FC2ブログ

酒麺亭 潤 燕総本店 @新潟県燕市

2017年1月4日(水)
《潤 中華そば大盛》
本成寺の見学を終え、ランチの為、酒麺亭潤燕総本店にやって来ました。

燕市と三条市には燕三条系背脂ラーメンと呼ばれるご当地ラーメンがあることを知り、ネットで評判が良かった当店にしました。

背脂ラーメンは高度成長期、金属洋食器製造で忙しい工場からの出前注文が殺到したことから誕生したそうです。
麺は出前でものびにくいよう極太に改良、汗をかいて働く職人に合わせ魚介類の出汁が効いた醤油味の濃いスープにし、豚の背脂のまろやかな旨みをプラスしました。背脂によってスープが冷めにくくなり、職人たちを喜ばせたそうです。

実は背脂はあまり好きではないんです。
でも、せっかく燕三条に立ち寄ったので、実際に食べてみて僕の好みに合うか判断することにしました。
結論から申し上げますと、やっぱり僕には背脂は合いませんでしたwww
でも、背脂からでる甘みが溶け込んだスープを、背脂が入らないように上手にレンゲですくって飲むと美味しいです(^-^)
油料理は好きですし、むしろたっぷり使った方が美味しくなると、自炊をするようになって感じています。背脂が苦手な理由は脂の塊のねっとりとした舌触りです。

中華そば(700円)を大盛(100円)で注文しました。

【中華そば大盛】
『具材はチャーシュー、玉ねぎのみじん切り、岩のりです。チャーシューは柔らかく、シャリシャリとした食感の玉ねぎから甘みがスープに溶け込み、岩のりの風味が一層スープの旨みを増しています。しかし、スープのベースである煮干しダシが薄いように感じました。秋田生活4年目(転勤がなければ、もうすぐ5年目)なので、東北地方の濃い味付け文化に慣れてしまったので、薄く感じたのかもしれません』
1DSC09005_convert_20200305013951.jpg

【麺】
『太麺で、もちもちしていて美味しいです( ^ω^ )脂で熱を封じ込めていた表面を崩し麺を持ち上げたら、濛々と湯気が立ち上り、カメラのレンズが曇りました』
2DSC09006_convert_20200305014020.jpg

【外観】
3DSC09007_convert_20200305014047.jpg

【メニュー】
4DSC09004_convert_20200305013759.jpg

5DSC09004_convert_20200305013856.jpg

勝手に評価:★★★☆☆

住所:新潟県燕市小牧464-12
電話:0256-66-3685
ホームページ:http://www.ramenjun.co.jp/shop/
2020年3月5日投稿

サーモンハウス はらこ茶屋 @新潟県村上市

2016年2月21日(日)
《はらこ茶屋 鮭とろ丼》
見附市大凧伝承館の見学を終え、一気に村上市に移動し村上市鮭公園(サーモンパーク)に隣接するイヨボヤ会館、サーモンハウスにやって来ました。
お昼時だったので、見学の前にサーモンハウス2階にあるはらこ茶屋でランチにすることにしました。

鮭は村上市の名産品です。
ということで、鮭とろ丼(1190円)を注文しました。

【村上市鮭公園】
『建物の奥が公園になっています』
1DSC05182_convert_20190429155623.jpg

【サーモンハウス】
『1階が村上市特産品の売店、2階がはらこ茶屋です。2階に鮭が吊るされています。塩引鮭の乾燥中?それとも飾りの模型?遠目では分かりません』
2DSC05192_convert_20190429155910.jpg

【鮭とろ丼】
『サラダ、味噌汁、小鉢、漬物が付きます』
3DSC05185_convert_20190429155749.jpg

『程よい脂の甘みがあり美味しいのですが、もう少し鮭の量が多いと嬉しいです』
4DSC05186_convert_20190429155758.jpg

【店内の様子】
『駐車場が閑散としていたので、客は少ないかなと想像しながら入店したら、賑わっていたのでちょっとびっくりでした』
5DSC05187_convert_20190429155808.jpg

【メニュー】一部
6DSC05183_convert_20190429155703.jpg

7DSC05184_convert_20190429155732.jpg

『有名人がたくさん来ているみたいです』
8DSC05188_convert_20190429155821.jpg

【1階売店】
9DSC05189_convert_20190429155840.jpg

【塩引鮭】
『村上地方に伝わる伝統的な製法で、鮮度の良い雄鮭の内臓を取り除き、数日間塩漬けした後、塩抜きし、数日間乾燥して完成するそうです。手間がかかるのでそれなりに値段も高いです』
10DSC05190_convert_20190429155851.jpg

【鮭の酒びたし】
『塩引鮭を自然の風で1年かけて熟成させ、薄くスライスしたものです。食べる前にお酒をかけて食べる風習からこの名前が付いたそうです。説明を読む前は鮭をお酒に漬け込んだものだと思っていました』
11DSC05191_convert_20190429155900.jpg

【鮭の焼きつけ】
『購入しました。焼いた鮭をみりんや酒、ダシで作った醤油だれに漬けて一晩寝かせたものです』
12DSC05249_convert_20190429160549.jpg

勝手に評価
鮭とろ丼:★★★☆☆
鮭の焼きつけ:★★★★☆

住所:新潟県村上市塩町13-34
電話:0254-52-1990
ホームページ:https://www.murakami-salmon.com/
2019年5月2日投稿

道の駅豊栄 @新潟県新潟市

2016年1月4日(月)
《道の駅豊栄食堂 かつ丼》
萬代橋の見学を終え、道の駅豊栄(とよさか)でランチにすることにしました。

かつ丼(520円)を注文しました。
新潟県でかつ丼といえば新潟B級グルメとして有名なタレかつ丼です。

【かつ丼】
『醤油をベースに出汁やみりん、砂糖などを加えたタレがかかっています。甘辛くて御飯が進みます(^^)こちらの店の豚肉は、ヒレカツサイズの薄い肉が何枚ものっているタイプではなく、大きな一枚のカツでした。値段が値段なのでお世辞にも豚肉自体が美味しいとは言い難いですが、タレが美味しいので、それでカバーしている感じです』
1DSC04825_convert_20190326002012.jpg

【道の駅豊栄】
2DSC04826_convert_20190326002020.jpg

『道の駅発祥の地なのだそうです。諸説あるようですが・・・』
3DSC04829_convert_20190326002049.jpg

【道の駅説明】
4DSC04828_convert_20190326002038.jpg

【案内板】
5DSC04827_convert_20190326002030.jpg

勝手に評価:★★★☆☆

住所:新潟県新潟市北区木崎3644-乙
電話:025-388-2700
2019年3月30日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR