常泉寺/芹田高磯の稲荷神社 @秋田県にかほ市

2015年4月4日(土)
高昌寺の見学を終え、常泉寺、芹田高磯の稲荷神社にやって来ました。

常泉寺は正式には「藤井山 常泉寺」と号する曹洞宗の寺院です。
禅林寺11世光山泉葩大和尚が永禄3年(1560年)に開山しました。

稲荷神社の由緒は、秋田県神社庁のホームページによると、

 小笠原大和守由利十二頭の旗頭として足利将軍の命を奉じ信州より応仁元年旧9月12日下向当所浦浜に着船、同時に守護神稲荷大明神を古来より正教院(現稲本家)がこの地に奉斎していた七福神の神殿に鎮祭せられ爾後芹田村の鎮守として奉祀す。尚同日を以て例祭日と定めた。その後大和守は楯井地村の破却の城を修築し居城としていたが、翌年山根城へ転じて仁賀保領中を統治する。
 姓を仁賀保と改め当稲荷大明神に対する信心殊の外篤く鰐口の寄進あり、又兵庫守も前立白狐2疋鰐口等の寄進があって、仁賀保家歴代の祈願所となっている。
 このように、上は地頭より下は一般庶民に至る迄その利福に授からんとし遠近より参拝する者が多かった。
 慶応4年8月5日戊辰の役の兵火により社殿焼失翌明治2年再建、明治6年村社に列格。明治41年無格社神明社、無格社諏訪神社、無格社三嶽神社、稲荷神社境内社手置帆負神社を合祀す。昭和29年神庫新築、敷地は稲本増衛氏の寄贈宅地17坪1合2勺。

なのだそうです。

御祭神は、宇迦能御魂神、天照皇大神、健御名方命、伊邪那美命、手置帆負命です。

『常泉寺に到着です』
1DSCF9978_convert_20180212094200.jpg

【寺号標】
2DSCF9979_convert_20180212094207.jpg

【常泉寺参道】
3DSCF9980_convert_20180212094214.jpg

【六地蔵菩薩】
4DSCF9981_convert_20180212094220.jpg

【常泉寺本堂】
5DSCF9982_convert_20180212094227.jpg

【境内の様子】
6DSCF9983_convert_20180212094234.jpg

【稲荷神社社号標・鳥居】
『常泉寺から北方面へ50m程のところにあります』
7DSCF9985_convert_20180212094241.jpg

【由緒】
8DSCF9986_convert_20180212094247.jpg

【お狐さま】
9DSCF9988_convert_20180212094255.jpg

【稲荷神社社殿】
10DSCF9989_convert_20180212094301.jpg

【神石碑など】
11DSCF9990_convert_20180212094308.jpg

常泉寺
住所:秋田県にかほ市芹田高磯55
電話:0184-37-2244
芹田高磯の稲荷神社
住所:秋田県にかほ市芹田高磯63
電話:0184-22-6234
ホームページ:http://akita-jinjacho.sakura.ne.jp/tatsujin_etc/01_jinja/nikaho/03_inari_serita.html(秋田県神社庁)
2018年2月14日投稿

高昌寺 @秋田県にかほ市

2015年4月4日(土)
薬師神社の見学を終え、高昌寺(こうしょうじ)にやって来ました。

高昌寺は正式には「森嶽山 高昌寺」と号する曹洞宗の寺院です。

当寺に保存されている「高昌寺弁天丸」は、にかほ市指定有形民俗文化財になっています。

弁天丸の由来は

文政の頃のある年の八月八日の夜、三森の沖で救いをもとめる難破船の灯があった。この時、高昌寺の住職が恵比寿森に上って松明をふり、三森港の人たちが救助船を出して上陸させた。この難破船は佐竹藩の御用船であり、藩は救助のお礼にその難破船と同じ型の模型船を高昌寺に奉納した。高昌寺ではこの船を弁天丸と名づけるとともに、この日をぼくして八月八日を回船や漁船の海上安全を祈願する祭日にしたと伝えている。

なのだそうです。

【寺号標】
1DSCF9977_convert_20180211220318.jpg

【本堂】
2DSCF9968_convert_20180211220200.jpg

『お地蔵様がたくさんあります』
3DSCF9964_convert_20180211220102.jpg
4DSCF9965_convert_20180211220111.jpg

【水子地蔵尊】
5DSCF9966_convert_20180211220144.jpg
6DSCF9967_convert_20180211220152.jpg

『戊辰の役雲州松江藩兵士北川又太良の墓があります』
7DSCF9970_convert_20180211220219.jpg
8DSCF9971_convert_20180211220228.jpg

『北川又太良の墓の奥に恵比須神社があります』
9DSCF9972_convert_20180211220244.jpg

【恵比須神社】
10DSCF9973_convert_20180211220252.jpg
11DSCF9974_convert_20180211220301.jpg

『鳥海山が綺麗に見えます』
12DSCF9975_convert_20180211220309.jpg

住所:秋田県にかほ市三森浜田18
電話:0184-37-2001
2018年2月13日投稿

薬師神社 @秋田県にかほ市

2015年4月4日(土)
大日神社の見学を終え、薬師神社にやって来ました。

秋田県神社庁のホームページによると、由緒は

 社記によれば天長9年壬子円仁この郷を開創し、御神像を安置、霊験あらたかにして遠近崇敬者多く霊泉(温泉)湧出し、衆生病苦を救い給う。然しながら幾度の地震により変化す。今その所在を知る者はなく、僅かに字午浜、湯の尻堰という名が残っているだけである。
 元禄2年9月8日本殿改築、明治6年村社に列せらる。明治7年8月21日本殿改築、明治32年拝殿新築、明治41年10月15日村社神明社に同境内社久斯神社、字浜田無格社古四王神社同境内社金刀比羅神社、稲荷神社、字高寺無格社受持神社(鍔田神社)字高寺無格社厳島神社を合祀す。明治42年3月15日神饌幣帛料供進神社に指定せらる。昭和3年11月20日秋田県指令兵第1398号を以て村社神明社を村社薬師神社と改称す。昭和29年拝殿増築屋根瓦葺に模様替工事竣工す。

なのだそうです。

御祭神は、大己貴神、少彦名神、天照皇大神、甕速日神、饒速日神、経津主神、武甕槌神、市杵島姫神、保食神、崇神天皇、倉稲魂神です。

『薬師神社に到着です』
1DSCF9959_convert_20180211210653.jpg

【鳥居・社号標】
2DSCF9960_convert_20180211210708.jpg

【由緒】
3DSCF9961_convert_20180211210715.jpg

【狛犬】
4DSCF9962_convert_20180211210723.jpg

【社殿】
5DSCF9963_convert_20180211210734.jpg

住所:秋田県にかほ市三森御堂森1
電話:0184-22-6234
ホームページ:
http://akita-jinjacho.sakura.ne.jp/tatsujin_etc/kennsaku/nikaho/50_yakushi.html(秋田県神社庁)
2018年2月12日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR