藤久保の浅間神社 @埼玉県入間郡三芳町

2012年8月5日(日)
ランチで珍来飯店三芳店に行ったついでに、三芳町藤久保にある浅間神社(せんげんじんじゃ)に寄って来ました。
住宅街の中に、こじんまりと祀られていました。

当社は東乗院の先達(修験者)が秩父から藤久保に移り住んだ際に勧進したものと伝えられています。
浅間信仰は富士山を対象とする信仰で、富士山に見立てた高塚の頂きに祀られることが多く、当社もかつては15mもの高塚に祀られ、塚や周辺には樹木が生い茂り、また塚下の崖からは権平川の水源となる湧水が流れ出ていたそうです。

現在は住宅地になっており、高塚があったことや樹木が生い茂っていた面影はないです。

【鳥居】
1DSCF6089_convert_20121007204825.jpg

【手水舎】
2DSCF6090_convert_20121007204930.jpg

【浅間神社】
3DSCF6092_convert_20121007205044.jpg

『そば・うどんの「かどや」の傍、この写真で言うと「かどや」の先の道を左折すると正面に見えます』
4DSCF6087_convert_20121007204544.jpg
5DSCF6088_convert_20121007204717.jpg

所在地:埼玉県入間郡三芳町藤久保89-26付近
2012年10月8日投稿

竹間沢こぶしの里/古井戸山の石仏/鎌倉街道 @埼玉県入間郡三芳町

2012年5月19日(土)
竹間沢こぶしの里に行ってきました。
こちらには昨年6月に蛍(竹間沢こぶしの里のほたる)を鑑賞に来たのですが、昼間に散策したことがありませんでした。
蛍は6月上旬から中旬が見頃となり、一見の価値ありだと思います。

竹間沢こぶしの里は傾斜林と湧水などの自然を生かした公園で、こぶしの里と鎌倉街道は「三芳町みどりの景観八景」に選ばれているそうです。

『水路沿いの遊歩道を進んで行きます。この水は湧水です』
1DSCF3945_convert_20120622194847.jpg

『エゴノキの花が咲いていました』
2DSCF3946_convert_20120622195442.jpg
3DSCF3948_convert_20120622195733.jpg

【こぶしの里入口】
『こぶしの里と言うぐらいですから、こぶしが咲くのでしょうね。たぶんベンチの側の木がこぶしだと思います。3~4月に来てみて、咲いているところを見ないと断言できませんが・・・』
4DSCF3949_convert_20120622195932.jpg
5DSCF3984_convert_20120622224509.jpg

『奥から湧水が流れ出てきています』
6DSCF3950_convert_20120622200358.jpg

『少し奥に入ると湧水の池、東屋がありました』
7DSCF3952_convert_20120622200643.jpg

『鯉がいました』
8DSCF3983_convert_20120622224257.jpg

【湧水の説明板】
9DSCF3957_convert_20120622200921.jpg

『東屋の奥に崖上から湧水が流れてきていました』
10DSCF3958_convert_20120622202148.jpg

『一番奥です。この柵の向こう側にたくさんの蛍が飛びます』
11DSCF3959_convert_20120622221320.jpg

『東屋の右奥に崖上に繋がる道がありました。上って行くと・・・』
12DSCF3960_convert_20120622221445.jpg

『古井戸山の石仏(古井戸地蔵・馬頭観音)がありました』
13DSCF3963_convert_20120622221611.jpg

【古井戸山の石仏(古井戸地蔵・馬頭観音)】
14DSCF3966_convert_20120622222338.jpg

【古井戸地蔵】
15DSCF3968_convert_20120622222502.jpg

【馬頭観音】
16DSCF3965_convert_20120622222205.jpg

【古井戸山の石仏説明板】
17DSCF3964_convert_20120622222042.jpg

『目の前には麦畑が広がっています^^』
18DSCF3976_convert_20120622223359.jpg
19DSCF3977_convert_20120622223522.jpg

『石仏の前の道は鎌倉街道です』
20DSCF3969_convert_20120622222629.jpg

『進んでいくと・・・』
21DSCF3974_convert_20120622223041.jpg

『案内標識がありました。こぶしの里と鎌倉街道は「三芳町みどりの景観八景」に選ばれているそうです』
22DSCF3970_convert_20120622222810.jpg
23DSCF3973_convert_20120622222919.jpg

『写真左の森に入る道が鎌倉街道のようです。入ってみます』
24DSCF3978_convert_20120622223713.jpg

【ふるさとの森】
25DSCF3982_convert_20120622224129.jpg

『50m位で公道に繋がりました』
26DSCF3979_convert_20120622223848.jpg
27DSCF3980_convert_20120622224007.jpg

【こぶしの里周辺案内図】
28DSCF3975_convert_20120622223237.jpg

所在地:埼玉県入間郡三芳町竹間沢1081-1
電話:049-258-6655(三芳町立歴史民俗資料館)
2012年6月23日投稿

多福寺の穀倉 @埼玉県入間郡三芳町

2011年12月17日(土)
旧田中家穀倉の見学を終え、多福寺の穀倉(たふくじのこくぐら)にやって来ました。

12月4日(日)多福寺の見学に来た時、丁度この穀倉の周辺を工事していたため、立ち入り禁止なっており見学することができなかったので今日はリベンジです。もう2週間経過しているので工事が終わってくれていることを願いやって来たところ、工事は終了していました。よかった~^^

穀倉は本堂の右裏にあります。

この穀倉は、多福寺に残る「乙号寺籍台帳」に物置小屋と記載されたものに相当すると考えられ、江戸時代後期の天保十年(1839年)の建築と推定されるそうです。間口三間半・奥行一間半を計り、内部は穀物を貯蔵する部分と家財等の物資を収納する部分に分けられています。この倉と同様の板倉は、かつて三富周辺にも幾つか存在していたようですが、現在では中富に一基(所沢市指定)、多聞院に一基、所沢市安松に一基存在しているのみのようです。

なお、この穀倉は三芳町の文化財に指定されています。

『旧田中家穀倉から多福寺の穀倉に向かい、多聞院前入口交差点から多聞院前交差点に向かう道を北上していて、何気に西の方を見たら、おー!!綺麗に富士山が見えました^^ 地元で富士山を眺めたのはすごい久しぶりな気がします。冬は雲が少ないので遠くまで見渡しやすくていいですね』
DSCF0848_convert_20120212163539.jpg
DSCF0850_convert_20120212163635.jpg

【多福寺の穀倉】三芳町指定文化財
DSCF0851_convert_20120212163816.jpg
DSCF0853_convert_20120212164040.jpg
DSCF0852_convert_20120212163923.jpg

所在地:埼玉県入間郡三芳町上富1542 多福寺境内
2012年2月14日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
埼玉県志木市在住の4人家族のアラフォーパパです。
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。秋田ネタ9.5割、埼玉ネタ0.5割になると思います。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR