FC2ブログ

TDK歴史みらい館 @秋田県にかほ市

2017年5月3日(水)
にかほ市観光拠点センターにかほっとで休憩を終え、TDK歴史みらい館にやって来ました。
2年程前に来た平沢八幡神社建武碑/方角石の間にあります。

前回来た時はリニューアル工事中でした。
2016年10月にリニューアルオープンした事を知り、立ち寄りました。

ホームページによると

 TDKは1935年(昭和10年)12月7日、秋田県由利郡平澤町(現にかほ市)の齋藤憲三によって、日本で発明された磁性材料フェライトの工業化を目的として創立されました。創業期より秋田県内に多くの生産拠点を構え、現在ではグローバルに事業展開を行い世界約30カ国に、約100カ所の生産拠点、グループ会社を有しております。
 TDK歴史みらい館は、2005年(平成17年)に創業70周年記念事業として、TDKのあゆみをモノづくりの歴史から紹介する「TDK歴史館」として建設されたものです。そして80周年を期に、全面リニューアルを行い「TDK歴史みらい館(英文名称:TDK Museum)」として生まれ変わりました。
 TDKの製品・技術がどのように社会の進化にお役にたってきたのか、さらにこれから訪れる未来社会に対してどのように関わり進化していくのかを、フェライトから始まるTDKの強みである「磁性」を主軸に、映像や体感デモを通して、わかりやすく楽しく体感していただけるものになっております。

なのだそうです。

にかほ市、由利本荘市にTDKの工場が多いなとは思っていたのですが、創業者がにかほ市出身だからだったんですね。

【案内板】
1DSC00607_convert_20200527225702.jpg

【TDK歴史みらい館】
2DSC00609_convert_20200527225729.jpg

【歴史ゾーン】
『カセットテープ、VHSビデオテープ、MDなど懐かしいです』
3DSC00610_convert_20200527225756.jpg

『カセットテープが誕生する前はこんなに大きいプレーヤーだったんですもんね。更に進んで今やデジタルの時代ですから、技術革新のスピードを物凄く早く感じます』
4DSC00611_convert_20200527225832.jpg

『ブラウン管テレビ、でっかいPC、ウォークマン、ビデオデッキなど全部捨ててしまって家に残っている製品は一つもありません』
5DSC00613_convert_20200527225913.jpg

『僕が社会人になった頃に、携帯電話が一般に普及し始めました。当時J-PHONEで契約し、今もそのままなので現在はSoftBankです。今の若い人たちはJ-PHONE⇒ボーダフォン⇒SoftBankの流れなんて知らないでしょうねwww』
6DSC00614_convert_20200527225942.jpg

『そういえば、VHS対ベータのビデオ戦争なんてのもありましたね。父が松下幸之助を尊敬していたので我が家は最初からVHS派でした』
7DSC00615_convert_20200527225957.jpg

『ファミコンだ!ゴルフだ!現代のゲームとは比べものにならないくらい超シンプルですが、当時は夢中になって遊んでました(*’U`*)』
8DSC00617_convert_20200527230009.jpg

『2000年代に入ってくると、なんとなく最近の感じがします』
9DSC00618_convert_20200527230024.jpg

『20年位前だとノートPCは、まだこんなにぶ厚かったんですよね。これに似たタイプのPCを会社から貸与された記憶があります』
10DSC00619_convert_20200527230040.jpg

【みらいゾーン】
『ドライブが好きなので、車がどんな進化をしていくか楽しみです^^』
11DSC00620_convert_20200527230054.jpg

【エレクトロニクス/スピントロニクス】
『電磁誘導の原理から、スピンという電子の特性を利用した最先端のエレクトロニクス技術である「スピントロニクス」までを体験学習できます』
12DSC00621_convert_20200527230109.jpg

【スマートハウス】
『身の回りのあらゆるものがIoTでつながり、AIを活用してより便利で健康的になる近未来。その実現に不可欠な「センシング技術」と「高速無線通信技術」を体験できます』
13DSC00622_convert_20200527230130.jpg

【フューチャータウン2035】
『再生可能なクリーンエネルギーが供給され、非接触給電システムが構築された街。街中では、自動運転のコミューターが人々の足となり、高速道路ではより便利になったパーソナルコミューターが自動運転で走っています。また、IoTで街と家と自分のすべてがつながった快適な未来社会をジオラマとCG映像で表現しています』
14DSC00625_convert_20200527230148.jpg

【インタラクティブ マグネティックフィールド シアター by チームラボ】
『現在、日本だけでなく世界で活躍中のウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」とコラボした体験型シアター。最新のデジタル技術で、TDKの強みである“磁性”を、宇宙・地球・電子という3つのモードでそれぞれアーティスティックに表現し、触れると様々に変化するインタラクションが楽しめます。特に電子モードは、エレクトロニクスとスピントロニクスの2モード構成になっており、電子の動き方を、学術的に正しく表現しています』
15DSC00635_convert_20200527230355.jpg

16DSC00627_convert_20200527230202.jpg

17DSC00628_convert_20200527230229.jpg

18DSC00630_convert_20200527230248.jpg

19DSC00633_convert_20200527230322.jpg

20DSC00634_convert_20200527230338.jpg

【磁性オブジェ】
『白い球が浮いています。磁性技術をシンボル化したオブジェです。非接触給電、磁石、フェライト、電源、SESUBなどのTDKオリジナル技術を活用しています』
21DSC00639_convert_20200527230408.jpg

『ビデオ解説を見ると、送電コイルから非接触で白い球に給電して・・・』
22DSC00641_convert_20200527230424.jpg

『白い球から下の電磁石に電気が流れ、白い球が磁気浮上するということですかね?』
23DSC00642_convert_20200527230436.jpg

住所:秋田県にかほ市平沢字画書面15
電話:0184-35-6580
開館時間:午前10時~午後6時(最終入館時間午後5時30分)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)・当館の定める日
入館料:無料
ホームページ:https://www.jp.tdk.com/museum/
2020年5月29日投稿

にかほ市観光拠点センター にかほっと @秋田県にかほ市

2017年5月3日(水)
鳥海ブルーライン雪の回廊/鉾立展望台の見学を終え、道の駅象潟《ねむの丘》にある、にかほ市観光拠点センターにかほっとにやって来ました。

2016年4月9日、道の駅象潟「ねむの丘」に隣接してオープンしました。
農林水産物直売店や飲食店、秋田県をはじめ山形県庄内地域を含めた周辺の観光スポット情報を提供する観光案内所があります。

【道の駅象潟《ねむの丘》】
1DSC00591_convert_20200527091749.jpg

『天気が良いので、6階展望塔から鳥海山と象潟《九十九島》を見学するにしました。何度見てもこの景色は最高です.゚+.(・∀・)゚+.』
2DSC06585_convert_20200527092321.jpg

【にかほっと】
3DSC00596_convert_20200527091941.jpg

【フードコート】
『秋田杉を活かした温もりある木造建築です』
4DSC00597_convert_20200527091959.jpg

【らーめんみや蔵】
『時刻は15時。遅いランチにしました』
5DSC00603_convert_20200527092223.jpg

【メニュー】
『一番人気の魚だし中華(650円)の大盛(100円)を頂くことにしました』
6DSC00602_convert_20200527092125.jpg

【魚だし中華大盛】
『スープは醤油味で、煮干しダシがしっかり効いているので甘めに感じます。美味しいです(*^_^*)』
7DSC00599_convert_20200527092012.jpg

【麺】
『やや縮れのある中太麺でスープとの相性が良いです』
8DSC00600_convert_20200527092031.jpg

【農林水産物直売店】
9DSC00605_convert_20200527092239.jpg

【にかほ市観光協会観光案内所】
10DSC00595_convert_20200527091917.jpg

【フードコート】
11DSC00606_convert_20200527092303.jpg

【フットスパあしほっと】
『無料の足湯があります』
12DSC00593_convert_20200527091813.jpg

魚だし中華
勝手に評価:★★★★☆

住所:秋田県にかほ市象潟町字大塩越36-1
電話:0184-43-6608
ホームページ:http://nikaho.sun.bindcloud.jp/
2020年5月28日投稿

鳥海ブルーライン雪の回廊/鉾立展望台 @秋田県にかほ市

2017年5月3日(水)
役内川の桜並木の見学を終え、一気に100km程移動し、鳥海山にやって来ました。
除雪が終わり4月28日に鳥海ブルーラインが開通したので、5合目の鉾立まで車で上る事ができます。
5合目付近で雪の回廊が見られるとのことだったので行ってみました。

鳥海ブルーラインは、海抜0から一気に1,100mまで登る山岳道路です。この道路は日本海を望む国道7号線と秋田県にかほ市、山形県遊佐町とを結ぶ観光用バイパスとも言える一大迂回路となっており、広大な鳥海山麗の草原を左右に迂回しながら登ることができ、眼下には日本海の青い海と遠くに飛島、佐渡を眺め、はるかに男鹿半島、そして左右に庄内平野を望みその雄大な視界を楽しみつつ両県をつき抜ける快適なドライブコース(総延長 34.9km)となっています。

『108号線をひたすら走ります。鳥海山は見えていますが、ぐるりと迂回中です。目指す5合目まではあと1時間半くらいかかります』
1DSC06526_convert_20200526095050.jpg

『日本海東北自動車道(無料区間)で鳥海ブルーラインを目指します。もうすぐです』
2DSC06527_convert_20200526095115.jpg

『この雄大な鳥海山は何度見ても飽きません+゚。*(*´∀`*)*。゚+』
3DSC06530_convert_20200526095137.jpg

4DSC06531_convert_20200526095159.jpg

【鳥海ブルーライン】
『冬季はここから先が通行止めになります』
5DSC06532_convert_20200526095228.jpg

【霊峰神社跡】
『休憩です。説明は以前来た時の記事をご覧下さい⇒霊峰神社跡
6DSC06536_convert_20200526095250.jpg

『事前にネットで見た写真より、雪が少ないです。今年はあまり雪が降らなかったからかもしれません』
7DSC06537_convert_20200526095307.jpg

【鳥瞰嶺】
『標高817mです。「鳥海ブルーラインから見た日本海」は、新・秋田八景に選定されています』
8DSC06540_convert_20200526095329.jpg

『鉾立(5合目)まであと少しというところで、雪の回廊が見えてきました』
9DSC06544_convert_20200526095343.jpg

【雪の回廊】
10DSC06548_convert_20200526095403.jpg

『雪の回廊らしく、雪壁になっていたのはここだけでした』
11DSC06550_convert_20200526095420.jpg

『内陸部で雪が多い八幡平アスピーテライン雪の回廊八甲田雪の回廊と比べると規模が小さいのはやむを得ないですね』
12DSC06552_convert_20200526095436.jpg

『建物が見えるところが鉾立です』
13DSC06555_convert_20200526095457.jpg

【鳥海山山頂方面】
14DSC06558_convert_20200526095549.jpg

【日本海方面】
『遠くに男鹿半島が見えます』
15DSC06557_convert_20200526095529.jpg

鉾立
『鉾立は鳥海山5合目(標高1150m)にあり、鳥海山象潟口(鉾立)ルートの起点となっています。ビジターセンターや休憩施設稲倉山荘があり、紅葉の名所としても知られています』
16DSC06562_convert_20200526095833.jpg

【鉾立ビジターセンター・鉾立山荘】
『雪壁が建物より高いです』
17DSC06559_convert_20200526095605.jpg

【鉾立ビジターセンター】
『鳥海山の概要、成り立ち、地質、動植物などを映像やパネルで展示しています』
18DSC06584_convert_20200526100647.jpg

【鳥海山山頂方面】
『鉾立ビジターセンター、鉾立山荘の奥にある展望台からの眺めです』
19DSC06560_convert_20200526095730.jpg

稲倉山荘
『以前、ここで食べた由利牛の牛丼は美味しかったです』
20DSC06561_convert_20200526095751.jpg

21DSC06583_convert_20200526100626.jpg

『駐車場脇も5m程の雪壁になっています』
22DSC06564_convert_20200526095911.jpg

【除雪車】
『次の冬までしばらくお休みです』
23DSC06563_convert_20200526095853.jpg

『駐車場の上に行ってみます。車が多いです。家に籠る長い冬が終わり、天気が良いので出かけよう!って気分なんでしょうね。僕もそうですがwww』
24DSC06565_convert_20200526095935.jpg

『見晴らし最高です。前回来たのは夏だったので、雪があると雰囲気が違い、四季折々の景色が楽しめて良いですね(* ´ ▽ ` *)』
25DSC06574_convert_20200526100245.jpg

26DSC06573_convert_20200526100210.jpg

『飛島が見えます』
27DSC06569_convert_20200526100026.jpg

【飛島】
『飛島は山形県酒田市の北西方向に39kmの日本海上に位置する山形県唯一の有人離島です。島全域が国定公園(鳥海国定公園)になっており、島ならではのウォーキングやバードウォッチング、釣りや海水浴が楽しめます』
28DSC06570_convert_20200526100127.jpg

『象潟口(鉾立)登山口から更に上に行ってみることにします』
29DSC06575_convert_20200526100322.jpg

【象潟口(鉾立)登山口】
『階段は完全に雪に埋もれてしまっています』
30DSC06582_convert_20200526100604.jpg

『左上に見える山頂までは8km程です』
31DSC06577_convert_20200526100413.jpg

『鳥海山は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山です。山頂に雪が積もった姿が富士山にそっくりなため、出羽富士とも呼ばれ親しまれています。秋田県では秋田富士、山形県では庄内富士とも呼ばれています。鳥海国定公園に属し、日本百名山・日本百景の一つとなっています』
32DSC06580_convert_20200526100508.jpg

【日本海方面】
33DSC06578_convert_20200526100433.jpg

『雪が残っているので、僕は念のためスタッドレスタイヤで来ました。天候や気温によるかもしれませんが、路面が乾いているのでノーマルタイヤでも大丈夫だと思います』
34DSC06581_convert_20200526100534.jpg

【地図】


鉾立展望台
住所:秋田県にかほ市象潟町小滝字鉾立
電話:090-2021-0270(鳥海鉾立ビジターセンター)
2020年5月27日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR