島崎藤村旧居跡 @東京都新宿区

2012年5月7日(月)
稲荷鬼王神社の見学を終え、都道302号線を東新宿駅に向い歩いていたところ、東新宿駅のA1出入口の傍に島崎藤村旧居跡の碑が立っていました。

先程見学した島崎藤村ゆかりの寺長光寺から700~800m位の場所です。

【島崎藤村旧居跡の碑】
1DSCF3728_convert_20120609093008.jpg
2DSCF3727_convert_20120609092900.jpg
3DSCF3722_convert_20120609092644.jpg

『現在はこのマンションが建っています』
4DSCF3726_convert_20120609092754.jpg

所在地:東京都新宿区歌舞伎町2-4-14の前の歩道
    都営大江戸線・東京メトロ副都心線東新宿駅A1出入口傍
2012年6月10日投稿

稲荷鬼王神社(いなりきおうじんじゃ) @東京都新宿区

2012年5月7日(月)
長光寺の見学を終え、稲荷鬼王神社にやって来ました。
都道302号線から鬼王神社前交差点を新宿区役所通りへ入るとすぐ左手にあります。

当社の由緒は由緒書きによると
『「鬼」というと私達はとかく悪いイメージをもちがちですが、古来「鬼」は神であり「力」の象徴でもありました。又「鬼は悪魔を祓う」といわれ、すべての災禍を祓う力があります。その為、鬼を祀ったり、鬼の名のつく社寺は全国に幾つもあります。しかし、その「鬼」の王様という意になる「鬼王」という名のある社寺は全国で当社のみです。この為、江戸時代は近在の農家の人達だけでなく、江戸から武士や商人、職人と多くの人が参拝にまいりました。現在では地図で見る新宿の中央にある唯一の神社としても注目を集め、全国から当社の御神徳を得ようとする方々が詣られております。
 古来より大久保村の聖地とされたこの地に承応二年(1653年)、当初の氏神として稲荷神社が建てられました。宝暦二年(1752年)紀州熊野より鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命)を当地の百姓田中清右衛門が旅先での病気平癒への感謝から勧請し、天保二年(1831年)稲荷神社と合祀し、稲荷鬼王神社となりました。それ故、当社の社紋は稲荷紋と巴紋の二つがあるのです。紀州熊野に於いて鬼王権現は現存せず、当社はそれ故、全国一社福授けの御名があります。この鬼王権現は、湿疹・腫物を初め諸病一切に豆腐を献納し、治るまで本人或いは代理の者が豆腐を断ち、当社で授与される「撫で守り」で患部を祈りつつ撫でれば必ず平癒するといわれ、明治十五年頃まで社前の豆腐商数件がこの豆腐のみにて日々の家計を営んでいたといわれたほどでした。今日でも広く信仰されています。この信仰について江戸時代の「新編武蔵風土記」だけでなく、時代は下って文豪、永井荷風も書き記しております。尚、当社では「鬼王様」の御名に因み、節分時鬼を春の神として「福は内、鬼は内」を唱えます』
なのだそうです。

ご祭神は宇迦之御魂神、鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命)です。

境内社の恵比寿神社(三島神社)は新宿山ノ手七福神の一社(恵比寿様)となっています。
また、鬼王神社の水鉢は新宿区の有形文化財に指定されています。

【鳥居】
1DSCF3694_convert_20120609081623.jpg

【社号標】
2DSCF3695_convert_20120609081730.jpg

【水鉢】新宿区指定有形文化財
『鬼の形相も凄いですが、自分の体の何倍もの大きさの石を頭の上に乗っけていることに凄くパワフルさを感じます^^) 鳥居の左手にあります』
3DSCF3699_convert_20120609082007.jpg
4DSCF3700_convert_20120609082357.jpg
5DSCF3698_convert_20120609081907.jpg

『鳥居をくぐると正面に拝殿が見えるのですが、参道脇の狛犬や石灯籠を囲うように掲示板が沢山置かれているので厳粛な雰囲気はないですwww』
6DSCF3702_convert_20120609085447.jpg

『狛犬?ですよね?小顔でスタイルが良くかっこいいです!』
7DSCF3701_convert_20120609082619.jpg

【恵比寿神社(三島神社)】新宿山ノ手七福神(恵比寿様)
『参道の左手にあります』
8DSCF3703_convert_20120609085632.jpg
9DSCF3704_convert_20120609085822.jpg

【かえる石】
『左が水琴窟、右がかえる石です。お参りの仕方は説明板写真をご覧いただければと思います』
10DSCF3709_convert_20120609090720.jpg
11DSCF3710_convert_20120609090936.jpg

【水琴窟】
12DSCF3705_convert_20120609090032.jpg
13DSCF3706_convert_20120609090313.jpg

『毎年10月19日、20日に恵比寿祭りが行われるそうです』
14DSCF3707_convert_20120609090552.jpg

【拝殿】
15DSCF3711_convert_20120609091053.jpg

【天水琴】
『竹筒に耳を近づけると「キーン、カーン」など綺麗な音が聞こえてきて、とても心が安らぎます(^^) 拝殿の右手前にあります』
16DSCF3712_convert_20120609091308.jpg
17DSCF3713_convert_20120609091549.jpg

『本殿の左手に立派な木が生えています』
18DSCF3716_convert_20120609091839.jpg

【富士塚】
『その木の根元には富士塚があり、浅間神社が祀られています』
19DSCF3717_convert_20120609092102.jpg
20DSCF3718_convert_20120609092236.jpg
21DSCF3719_convert_20120609092419.jpg

【社殿裏の鳥居】
22DSCF3720_convert_20120609092541.jpg

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-17-5
電話:03-3200-2904
2012年6月9日投稿

長光寺 @東京都新宿区

2012年5月7日(月)
昼休み時間に新宿に居たので休み時間を利用し、都道302号線(西武新宿駅~東新宿駅間)を散策してみることにしました。まず最初に訪れたのが長光寺です。
JR新宿駅と新大久保駅間のガードから都道302号線を東へ100m程行った左手にあります。

長光寺は正式には「玉寶山 長光寺」と号する曹洞宗の寺院です。

縁起はホームページによると
『曹洞宗長光寺は山号を玉寶山と称し、文禄三年(1594年)に甲州武田家の遺臣(法名 直心軒祖道円成居士)により、天正十年の織田信長との合戦によって滅亡した武田家の菩提を弔うために建立されました。本尊は釈迦如来、開山は得州全可大和尚とされていますが、実際の開山は二世の海翁寒刹大和尚です。寺の開山を自分の功績にせず、師匠に譲った勝蹟によります。以後、何度か災禍に遭い建物は消失しながらも四百年連綿として続き、平成13年近代建築にて復興され今日に至ります』
なのだそうです。

【長光寺】
1DSCF3691_convert_20120608221607.jpg

【新宿しあわせ薬師如来】
ホームページによると
『江戸時代、現在の歌舞伎町に大名屋敷を構えた久世三四郎は幕府鉄砲百人組の頭を拝し、与力同心の屋敷を建てて百人町を開きました。ある夜、久世家に古くより伝わっていた弘法大師作の薬師如来が枕辺に顕れ、「ぜひ一宇を建てて前の長光寺の寺域に移してほしい。そうすれば我はその地に永くとどまりて衆生に幸福を授くべし。」と告げられました。この霊夢ののち、薬師堂が建てられ近郊の善男善女が参拝し祈願するようになりました。明治、大正時代には屋台もでて多くのお参りがありましたが、先の大戦でお堂は焼失。かろうじて疎開してあった尊像は、本堂建設に併せて薬師堂「新宿しあわせ薬師」を信者の喜捨で建立されました』
なのだそうです。
2DSCF3688_convert_20120608221126.jpg

【薬師如来縁起】
3DSCF3689_convert_20120608221310.jpg

【鉄砲組百人隊】
ホームページによると
『天文十二年、種子島においてわが国に鉄砲が伝来したことは有名です。以後、各地の戦いに使われるようになり、江戸に幕府を開いた徳川家康は江戸城の近くに駐屯させ、この将軍警護のための鉄砲隊を「百人組」といいました。その宿営地が百人町という名の由来になっています。鉄砲組百人隊の子孫は現在でも長光寺の檀信徒として、祖霊の地を守っています。また昭和三十六年(1961年)、江戸幕府鉄砲組百人隊保存会により、江戸時代に行われていた「鉄砲組百人隊出陣の儀」が復活し、以来、隔年9月に開催される皆中稲荷神社の例大祭にあわせて執り行われています。出陣の儀を終え皆中稲荷神社を出発した鉄砲組百人隊の行列は、法螺貝の音とともに百人町を練り歩き、数箇所で実際に火薬を使い火縄銃の試射を行います。すさまじい轟音が辺りに響き渡る迫力満点のこの行事は、現在新宿区無形民俗文化財に登録されています。長光寺に到着した行列は、鉄砲組百人隊の祖霊に黙祷を捧げた後、長光寺敷地内にて火縄銃の試射を行います』
なのだそうです。
4DSCF3693_convert_20120608221841.jpg

【島崎藤村ゆかりの寺】
ホームページによると
『島崎藤村が小諸から再び東京に出てきて、西大久保に住んだのは明治38年5月1日からでした。長光寺檀家である坂本家の敷地内の借家に居をかまえて本格的な執筆活動に入るためのものでした。上京した藤村は武蔵野の面影の残る、檪木立ちの多いこの地域が気に入っていたようです。一家妻子4人と共に移ったときは、新築のためまだ壁土も乾いていなかったといいます。その借家は通りに向かって玄関があり4間からの平屋で、奥の6畳が藤村の書斎でした。34歳の藤村は日夜文学の鬼となって『破戒』のペンを執り続け、一家の生活の悲惨を省みる暇がありませんでした。大家の坂本家では、藤村の子供が病気がちで、生活も苦しい様子なので、漬物を分けてあげたり、その他いろいろと食べ物の世話をしたようです。間も無く藤村を悲運が見舞います。5月6日に三女縫を急性髄膜炎で、翌年4月7日に二女孝を急性消化不良で、6月12日に長女緑を結核性脳膜炎で相次いで失いました。その後、浅草に転居してからも妻の冬が脚気で死去。いずれも大家の坂本家の好意によって長光寺に葬られています』
なのだそうです。
5DSCF3690_convert_20120608221436.jpg

住所:東京都新宿区百人町1-5-2
電話:03-3209-5360
ホームページ:http://www.chokoji.net/
2012年6月8日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR