fc2ブログ

浮島稲荷神社 @埼玉県川越市

2021年7月22日(木)
川越城田曲輪門跡/川越城富士見櫓跡の見学を終え、浮島稲荷神社にやって来ました。

説明板によると

 地元の人々から「うきしま様」と呼ばれ、広く親しまれているこの神社が、いつ頃建てられたのかは定かでない。かつては末広稲荷とも呼ばれ、安産の神として麻を奉納する風習が伝えられている。
 言い伝えによれば、大昔、星野山(今の喜多院)にあったのを慈覚大師が喜多院を開いたときここに移したとか、また一説には、太田道灌の父太田道真が川越城を築城した際に、城の守護神としてこの地に祀ったものとも伝えられている。現在ある社殿は、大正4年(1915年)に改築したものである。
 今では、この一帯もすっかり様子が変わってしまったが、以前は「七つ釜」といって、清水の湧き出る穴が七つもあり、一面葦の生い茂った沼沢地であった。そのため遠くから神社を眺めると、ちょうど島のように浮んで見えたところから、浮島神社と呼ばれるようになったという。
また、伊勢物語を初めとして、昔からしばしば和歌に歌われた「三芳野の里」や「たのむの沢」は、このあたりを指すのだともいわれている。

なのだそうです。

御祭神は倉稲魂命です。

川越市指定文化財史跡名勝になっています。

【鳥居】
1DSC06458_convert_20240317160734.jpg

【参道】
2DSC06460_convert_20240317160815.jpg

【片葉の芦の碑】
『昔、川越城が敵に攻め落とされた際、お姫様がこの浮島神社まで逃げてきました。しかし、夜の暗さで誤って七つ釜に落ちてしまいました。お姫様は這い上がろうと岸辺の葦を掴みましたが、力尽きて沼の底に沈んでしまったそうです。それ以来、ここに生える葦はどれも片葉になったと言います』
3DSC06462_convert_20240317160824.jpg

【由緒】
4DSC06463_convert_20240317160928.jpg

5DSC06464_convert_20240317160945.jpg

【手水舎】
6DSC06465_convert_20240317161009.jpg

『池に掛かる短い橋です』
7DSC06466_convert_20240317161035.jpg

『七つ釜の一つなのでしょうか?』
8DSC06467_convert_20240317161055.jpg

『拝殿が見えてきました』
9DSC06469_convert_20240317161114.jpg

【久保町自治会館】
『神社の境内には集会所がある事が多いです。神社は昔から地元民が集まる場所で、今も変わっていないということですね』
10DSC06470_convert_20240317161129.jpg

【お狐様】
『金網で守られています。時々見かけます。風情が損なわれるので好きではないのですが、悪さをする輩がいて壊された過去があるのかもしれません。罰当たりなことをするのはやめて欲しいと思います』
11DSC06473_convert_20240317161147.jpg

【拝殿】
12IMG_4051_convert_20240317161210.jpg

【扁額】
13DSC06474_convert_20240317161155.jpg

【本殿】
14DSC06478_convert_20240317161201.jpg

【地図】


住所:埼玉県川越市久保町17-626
電話:049-225-4475(川越熊野神社)
2024年3月24日投稿

川越城田曲輪門跡/川越城富士見櫓跡 @埼玉県川越市

2021年7月22日(木)
小峰商店でランチを終え、川越城田曲輪門跡、川越城富士見櫓跡にやって来ました。

田曲輪門跡(たぐるわもんあと)は、富士見櫓(ふじみやぐら)の下に広がっていた田曲輪の門跡です。

富士見櫓跡は説明板によると

 御嶽(おんたけ)神社が祀られているこの高台は、かつては川越城の富士見櫓が建てられていたところである。
 櫓は矢倉とも書いて、合戦の際に物見として、あるいは防戦の足場として、城壁や城門の高い場所に設けられた建物を意味するが、天守閣のなかった川越城には東北の隅に二重の虎櫓、本丸の北に菱櫓、西南の隅に三層の富士見櫓があって、城の中で一番高い所にあった富士見櫓が天守閣の代わりとなっていたと思われる。
 今日では木々や建物のため、すっかり眺望も失われてしまったが、その昔はこの高台に立てば、富士見櫓の名の通り遠く富士山までも望めたことであろう。
 元来、城の構造及び建造物は戦略上の都合もあって、その大部分が明らかにされることはなく、正確な規模は分からないが、江戸末期の慶應2年(1866年)に川越城を測量した時の記録によれば、この富士見櫓は長さ八間三尺(約15m)、横八間(約14m)あったと記されている。

なのだそうです。

【川越城田曲輪門跡・川越城富士見櫓跡】
1DSC06433_convert_20240310001015.jpg

2DSC06432_convert_20240310001005.jpg

【川越城富士見櫓跡】
3DSC06429_convert_20240310000950.jpg

『西側からは上がれません』
4DSC06434_convert_20240310001023.jpg

【富士見櫓跡説明板】
5DSC06436_convert_20240310001031.jpg

『南側から上がれます』
6DSC06437_convert_20240310001039.jpg

『富士見櫓跡に上がります』
7DSC06438_convert_20240310001048.jpg

『神社が二社あります』
8DSC06439_convert_20240310001057.jpg

【浅間神社】
『扁額は富士見稲荷大神になっています』
9DSC06440_convert_20240310001105.jpg

【御嶽神社鳥居】
10DSC06441_convert_20240310001113.jpg

【御嶽神社】
11DSC06442_convert_20240310001120.jpg

『更に奥に進むと富士見稲荷神社があります』
12DSC06444_convert_20240310001128.jpg

【富士見稲荷神社鳥居】
13DSC06445_convert_20240310001136.jpg

【扁額】
『浅間神社の鳥居にも富士見稲荷大神の扁額が掛かっていました。どういうことでしょう?』
14DSC06446_convert_20240310001145.jpg

【お狐様】
『お狐さんがいるということは、こちらは富士見稲荷神社で間違いなさそうです』
15DSC06447_convert_20240310001154.jpg

【富士見稲荷神社鳥居】
16DSC06448_convert_20240310001300.jpg

【富士見稲荷神社境内】
17DSC06449_convert_20240310001308.jpg

【富士見稲荷神社】
18DSC06450_convert_20240310001315.jpg

19DSC06452_convert_20240310001324.jpg

『浅間神社があるということは富士山の熔岩ですかね?』
20DSC06454_convert_20240310001335.jpg

『浅間神社の裏側にあります』
21DSC06455_convert_20240310001342.jpg

22DSC06457_convert_20240310001348.jpg

【地図】


住所:埼玉県川越市郭町2-15
2024年3月22日投稿

三芳野神社 @埼玉県川越市

2021年7月22日(木)
今日は川越城本丸御殿付近を散策する事にしました。
まず、三芳野神社にやって来ました。

由緒書きによると

 三芳野神社は、平安時代の初期に成立したと伝えられ、川越城内の天神曲輪に建てられている。この為、「お城の天神さま」として親しまれている。この天神さまにお参りするには、川越城の南大手門より入り、田郭門を通り、富士見櫓を左手に見、さらに天神門をくぐり、東に向う小道を進み、三芳野神社に直進する道を通ってお参りしていた。
 この細い参道が、童唄「通りゃんせ」の歌詞の発生の地であるといわれ、現在でも静かな環境を保持しており、伝説の豊かな地である。
 なお、参道は、江戸時代より若干変化している。

なのだそうです。

御祭神は素盞烏尊、奇稲田姫命、 菅原道真、誉田別尊です。

『由緒書きにある参拝ルートは次の通りです』
IMG_7868_convert_20240318220600.jpg
【出典:カワゴエール】

【童唄「通りゃんせ」歌詞】
通りゃんせ通りゃんせ
ここはどこの細通じゃ
天神さまの細道じゃ
ちっと通して下しゃんせ
御用のないもの通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに
お札を納めにまいります
行きはよいよい帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ通りゃんせ

子供の頃は歌詞の意味など考えず歌っていましたが、調べてみたら「行きはよいよい帰りはこわい」のフレーズが怖いと言われているみたいです。
その理由が口減らし説で作物の不作や干ばつなどによって生活が苦しくなった際、子供をあやめたり身売りしたりしたのではないか、子供に手を掛けていたのではないかという説です。
それが本当だったら本当に怖い歌です(>_<)

その他、こわいは「怖い」という意味ではなく、方言で「だるい」や「疲れた」を意味する説、神社のすぐそばに川越城本丸御殿があるので厳しい監視を受けながら参道を進み、参拝後も厳しいチェックを受けるので怖い説などがあるようです。

城の中にある三芳野神社は、一般庶民は普段は訪れるすることができません。
庶民が城内に入り、参拝できたのは年一度の大祭の時か七五三の祝いの時だけです。

参拝時の状況を考えると「厳しい監視説」と「疲れた説」の両方ではないかと僕は思います。
「口減らし説」は都市伝説好きの人が作ったもののような気がします。

三芳野神社は川越市指定史跡になっています。

【参道】
1DSC06366_convert_20240309213257.jpg

【石碑】
2DSC06367_convert_20240309213338.jpg

『猫ちゃんが日陰でのんびりしています(^^)』
3DSC06369_convert_20240309213355.jpg

4DSC06370_convert_20240309213404.jpg

『参道脇は公園になっています』
5DSC06372_convert_20240309213416.jpg

6DSC06373_convert_20240309213433.jpg

【由緒】
7DSC06374_convert_20240309213443.jpg

『参道入口から150m程で社殿があります』
8DSC06375_convert_20240309213452.jpg

【鳥居】
9DSC06377_convert_20240309213501.jpg

【社務所】
10DSC06378_convert_20240309213516.jpg

【手水舎】
11DSC06392_convert_20240309213914.jpg

【蛭子社(ひるこしゃ)】埼玉県指定有形文化財
12DSC06398_convert_20240309214116.jpg

【扁額】
13DSC06399_convert_20240309214127.jpg

【稲荷社】
14DSC06400_convert_20240309214146.jpg

【大黒社】埼玉県指定有形文化財
15DSC06401_convert_20240309214157.jpg

【扁額】
16DSC06402_convert_20240309214221.jpg

【わらべ唄発祥の所碑】
17DSC06403_convert_20240309214245.jpg

【境内の様子】
18DSC06407_convert_20240309214538.jpg

『正面の大きなクスノキが目立ちます』
19IMG_4050_convert_20240309214703.jpg

【拝殿】
20IMG_4047_convert_20240309214633.jpg

【拝殿・本殿】埼玉県指定有形文化財
21IMG_4048_convert_20240309214643.jpg

22DSC06413_convert_20240309214548.jpg

【文化財標柱】
23DSC06416_convert_20240309214609.jpg

『とうりゃんせの唄発祥の地です。とはいえ、発祥地あるあるですが、小田原の菅原神社と山角天神社も発祥地として名乗りを上げているそうです。神奈川県で生まれ育ち、終の棲家として埼玉県にマンションを買った僕はどっちの肩を持つべきか迷いますwww』
24DSC06417_convert_20240309214618.jpg

『現存するクスノキとは別に大楠が社殿脇にあったようです。両脇を大楠に守られた社殿を見てみたかったです。残念・・・』
25DSC06414_convert_20240309214602.jpg

【三芳野神社社殿及び蛭子社・大黒社付明暦二年の棟札説明板】
26DSC06393_convert_20240309220724.jpg

27DSC06393_convert_20240309220715.jpg

【本殿正面写真】
28DSC06396_convert_20240309214029.jpg

【蛭子社・大黒社・本殿・幣殿・拝殿平面図】
29DSC06397_convert_20240309214038.jpg

【川越城の七不思議】
30DSC06404_convert_20240309214356.jpg

『五番目は切なすぎます。゚(゚´Д`゚)゚。』
31DSC06404_convert_20240309214258.jpg

【三芳野神社のへえ~!】
『お時間があれば読んでみてください』
32DSC06379_convert_20240309213554.jpg

『なるほど。面白い推測です!』
33DSC06382_convert_20240309213615.jpg

34DSC06383_convert_20240309213743.jpg

『川越(河越)の方が江戸より栄えていたなんて!』
35DSC06384_convert_20240309213751.jpg

36DSC06385_convert_20240309213759.jpg

『菅原道真公が御祭神だから三芳野天神社だった訳ではなさそうですね』
37DSC06386_convert_20240309213816.jpg

『やはり「口減らし説」ではなさそうです。ホッとしました(^^)』
38DSC06387_convert_20240309213826.jpg

39DSC06388_convert_20240309213834.jpg

40DSC06389_convert_20240309213841.jpg

41DSC06390_convert_20240309213848.jpg

42DSC06391_convert_20240309213902.jpg

【地図】


住所:埼玉県川越市郭町2-25-11
電話:049-223-0996
2024年3月19日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR