FC2ブログ

出羽鶴酒造酒蔵開放2017 @秋田県大仙市

2017年3月4日(土)
今日は会社の仲間と出羽鶴酒造の酒蔵開放に行って来ました。
出羽鶴酒造酒蔵開放2015に来て以来、2年ぶりです。

会費は1000円でお酒2杯、粕汁、酒粕詰め放題などを楽しむ事ができます。
前回は手打ち蕎麦が振舞われ、凄く美味しかったので期待していたのですが、今回は無く、食べ物は全て別料金でした。
お酒も2杯だけではなく、グループ毎に720ml瓶が置かれていてお替わりもできたような気がします。
運営スタイルが変わっていました。

『送迎バスが出る大曲駅で会社の人達と待ち合わせです。ここ大曲は大曲の花火【全国花火競技大会】が有名です』
1DSC09573_convert_20200405202920.jpg

『出羽鶴酒造に到着です』
2DSC09574_convert_20200405202944.jpg

『前回はこの場所にテーブルがあり飲食しましたが、今回は飲食ブースと落語の高座がありました。食べ物はソーセージや焼き鳥、酒米パエリア、おでんなどがあり、どれも安くて美味しかったです。特にソーセージは絶品でした(^^)前回来た時はお酒がメインでしたが、お酒をそれ程飲まない人でも楽しめるような運営スタイルを変えたようです』
3DSC09575_convert_20200405203016.jpg

4DSC09576_convert_20200405203041.jpg

【チケット】
5DSC09577_convert_20200405203103.jpg

【日本酒Bar】
『チケット交換対象のお酒をここで頂きます』
6DSC09581_convert_20200405203337.jpg

『写真右の28BY出品酒(500円)が交換対象なのですが、「28BY」って何でしょうか?調べてみたらBrewery Year(ブリュワリーイヤー)=酒造年の事でした。平成28年(2016年)に醸造された日本酒という意味だそうです』
7DSC09578_convert_20200405203211.jpg

『山田錦精米歩合50%の純米大吟醸は、フルーティーで口当たりが良く、美味しいに決まってます(*^_^*)』
8DSC09579_convert_20200405203239.jpg

【案内図】
9DSC09580_convert_20200405203259.jpg

『落語が始まりました。女性の噺家さんもいるんですね。落語の世界は全くと言っていい程知りません。笑点の落語家さんしか知りません。大喜利が大好きです(^^)面白いと同時に、頭の回転の速さに憧れます』
10DSC09583_convert_20200405203400.jpg

【売店】
11DSC09584_convert_20200405203426.jpg

『甘酒も頂けます』
12DSC09585_convert_20200405203452.jpg

【新酒の量り売り】
13DSC09586_convert_20200405203516.jpg

『もちろん購入しました^^』
14DSC09588_convert_20200405203600.jpg

『酒蔵見学を終え、大曲駅から秋田新幹線こまちで秋田市ではなく埼玉の自宅に帰ります。月曜日に本社で会議があるからです』
15DSC09589_convert_20200405203629.jpg

『酒蔵開放に行きたいが為に飛行機ではなく、新幹線にしましたwww』
16DSC09590_convert_20200405203655.jpg

『秋田新幹線は、秋田駅から盛岡駅まで在来線の田沢湖線を走るので、新幹線とは思えないくらいのんびり走り、対向列車待ちもありますwww乗り換えすることなく大宮駅まで行けるのが僕にとっては利点なのですが、秋田から東京出張又はその逆の場合、飛行機の方が時間的には有利に感じます。しかし、時間に余裕があれば、お弁当を食べながら、お酒を飲みながら、こんな素晴らしい雪景色の車窓を楽しむのも乙かもしれません+.(*'v`*)+』
17DSC09600_convert_20200405203726.jpg

18DSC09603_convert_20200405203749.jpg

19DSC09604_convert_20200405203812.jpg

住所:秋田県大仙市南外悪戸野81
電話:0187-74-2600
ホームページ:https://www.igeta.jp/about-dewatsuru/
2020年4月6日投稿

作助稲荷の杉 @秋田県大仙市

2016年5月22日(日)
諏訪堂の見学を終え、作助(さくすけ)稲荷の杉にやって来ました。

作助稲荷と呼ばれている神社と、その社地の中央に生えている大杉は、ともに家名を作助と呼んでいる家の内神社として祀られています。途中に大きな瘤付きであることから瘤杉とも呼ばれています。樹高約30m、推定樹齢約400年の古木です。

大仙市指定天然記念物になっています。

【庚申の松跡】
『旧鴬野小学校(現在は中仙公民館鴬野分館)の敷地内にありましたが、残念ながら自然災害の影響で切られ、切り株だけが残っています』
1DSC07303_convert_20191006150906.jpg

2DSC07304_convert_20191006150924.jpg

『作助稲荷の杉が見えてきました。水田の中にポツリと立っています』
3DSC07305_convert_20191006150938.jpg

【作助稲荷の杉】大仙市指定天然記念物
4DSC07306_convert_20191006150956.jpg

5DSC07307_convert_20191006151017.jpg

6DSC07308_convert_20191006151036.jpg

【作助稲荷】
7DSC07309_convert_20191006151053.jpg

【地図】
『地図上に道がありませんが、車が一台通れる砂利道があります』


庚申の松跡
所在地:秋田県大仙市下鴬野上村1

作助稲荷の杉
所在地:秋田県大仙市下鴬野下中嶋
電話:0187-56-2111(大仙市中仙支所)
ホームページ:
2019年10月7日投稿

諏訪堂 @秋田県大仙市

2016年5月22日(日)
豊岡三棟の桂の木の見学を終え、諏訪堂にやって来ました。

諏訪堂は、北田家の内神で中仙地域出身の宮大工高橋市蔵(通称:円満造)の作で、およそ2年の歳月をかけて建てられました。軒4面には龍頭の彫刻をつけ、左右に象鼻を出し、外陣向拝には龍水の彫刻を組んでおり、精巧な造りは高く評価され大仙市指定有形文化財になっています。

同じく大仙市指定有形文化財になっている高梨神社(仙北地域)も円満造によるもので、晩年期の傑作です。

「東北の左甚五郎」と呼ばれている円満造は、有名な「ドンパン節」の元唄を作った事でも知られています。

『水田の中にポツリと立つ木に隠れて諏訪堂が建っています』
1DSC07297_convert_20191006150753.jpg

【諏訪堂】大仙市指定有形文化財
2DSC07298_convert_20191006150810.jpg

3DSC07300_convert_20191006150849.jpg

【説明板】
4DSC07299_convert_20191006150831.jpg

【地図】


所在地:秋田県大仙市豊川下堰
電話:0187-56-2111(大仙市中仙支所)
ホームページ:http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2013102700097/files/12.pdf
2019年10月6日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR