文京菊まつり @東京都文京区

2012年11月8日(木)
今日はお昼休み時間を利用し「文京花の五大まつり」のひとつ「文京菊まつり」を見学してきました。
当まつりは、学問の神様として名高い湯島天満宮《湯島天神》で開催され、今年は11月1日(木)~11月23日(金)でした。

千本咲、懸崖(けんがい)、盆庭(ぼんてい)を中心に、古典菊の「江戸菊」、湯島の定番である「巴錦」等、菊花約2千株が境内を彩ります。

可憐な菊の花が境内中を埋め尽くす光景は凄かったです\(^^)/

ちなみに「文京花の五大まつり」とは
●播磨坂さくら並木の「文京さくらまつり」
●根津神社つつじ苑の「文京つつじまつり」
●白山神社、白山公園の「文京あじさいまつり
●湯島天満宮の「文京菊まつり」
●湯島天満宮の「文京梅まつり」
です。

『湯島天神周辺道路上に、たくさんの垂れ幕が掛かっていました』
1DSCF8425_convert_20130120221736.jpg

『表鳥居(東京都指定有形文化財)に到着です』
2DSCF8427_convert_20130120221821.jpg

『鳥居をくぐると参道の左手に千本咲や菊苗の即売所がありました』
3DSCF8429_convert_20130120221911.jpg
4DSCF8434_convert_20130120222047.jpg

【盆庭(総合花壇)】
『参道の右手にありました。これを一人の栽培者が育てたそうですから、凄いですよね^^』
5DSCF8435_convert_20130120222121.jpg
6DSCF8436_convert_20130120222159.jpg
7DSCF8437_convert_20130120222237.jpg

『拝殿の前にも懸崖の菊が飾られています』
8DSCF8442_convert_20130120222527.jpg

【懸崖】
9DSCF8439_convert_20130120222338.jpg
9DSCF8508_convert_20130120225208.jpg
9DSCF8509_convert_20130120225235.jpg
9DSCF8510_convert_20130120230140.jpg
10DSCF8440_convert_20130120222421.jpg
10DSCF8511_convert_20130120225334.jpg

『第34回ですから、30年以上続く祭りなんですね』
11DSCF8441_convert_20130120222456.jpg

『拝殿・本殿の左手にある参集殿前にも千本咲、懸崖があります』
12DSCF8443_convert_20130120222559.jpg

【菊人形】
『参集殿の左手前には、いろいろと話題が多いNHK大河ドラマの「平清盛」がテーマの菊人形が展示されていました』
13DSCF8448_convert_20130120222710.jpg

『大河ドラマの評判はともかく、人形の表情が明るいので、なぜかホッとしましたw』
14DSCF8449_convert_20130120222745.jpg
15DSCF8451_convert_20130120222815.jpg
16DSCF8452_convert_20130120222846.jpg
17DSCF8453_convert_20130120222916.jpg
18DSCF8454_convert_20130120222959.jpg

『盆栽もありました』
19DSCF8444_convert_20130120222630.jpg

『拝殿と社務所の渡り廊下にも懸崖があります。飾れる場所ならどこにでもって感じですw』
20DSCF8455_convert_20130120223046.jpg

『拝殿・本殿を取り囲む形で菊の花が展示されています。右回りに巡ってみました』
【懸崖】
21DSCF8517_convert_20130120225750.jpg
22DSCF8456_convert_20130120223121.jpg

『本殿の左脇に千本咲、奥には一輪咲の菊が見えます』
23DSCF8457_convert_20130120223207.jpg

【千本咲】
24DSCF8512_convert_20130120225407.jpg
25DSCF8513_convert_20130120225458.jpg
26DSCF8514_convert_20130120225542.jpg
27DSCF8515_convert_20130120225640.jpg
28DSCF8516_convert_20130120225719.jpg

『本殿の裏には一輪咲の様々な菊が展示されていました』
29DSCF8460_convert_20130120223238.jpg
31DSCF8469_convert_20130120223443.jpg

【巴錦(ともえにしき)】
『巴錦は花びらの内側が深紅、外側が黄金色の大変豪華な色が特徴の古典菊です。現在栽培されている観賞菊の寿命は意外に短く、ほとんどの品種は10年以内に名前が消えてしまいます。これは花が小さくなったり、さし芽しても発根しにくい、草丈が伸びにくいなど、育てにくくなって、もとの美しさがなくなり、育てる人がいなくなるためです。巴錦は葛飾北斎も好んだ菊だったらしく、北斎筆と言われている絵の中に、確かにこの菊と思われる花が描かれています。このことから130年以上の寿命を保っていることが推定されます。昔、加賀のお殿様が参勤交代の途中、長野県の小布施に立寄られ、そこに飾られていたこの菊を大変お気に召して、名前をたずねられたが答えられなかったので殿様は、これより「巴錦」と呼ぶように、と命名されました。このため地元の人々はこの菊を「殿様菊」と呼ぶようになったそうです』
30DSCF8467_convert_20130120223411.jpg

【江戸菊】
32DSCF8463_convert_20130120223306.jpg
33DSCF8464_convert_20130120223329.jpg

【盆養-管物(管咲き)】
34DSCF8470_convert_20130120223525.jpg
35DSCF8473_convert_20130120223608.jpg
36DSCF8475_convert_20130120223639.jpg
37DSCF8476_convert_20130120223710.jpg

【盆養-厚物(厚咲き)】
38DSCF8477_convert_20130120223735.jpg
39DSCF8478_convert_20130120223950.jpg
40DSCF8479_convert_20130120224044.jpg
41DSCF8480_convert_20130120224116.jpg

【盆養-厚走り】
42DSCF8485_convert_20130120224144.jpg
43DSCF8487_convert_20130120224217.jpg
44DSCF8488_convert_20130120224248.jpg

【千本咲】
45DSCF8490_convert_20130120224322.jpg
46DSCF8493_convert_20130120224405.jpg
47DSCF8495_convert_20130120224640.jpg
48DSCF8496_convert_20130120224517.jpg
49DSCF8497_convert_20130120224745.jpg
50DSCF8498_convert_20130120224821.jpg
51DSCF8501_convert_20130120224843.jpg

【ダルマ作り】
52DSCF8503_convert_20130120224914.jpg
53DSCF8504_convert_20130120224958.jpg

【こけし作り】
54DSCF8505_convert_20130120225032.jpg

【福助作り】
55DSCF8506_convert_20130120225111.jpg
56DSCF8507_convert_20130120225139.jpg

住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話:03-3836-0753
ホームページ:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm
2013年1月21日投稿

文京あじさいまつり/白山神社・白山公園 @東京都文京区

2012年6月14日(木)
今日はお昼休み時間を利用し「文京花の五大まつり」のひとつ「文京あじさいまつり」を見学してきました。
当まつりは、文京区白山に鎮座する白山神社の境内及び隣接する白山公園で開催され、今年は6月9日(土)~6月17日(日)でした。
都営地下鉄三田線白山駅から200m程の場所にあります。

ちなみに「文京花の五大まつり」とは
●播磨坂さくら並木の「文京さくらまつり」
●根津神社つつじ苑の「文京つつじまつり」
●白山神社、白山公園の「文京あじさいまつり」
湯島天満宮の「文京菊まつり
●湯島天満宮の「文京梅まつり」
です。

境内及び公園には約3000株のあじさいが植えられており、まつり期間中のみあじさいが咲き誇る富士塚が公開されます。

当社の創開は古く、天暦年間(947~957)に加賀一宮白山神社を現在の本郷一丁目の地に勧請したと伝えられ、後に元和年間(1615~1624)に二代将軍徳川秀忠の命で、巣鴨原(現在の小石川植物園内)に移り、その後五代将軍職につく前の館林候綱吉の屋敷の造営のため、明暦元年(1655年)現在地に再度移りました。
この縁で綱吉と生母桂昌院の厚い帰依を受けたそうです。
ご祭神は菊理姫命、伊弉姫命、伊弉册命です。

『白山駅A3出入口が便利です。写真の通り、提灯や看板があるのですぐに分ります。200m程まっすぐ進むと白山神社です』
1DSCF4824_convert_20120710062648.jpg
2DSCF4825_convert_20120710063055.jpg

【鳥居】
3DSCF4826_convert_20120710063146.jpg

『鳥居の脇にゆりが咲いていました。綺麗ですね^^』
4DSCF4884_convert_20120710220938.jpg

【白山神社】
5DSCF4828_convert_20120710063254.jpg

『入口付近では早くも、あじさい、あじさい、あじさいがお出迎えです^^』
6DSCF4875_convert_20120710215909.jpg
7DSCF4876_convert_20120710220012.jpg
8DSCF4878_convert_20120710220318.jpg
9DSCF4880_convert_20120710220445.jpg
10DSCF4881_convert_20120710220603.jpg
11DSCF4882_convert_20120710220723.jpg

【白山神社及び白山公園案内図】
12DSCF4833_convert_20120710063724.jpg

【孫文先生座石】
13DSCF4877_convert_20120710220107.jpg

【社務所】
14DSCF4829_convert_20120710063407.jpg

【手水舎】
15DSCF4832_convert_20120710063616.jpg

【拝殿】
16DSCF4831_convert_20120710063520.jpg
17DSCF4841_convert_20120710064429.jpg

『狛犬の前のあじさいが色とりどりで綺麗です^^』
18DSCF4837_convert_20120710064104.jpg
19DSCF4838_convert_20120710064213.jpg
20DSCF4840_convert_20120710064329.jpg

『参道も見事です^^』
21DSCF4835_convert_20120710063912.jpg
22DSCF4834_convert_20120710063817.jpg
23DSCF4836_convert_20120710064000.jpg

『参道左手に境内社があります』
【富士浅間社・稲荷社・三峯社・玉津島社・天満天神社・山王社・住吉社の合祀社】
24DSCF4842_convert_20120710064530.jpg
25DSCF4843_convert_20120710064627.jpg

『どこにも社号の表示がなく不明』
26DSCF4845_convert_20120710064812.jpg

【八幡神社】
27DSCF4847_convert_20120710213249.jpg
28DSCF4848_convert_20120710213403.jpg

【旗桜記】
29DSCF4849_convert_20120710213510.jpg

【関東松尾神社】
『拝殿・本殿の左側にあります』
30DSCF4798_convert_20120710062134.jpg
31DSCF4799_convert_20120710062335.jpg

『関東松尾神社の左脇を抜けると白山公園です』
32DSCF4850_convert_20120710213606.jpg

『本殿の左手、関東松尾神社の裏も白いあじさいが満開です^^』
33DSCF4852_convert_20120710213757.jpg
34DSCF4851_convert_20120710213656.jpg

『猫ちゃんがいました^^』
35DSCF4800_convert_20120710062521.jpg

【白山公園】
『白山神社の裏にあります』
36DSCF4856_convert_20120710214249.jpg
37DSCF4855_convert_20120710214059.jpg
38DSCF4860_convert_20120710214412.jpg
39DSCF4861_convert_20120710214630.jpg
40DSCF4862_convert_20120710214727.jpg

『人だかりがあったので、覗いてみると・・・』
41DSCF4854_convert_20120710213955.jpg

『猿回しでした^^』
42DSCF4853_convert_20120710213858.jpg

【浅間神社・富士塚】
『白山公園の隣、社務所の裏に富士塚があり、塚頂に浅間神社が祀られています』
43DSCF4865_convert_20120710214936.jpg

『あじさいまつりの期間中のみ開放されるそうです』
44DSCF4866_convert_20120710215045.jpg
45DSCF4867_convert_20120710215149.jpg

『富士塚一面があじさいで覆われています』
46DSCF4863_convert_20120710214826.jpg

『塚頂へつながる参道もあじさいが満開です』
47DSCF4868_convert_20120710215250.jpg

『ゆりも咲いていました』
48DSCF4870_convert_20120710215401.jpg

【浅間神社】
49DSCF4871_convert_20120710215508.jpg

『リポートしています』
50DSCF4873_convert_20120710215706.jpg

『帰りは社殿裏の参道からです』
51DSCF4872_convert_20120710215606.jpg

東京都文京区白山5-31-26
03-3811-6568
ホームページ:
http://www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_event_ajisai.html(文京あじさいまつり)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/visitor_kanko_jisha_hakusan.html(白山神社)
2012年7月12日投稿

湯島天満宮《湯島天神》 @東京都文京区

2011年6月29日(水)
今日はお昼休みの時間を利用し、学問の神様として名高い湯島天満宮《湯島天神》を見学してきました。

湯島天満宮は雄略天皇二年(458年)一月に勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を奉斎したのがはじまりで、正平十年(1355年)二月に郷民が菅原道真公の御偉徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉祀し、文明十年(1478年)十月に太田道灌が再建し、天正十八年(1590年)徳川家康公が江戸城に入るに及び、特に当社を崇敬すること篤く、翌十九年十一月豊島郡湯島郷に朱印地を寄進し祭祀の料にあて、泰平永き世が続き、文教大いに賑わうようにと菅原道真公の遺風を仰ぎ奉りました。
その後、学者・文人の参拝もたえることなく続き、林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石などの名が見えます。将軍徳川綱吉公が湯島聖堂を昌平坂に移す際、この地を久しく文教の中心としていよいよ湯島天満宮を崇敬しました。 明治五年(1872年)十月には郷社に列し、ついで同十八年(1885年)八月府社に昇格しました。明治維新以前は、上野東叡山寛永寺が別当を兼ね、喜見院がその職にあたりました。
元禄十六年(1703年)の火災で全焼したので、宝永元年(1704年)将軍綱吉公は金五百両を寄進しています。明治十八年に改築された社殿も老朽化が進み、平成七年十二月、後世に残る総檜造りで造営されました。

表鳥居は東京都の有形文化財に指定されています。

【表鳥居】東京都指定有形文化財
『銅製の表鳥居は寛文七年(1667年)九月創建され、同十一年(1671年)に修理されました。下脚部に唐獅子頭部の装飾は鳥居としては特異なものだそうです』
①P1040901_convert_20110701053527

【社号標】
②P1040902_convert_20110701053604

『鳥居をくぐると、左に手水舎、正面に拝殿、右に宝物殿が見えます』
③P1040903_convert_20110701053643

【宝物殿】
④P1040899_convert_20110701053440
⑤P1040897_convert_20110701053400

【茅の輪くぐり】
『茅の輪くぐりとはこの輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするものです。左⇒右⇒左とくぐります』
⑥P1040904_convert_20110701053728
⑦P1040905_convert_20110701053806

【拝殿】
⑧P1040894_convert_20110701053122
⑨P1040895_convert_20110701053204
⑩P1040893_convert_20110630233715

『合格祈願の絵馬がたくさんあります^^』
⑪P1040896_convert_20110701053317

【戸隠神社・笹塚稲荷神社】
『本殿の奥にあります』
⑫P1040888_convert_20110630233345
⑬P1040889_convert_20110630233448
⑭P1040890_convert_20110630233600

【夫婦坂の門】
⑮P1040886_convert_20110630233254

【社務所・参集殿】
⑯P1040908_convert_20110701053915

【唐門】
⑰P1040907_convert_20110701053843

【梅園】
『毎年2~3月には「文京花の五大まつり」のひとつ「文京梅まつり」が開催されるそうです』
⑱P1040909_convert_20110701053945
⑲P1040911_convert_20110701054019

住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話:03-3836-0753
ホームページ:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm
2011年7月2日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR