220108.jpg

【寺号標】
15DSC_0584_convert_20120530213708.jpg

【地蔵菩薩など】
16DSC_0582_convert_20120530213302.jpg

『さらに奥には水子観音菩薩、弘法大師像があります』
17DSC_0577_convert_20120530212259.jpg

【弘法大師像】
18DSC_0580_convert_20120530212859.jpg

【水子観音菩薩】
19DSC_0581_convert_20120530213102.jpg

【物見山岩殿観音の勝 説明板】
20DSC_0579_convert_20120530212713.jpg

『観音堂への参道の左右に百地蔵堂や薬師堂、手水舎があります』
【百地蔵堂】
21DSC_0583_convert_20120530213515.jpg

【薬師堂】
22DSC_0599_convert_20120530220236.jpg

【手水舎】
23DSC_0600_convert_20120530220349.jpg

【秩父・坂東・西国百観音霊場巡拝記念の鐘】
24DSC_0602_convert_20120530220611.jpg

【観音堂】
『明治十一年火災により焼失し、現在の観音堂は明治十二年に高麗村白子(飯能市)の長念寺から移築したものだそうです。歴史を感じるなかなか立派な御堂です』
25DSC_0601_convert_20120530220511.jpg
26DSC_0607_convert_20120530221504.jpg
27DSC_0605_convert_20120530220938.jpg
28DSC_0604_convert_20120530220836.jpg

【正法寺の算額説明板】東松山市指定有形文化財
29DSC_0606_convert_20120530221337.jpg

【絵馬堂】
『観音堂の右手前にあります』
30DSC_0603_convert_20120530220734.jpg

【日本百観音石仏・四国八十八ヶ所石仏】
『全部で百八十八体あり、坂東三十三ヶ所、秩父三十四ヶ所、西国三十三ヶ所の百観音と四国八十八ヶ所の写し本尊といわれており、四国八十八ヶ所をお参りしたのと同じご利益が得られるそうです。観音堂の右にあります。写真を見て後で気付いたのですが、人間の顔のような岩が写っているので一瞬背筋がゾッとしました(>_<)皆さんお分かりになりますか?』
31DSC_0608_convert_20120530221611.jpg

【大銀杏】東松山市指定天然記念物
『立派なイチョウです(^^)推定樹齢は700年だそうです。観音堂の左手前にあります』
32DSC_0609_convert_20120530221753.jpg
33DSC_0610_convert_20120530221913.jpg
34DSC_0612_convert_20120530222111.jpg

【御嶽大権現・弁財天・愛宕大権現】
『観音堂の左にあります』
35DSC_0614_convert_20120530222246.jpg
36DSC_0616_convert_20120530222453.jpg

『観音堂の左にあるこの階段を上ったところ、僕が車を停めた物見山駐車場の近くの道に出ることが出来ました』
37DSC_0617_convert_20120530222605.jpg

住所:埼玉県東松山市岩殿1229
電話:0493-34-4156
公式ブログ:http://syoubouji.jugem.jp/
2012年6月1日投稿

物見山公園のつつじ @埼玉県東松山市

2012年5月5日(土)
越生町の五大尊つつじ公園の見学を終え、東松山市の物見山公園にやって来ました。
標高135mの物見山には約4万本のつつじが植えられており、春は桜と共に美しい花を楽しむことができます。
周辺には正法寺岩殿観音埼玉県こども動物自然公園埼玉県平和資料館もあり、手軽なハイキング地として親しまれているそうです。

平和資料館側の駐車場に停めようと思ったところ満車だったので、駐車場を探し物見山山頂方面へ車を走らせたところ、山頂近くの駐車場にようやく空きがありました。

余談ですが、東武東上線高坂駅方面からこども動物自然公園方面の道は、こども動物自然公園駐車場への入場待ちの車の列が2km近くに及んでいました(--;
どうやら、今日はこどもの日ということで中学生以下は入園料が無料だったようです。
また近頃パッとしない天気でしたが、今日は快晴だったこともあり、かなりの人出になったようです。
全車が当園に行く訳ではないでしょうから、通過するだけの方にとってはえらいとばっちりだったでしょうね。僕は反対車線だったので、渋滞に巻き込まれずに済んだのですが、今日のドライブコースを反対に回っていたら、この渋滞に巻き込まれていたのかと思うとゾッとします(-_-;

『ようやく駐車できたのが、山頂付近の駐車場でした』
1DSC_0553_convert_20120529204838.jpg

『駐車場の道路を挟んだ対面に案内標識があります』
2DSC_0554_convert_20120529205015.jpg

『案内標識に従い進むと・・・』
3DSC_0555_convert_20120529205124.jpg

『3分ほどであっという間に山頂でしたwww しかも勾配はほぼなしです。楽と言えば楽ですが、なんか拍子抜けですwww』
4DSC_0562_convert_20120529205614.jpg

【物見山説明板】
5DSC_0561_convert_20120529205447.jpg

【物見山岩殿観音の勝】埼玉県指定名勝
『かつては、山頂から箱根、足柄、大山、富士山、秩父、信越、上野、下野、常陸の山々から東京湾まで望むことができたそうです。現在の山頂付近は樹木で覆われているので、見晴らしは良くありません・・・』
6DSC_0563_convert_20120529205721.jpg

『シャガが咲いていました。この時期シャガはあちこちで咲いていますよね。クローズアップされない花ですが、僕は好きな花です^^』
7DSC_0558_convert_20120529205216.jpg

『五大尊つつじ公園は八分咲きだったのですが、物見山のつつじは終わりかけていました。常々思うんですが、花の見頃のタイミングってほんと難しいですよね・・・』
8DSC_0559_convert_20120529205311.jpg
9DSC_0565_convert_20120529205810.jpg
10DSC_0566_convert_20120529205901.jpg
11DSC_0567_convert_20120529205944.jpg
12DSC_0569_convert_20120529210030.jpg

【中腹の公園出入口】
『山頂から下りながらつつじを鑑賞していたら県道212号線脇のここに出ました。道路の反対側を見ると「巌殿観音入口」という案内板が見えたので行ってみることにしました』
13DSC_0570_convert_20120529210116.jpg

住所:埼玉県東松山市岩殿243
電話:0493-23-3344(東松山市観光協会)
2012年5月29日投稿

倶利伽羅不動尊(くりからふどうそん) @埼玉県東松山市

2012年4月29日(日)
金谷氷川神社の見学を終え、倶利伽羅不動尊にやって来ました。
金谷氷川神社から西方向へ300m位行ったところ、不動沼のほとりにあります。

倶利伽羅不動尊は倶利伽羅明王、倶利伽羅龍王とも呼ばれ、不動明王の化身で、黒龍が炎に包まれた利剣に絡み、剣先から呑み込もうとしている姿が彫られています。これは煩悩や邪悪を炎で焼き尽くす形相を表しており、滝や湧水などの水辺に水神として祀られることが多いそうです。

この倶利伽羅不動尊は東松山市の有形文化財に指定されています。


【不動沼】
『不動沼は灌漑用の湧水の溜池です。倶利伽羅不動尊は写真上部の東松山スイミングスクール職員研修所(東松山スイミングスクールの左の建物)の左側にあります』
1DSCF3403_convert_20120519201335.jpg

『不動沼とスイミングスクールの間の道を進むと右手に見えてきます』
2DSCF3405_convert_20120519201907.jpg

【倶利伽羅不動尊】東松山市指定有形文化財
3DSCF3406_convert_20120519202550.jpg
4DSCF3408_convert_20120519215319.jpg
5DSCF3407_convert_20120519213947.jpg

『後から気付きましたが、不動沼の南西側に案内板が立っていました』
6DSCF3412_convert_20120519215753.jpg

所在地:埼玉県東松山市上野本1959 不動沼ほとり
2012年5月20日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR