妙善寺 @埼玉県川越市

2015年5月5日(火)
川越八幡宮の見学を終え、妙善寺にやって来ました。

妙善寺は正式には「道人山 三心院 妙善寺」と号する天台宗の寺院です。
中院の末寺で、寛永三年(1624年)中院の尊能法師によって、尊能法師の父母の菩提寺として建立されました。

毎年10月13日「サツマイモの日」には、イモに感謝を表わす『いも供養』(いもの日まつり)が妙善寺で催されます。

妙善寺は小江戸川越七福神第一番の毘沙門天です。

【山門】
1DSC00761_convert_20180513161523.jpg

『10月13日はサツマイモの日で川越いも祭が開催されます。ホクホクで甘い焼きいものことを「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言いますが、これは江戸時代後期に誕生した焼き芋屋のキャッチコピーです。九里(くり)四里(より)で足すと十三里。ということで、十三里といえばサツマイモのことを指すようになりました。また日本橋から川越までの距離が十三里だったことにも由来しています。サツマイモの旬である10月とサツマイモを表す「十三里」の13から、10月13日が「さつまいもの日」となったそうです。所沢市にはさつまいも始作地の碑が立っています』
2DSC00762_convert_20180513161533.jpg

【本堂】
3DSC00763_convert_20180513161542.jpg

『小江戸川越七福神第一番の毘沙門天です』
4DSC00764_convert_20180513161636.jpg

【川越さつまいも地蔵尊】
『川越のさつまいもの歴史を踏まえ、川越さつまいも商品振興会によって「川越さつまいも地蔵尊」が1995年に建立されました』
5DSC00765_convert_20180513161553.jpg

【川越さつまいも地蔵尊の由来】
6DSC00766_convert_20180513161601.jpg

住所:埼玉県川越市菅原町9-6
電話:049-222-7559
ホームページ:http://myouzenji.kikakushin.com/
2018年5月24日投稿

川越八幡宮 @埼玉県川越市

2015年5月5日(火)
吉田の倶利伽羅不動尊の見学を終え、川越八幡宮にやって来ました。

神社人によると、由緒は

 当社は、長元元年(1028年)下総国千葉の城主、平忠常が謀反を企て、大軍を起こして武蔵国に押出せてきた際、甲斐守源頼信が、長元3年平忠常追討の指令を受け、当地に於いて必勝祈願をし、無事、勝利したことから宇佐八幡宮より八幡神社を勧請、創祀したことに始まる(東松山市の箭弓稲荷神社も頼信が当社と同じ祈願主旨で同時期に御社殿を建立した)。
 長禄元年(1457年)には、川越城が築城され、太田道灌は当神社を篤く崇敬し分霊を川越城内の守護神として奉斎した。その後も、川越の歴代城主、城代の崇敬が深く、天正18年(1590年)以来城主酒井氏一族の崇敬はすこぶる篤く、社殿の造営、神田、神宝の寄進が相次いだ。
 酒井氏は国替後も益々崇敬を加え、しばしば改築費、修繕費等を奉納した。現在の社殿は昭和48年8月より昭和50年8月までの2年をかけて本殿、拝殿を改築、幣殿を新築した(昭和551年秋、埼玉県にて一社、神社本庁第一次神社振興対策モデル神社に指定されている)。

なのだそうです。

御祭神は応神天皇です。

【第一の鳥居】
1DSC00745_convert_20180513155131.jpg

【神楽殿】
2DSC00743_convert_20180513155121.jpg

【第二の鳥居】
『鳥居の左にある大きなイチョウは「縁結びイチョウ」です』
3DSC00746_convert_20180513155140.jpg

【縁結びイチョウ】
『平成明仁天皇がお生まれになった御年(昭和8年12月23日生)、川越八幡宮の神職によって男イチョウと女イチョウ2本を植樹しました。いつしかその2本の木は寄り添い合い一本に結ばれました。固く結ばれた2本の御神木に触れ、手を合わせると良縁に巡り逢うと言われています』
4DSC00748_convert_20180513155204.jpg

【授与所】
5DSC00747_convert_20180513155152.jpg

【拝殿】
6DSC00750_convert_20180513155214.jpg

7DSC00759_convert_20180513155352.jpg

【狛犬】
8DSC00751_convert_20180513155226.jpg

【境内社】
9DSC00752_convert_20180513155240.jpg

【ぐち聞きさま】
『聖徳太子のお姿です』
10DSC00753_convert_20180513155251.jpg
11DSC00754_convert_20180513155302.jpg

【民部稲荷神社鳥居】
『川越八幡宮の左手にあります』
12DSC00755_convert_20180513155312.jpg

【民部稲荷神社】
『まんが「日本昔ばなし」でも紹介された相撲をとった狐さんのお話の伝説が残っているそうです』
13DSC00756_convert_20180513155324.jpg

【民部稲荷神社由緒】
14DSC00757_convert_20180513155334.jpg

【八幡通り側の社号標・鳥居】
15DSC00742_convert_20180513155112.jpg

【大絵馬】
16DSC00741_convert_20180513155058.jpg

住所:埼玉県川越市南通町19-1
電話:049-222-1396
ホームページ:http://kawagoe-hachimangu.net/
2018年5月22日投稿

倶利伽羅不動尊 @埼玉県川越市

2015年5月5日(火)
萬久院/吉田の白鬚神社の見学を終え、吉田白髭緑地にある倶利伽羅不動尊にやって来ました。

新座市の倶利伽羅龍王、東松山市不動沼ほとりの倶利伽羅不動尊、川越市仙波河岸史跡公園の倶利伽羅不動尊、比企郡滑川町の倶利伽羅不動尊、富士見市の倶利伽羅不動明王、加須市總願寺の倶利伽羅龍王に続いて、7件目です。
埼玉県内で見られる倶利伽羅不動尊は、僕が知る限り11ヶ所あるので、制覇するにはまだ時間がかかりそうです。

倶利伽羅不動尊は倶利伽羅明王、倶利伽羅龍王とも呼ばれ、不動明王の化身で、黒龍が炎に包まれた利剣に絡み、剣先から呑み込もうとしている姿が彫られています。これは煩悩や邪悪を炎で焼き尽くす形相を表しており、滝や湧水などの水辺に水神として祀られることが多いそうです。

【吉田白髭緑地】
『白髭神社からすぐ斜め向かいにあります』
1DSC00736_convert_20180513153058.jpg

『階段脇に倶利伽羅不動尊が立っています。左にみえる池は湧水のようです。やはり水辺の近くに祀られていました』
2DSC00740_convert_20180513153136.jpg

【倶利伽羅不動尊】
3DSC00738_convert_20180513153111.jpg

『やっぱりかっこいい!(^^)今まで見た倶利伽羅不動の中では優しい顔つきに見えます』
4DSC00739_convert_20180513153124.jpg

所在地:埼玉県川越市吉田1232付近
2018年5月21日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR