fc2ブログ

道の駅南魚沼《雪あかり》 @新潟県南魚沼市

2017年12月29日(金)
宝徳山稲荷大社の見学を終え、国道17号線を東京方面に向け南下していると、道の駅南魚沼《雪あかり》があったので休憩することにしました。

食事処や農産物・特産品の直売所、今泉記念館、憩いの広場などがあります。

時間はかかるものの敢えて高速道路に乗らない理由は高速料金代を節約するためということもあるのですが、もう一つの理由は思いがけない観光スポットに出くわしたり、最近の道の駅はいろいろと趣向を凝らしていて面白いので、あったらぶらりと立ち寄りたいからです(^^)

【看板】
『結構、雪が降って来ました』
DSCN0366_convert_20201129153215.jpg

【四季味わい館】
『農産物・特産品の直売所です。毎朝地元農家が届ける新鮮な野菜が並びます。この建物の奥に今泉記念館があったらしいのですが、吹雪いていてかなり寒かったので敷地内を散策する気になれず見逃しました。当館の左にたっぽ家という食事処があり、南魚沼産のコシヒカリが食べられるそうです』
DSCN0367_convert_20201129153244.jpg

【店内の様子】
『さすが米どころ!お煎餅が安いです』
DSCN0368_convert_20201129153258.jpg

『家族へのお土産と自分用にわれせん(300円)を購入しました。煎餅好きなので嬉しい(^^)』
DSCN0369_convert_20201129153328.jpg

住所:新潟県南魚沼市下一日市855
電話:025ー783ー4500
ホームページ:http://www.michinoeki-minamiuonuma.jp/
2020年12月2日投稿

宝徳山稲荷大社 @新潟県長岡市

2017年12月29日(金)
越後長岡 小嶋屋 殿町本店でランチを終え、宝徳山稲荷大社にやって来ました。

ホームページによると、当社の由緒は

 古記録によると、殷帝大王の命により、物部美万玉女命が瓊名(ぬな)の里に日の宮のみやしろ(現奥の宮)を建立した時より、連綿として今に至ると言われております。
 瓊名の里はその後、朝日長者ヶ原、太田乃庄と呼び名が変わり、現在は越路原となっております。
 持統天皇の御代、久辰稲輿玉女命は、奉幣使が来越した折りに、日の宮の改築を請願し、勅許を得て社殿を造営しました。
 これにより越国五十六座の第一等社として「越国総鎮守一ノ宮」の格式を賜りました。
 後白河天皇の御代、大地動があり、世相が騒然となったことから、神座の安泰を祈念せよとのご神託を受け、日の宮を中之岳へ遷宮、文政年間、再び神勅を仰ぎ現奥宮に遷座致しました。
 その後、昭和28年に奥宮より神明山(現中の宮)に遷座し、昭和49年に内宮殿が、昭和54年に本宮殿が建立され、平成5年には、朱塗りの奥宮大聖堂が完成し、今日に至るまで、越国を始め全国各地の信者・崇敬者から多大なる信奉を受ける、一大信仰の殿堂として鎮座しております。

なのだそうです。

『案内板に沿って進みます』
1DSCN0364_convert_20201128223221.jpg

『本宮・内宮方面に向かいます。上に見える建物は一之宮です』
2DSCN0363_convert_20201128223202.jpg

【境内案内図】
『広い境内です。内宮と本宮、離れたところに奥宮があります』
3DSCN0338_convert_20201128222702.jpg

【内宮】
『まずは内宮から参拝します。左の建物が内宮本殿です。今見えている部分は内宮本殿の一番奥の部分です。右に見える鳥居から入り、参道を奥に進むと内宮本殿入口にたどり着きます』
4DSCN0339_convert_20201128222715.jpg

【内宮本殿】
『大きいです』
5DSCN0341_convert_20201128222754.jpg

【鳥居】
『全てがビッグサイズですwww』
6DSCN0340_convert_20201128222730.jpg

【大門】
『鳥居と大門をくぐり参道を奥に進みます』
7DSCN0342_convert_20201128222806.jpg

『車祓いが執り行われていました』
8DSCN0343_convert_20201128222816.jpg

『ここで左に曲がります』
9DSCN0344_convert_20201128222833.jpg

『30~40m進むと内宮本殿の入口があります』
10DSCN0345_convert_20201128222858.jpg

【内宮本殿入口】
11DSCN0346_convert_20201128222914.jpg

【本宮】
『続いて本宮を参拝します』
12DSCN0350_convert_20201128222929.jpg

【本宮本殿・上之宮】
『本宮本殿の見えている部分は一番の奥の部分です。内宮も本宮も、本殿の背後から参道に入り、ぐるりと回り道をして参道の一番奥にある本殿入口から入るという構造は初めての体験です』
13DSCN0352_convert_20201128222952.jpg

『左が本宮本殿、右が上之宮です。内宮本殿より更に大きいです。僕が今までに参拝した神社の中では最大です。由緒ある参拝者が多い神社では幅と奥行きが広い社殿を見かけますが、高さがある社殿は珍しいのではないでしょうか。今日の参拝は初めて尽くしですwww』
14DSCN0362_convert_20201128223148.jpg

【上之宮】
『5階建てです』
15DSCN0353_convert_20201128223010.jpg

『あらっ!本宮は冬期間は参拝できません。残念(´・_・`)』
16DSCN0354_convert_20201128223037.jpg

『でも、行けるところまで行ってみることにしました』
17DSCN0355_convert_20201128223056.jpg

【手水舎】
18DSCN0358_convert_20201128223118.jpg

『鳥居の奥の左の建物が本宮本殿の入口です。当然ですが扉は閉まっています。右の建物はローソク殿です』
DSCN0359_convert_20201129160419.jpg

『スケールが大きい神社でした。晴れていたら青空に朱色が映えることでしょう』
19DSCN0360_convert_20201128223133.jpg

住所:新潟県長岡市飯塚870
電話:0258-92-3341
ホームページ:https://www.houtoku.or.jp/
2020年12月1日投稿

道の駅朝日《まほろば》(朝日みどりの里) @新潟県村上市

2017年1月4日(水)
《みどりの里食堂 朝日豚ロースたれカツ丼》
千年鮭 きっかわで買い物を終え、秋田に向け北上し、道の駅朝日《まほろば》(朝日みどりの里)で夕食にすることにしました。

朝日豚というのが気になり、朝日豚ロースたれカツ丼(1030円)にしました。

朝日豚は、村上市に合併する前の朝日村の時代から当地区で生産されていたブランド豚で、キメ細かな肉質と豚肉特有の臭みがないのが特徴なのだそうです。

【朝日豚ロースたれカツ丼】
1DSC09100_convert_20200308004422.jpg

『カツをタレにくぐらしています。揚げ色がきれいです』
2DSC09101_convert_20200308004514.jpg

『脂身があっさりしていて甘く、くどくないのが良いです。程よい歯応えがあるので、噛むほどに肉の旨みを感じることができ、ジューシーで美味しいです((⊂(^ω^)⊃))』
3DSC09102_convert_20200308004609.jpg

【外観】
4DSC09103_convert_20200308004644.jpg

【店内の様子】
『時刻は17時半。先客は出ていき僕一人になりました』
5DSC09097_convert_20200308004157.jpg

【メニュー】
『村上牛も特産品のようなのですが、牛丼で1240円はさすがに躊躇しました。もちろんチェーン店とは違う味わいなのでしょうけれども・・・』
6DSC09098_convert_20200308004240.jpg

7DSC09099_convert_20200308004308.jpg

勝手に評価:★★★★☆

2020年3月10日投稿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2015年8月9日(日)
道の駅あつみ《しゃりん》を出発し、再び国道7号線を南下し新潟県村上市に入りました。
村上市の日本海東北自動車道朝日まほろばICから高速道路に乗ります。
ここからは北陸自動車道、関越自動車道とつながります。

余談ですが・・・

日本海東北自動車道は完成すると新潟市から秋田市まで日本海側を結ぶ高速道路になりますが、現在は断続的に開通しているため、秋田市からだと高速道路に乗っては降りて、一般道を走って、また乗っては降りて、一般道を走ってを2回繰り返し、ようやく朝日まほろばICから他の高速道路にちゃんとつながります【投稿日現在】
未開通区間の距離がまだ結構あるので、全区間開通までにはまだまだ年数がかかりそうですが、開通すれば近畿圏、中京圏との最短ルートになるので、東北復興のためにも一日でも早く完成してほしいと切に願います。

閑話休題。

という事で、高速道路に乗る前に、朝日まほろばIC傍の道の駅朝日《まほろば》(朝日みどりの里)で休憩することにしました。

朝日みどりの里は、村上市朝日地区の観光拠点として誕生しました。
特産品を展示・販売する「物産会館」や奥三面の民家をそのままの形で移築した「またぎの家」、日本の郷土玩具を収蔵した「日本玩具歴史館」、郷土料理が楽しめる「食堂」、温泉「まほろばふれあいセンター」、温泉を活用しプールや様々な浴槽のある健康増進施設「朝日きれい館」、コテージタイプの「休養施設(宿泊)」などが揃っています。

『村上市に入り5km程進むと、国道7号線は海岸線から離れ内陸部に入って行きます。海岸線を進み観光名所「笹川流れ」を見るルートもありますが、ちょいちょいと寄り道をしていたら、想定以上に移動時間がかかっていたので、次回の帰省時の楽しみにすることにしました』
1DSC03353_convert_20181106003247.jpg

【道の駅朝日《まほろば》(朝日みどりの里)】
2DSC03355_convert_20181106003339.jpg

【看板】
3DSC03356_convert_20181106003348.jpg

【物産会館】
4DSC03357_convert_20181106003407.jpg

【農作物直売所・日本玩具歴史館】
5DSC03358_convert_20181106003438.jpg

【みどりの里食堂】
6DSC03360_convert_20181106003503.jpg

【物産館内の様子】
7DSC03361_convert_20181106003520.jpg

『ロックで飲んだら美味しいと店員さんに勧められ、みどりの里オリジナル日本酒「越後雪紅梅」(1458円)を購入しました。オリジナルとか限定とか言われるとついつい買いたくなりますよね。まんまとお店の戦略にはまりましたwww製造元は長岡市の長谷川酒造です』
8DSC03362_convert_20181106003608.jpg

『原酒なのでアルコール度数20%です。一般的な15%前後より度数が高いので、口当たりが柔らかく、さらりとしている日本酒が好きな僕にとっては、ロックで飲んでもアルコール度数を強く感じました。好みの違いなので仕方ないですねw』
9DSC03387_convert_20181106004556.jpg

『柿の種の元祖と言えば、新潟県長岡市にある浪花屋製菓です。家族にはオーソドックスな柿の種をお土産にしましたが、自分用に大辛口柿の種(324円)を購入。大辛口とはいえ一度に大量に食べなければ、少し舌が痺れるくらいの辛さなので、辛さに強くない僕でも、ビールのつまみに最高でした.゚+.(・∀・)゚+.』
10DSC03363_convert_20181106003634.jpg

住所:新潟県村上市猿沢1215
電話:0254-72-1551
ホームページ:http://www.asahimidori.com/
2018年11月10日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR