fc2ブログ

水神社 @秋田県大仙市

2016年5月22日(日)
お金塚の松/水板倉の見学を終え、水(すい)神社にやって来ました。

秋田県神社庁のホームページによると、由緒は

 諸記録に神社創立日を貞享2年8月20日と定められている。
 寛文年中、当地の豪農、草彅理左衛門が田畑開発を注進、延宝5年3月より開田堰筋掘り工事中、地下より古鏡一面を発見、秋田藩公の御覧に供し、向後堰神として奉斎し鎮守する様仰せられ、境内地も定められ草葺の古堂に祀られた。
 貞享2年8月本堂を再建し、御神鏡・水神として奉戴する。古来よりあった草堂の豊受大神・大山祗神・猿田彦神を境内元宮地に板堂を建立、現在は石堂。八幡大神は隣地国見村へ分祀し八幡神社とす。
 元禄13年8月に本堂を3間・4間に新築。享保19年再建し近在の崇敬を高める。
 当神社は明治初年まで観音堂と称していたが、明治9年水神社と改め、祭神・水波能売命を奉斎することとなった。

なのだそうです。

御祭神は水波能売命です。

御神体の線刻千手観音等鏡像は秋田県唯一の国宝です。

『水神社に到着です』
1DSC07269_convert_20190928192929.jpg

『立派な杉です。参道の一番手前と一番奥の両側に立つ4本が大仙市指定天然記念物になっています』
2DSC07270_convert_20190928192955.jpg

【鳥居】
3DSC07271_convert_20190928193044.jpg

【文化財標柱】
4DSC07272_convert_20190928193214.jpg

【参道】
『杉並木の参道は気持ちが落ち着きます』
5DSC07273_convert_20190928193246.jpg

6DSC07274_convert_20190928193305.jpg

【狛犬】
7DSC07275_convert_20190928193329.jpg

【水神社の杉】大仙市指定天然記念物
8DSC07276_convert_20190928193354.jpg

【水神社の杉説明板】
9DSC07277_convert_20190928193653.jpg

【水神社】
10DSC07284_convert_20190928194242.jpg

【拝殿】
11DSC07278_convert_20190928193733.jpg

【拝殿・本殿】
12DSC07280_convert_20190928193818.jpg

【扁額】
13DSC07279_convert_20190928193753.jpg

【線刻千手観音等鏡像説明板】
14DSC07282_convert_20190928194018.jpg

【線刻千手観音等鏡像保管庫】
『毎年8月17日の例大祭で一般公開されます』
15DSC07281_convert_20190928193846.jpg

【水神社と御神鏡の由来】
16DSC07283_convert_20190928194202.jpg

17DSC07283_convert_20190928194213.jpg

18DSC07283_convert_20190928194227.jpg

【線刻千手観音等鏡像説明板】
『一般公開は年一回ですが、中仙市民会館ドンパルにレプリカが展示されているので、そちらであれば一年中見ることができます』
19DSC07285_convert_20190928194258.jpg

20DSC07285_convert_20190928194308.jpg

住所:秋田県大仙市豊川観音堂57
電話:0187-53-2640
ホームページ:http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2013102700097/files/22.pdf
http://akita-jinjacho.sakura.ne.jp/tatsujin_etc/kennsaku/daisen_senboku/16_sui.html(秋田県神社庁)
2019年10月2日投稿

お金塚の松/水板倉 @秋田県大仙市

2016年5月22日(日)
四ツ橋の松の見学を終え、お金塚の松、水板倉にやって来ました。

お金塚には3本の古いマツがあり、念仏塚、金精塚などがある村の聖地でした。3本のアカマツのうち中央のマツが高く、3本の枝が組み合って、三角形の枝組をみせています。樹下には庚申碑が立っており、十干十二支の1つである「かのえさる」から「オカノエ塚」と呼ばれ、それが訛って「オカネ塚の松」と呼ばれたと考えられます。

水板倉は、炬形(こけい)で深さ1mの池の中に作られた板倉です。池の中で橋もないため、米泥棒を防ぎ、もし火災にあうようなことがあっても米と味噌、衣類などは残ることになると考えられていました。水と大気、木材の機能をたくみに生かした水板倉は、農家の長い生活の中から生まれ、籾米などの貯蔵用に工夫し尽くされた建造物です。

お金塚の松は大仙市指定天然記念物、水板倉は大仙市指定有形文化財になっています。

【お金塚の松】大仙市指定天然記念物
1DSC07263_convert_20190928192650.jpg

2DSC07265_convert_20190928192738.jpg

3DSC07264_convert_20190928192709.jpg

【お金塚の松地図】


『お金塚の松から東方面へ700m程行くと個人宅の敷地内に水板倉があります』
DSC07268_convert_20190928192852.jpg

【水板倉】大仙市指定有形文化財
『敷地内に入ったらまずいので、敷地外から望遠で撮影しました』
DSC07267_convert_20190928192831.jpg

お金塚の松
所在地:秋田県大仙市大神成上村147付近
電話:0187-56-2111(大仙市中仙支所)
ホームページ:http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2013102700097/files/20.pdf

水板倉
所在地:秋田県大仙市大神成フカウヂ33付近
電話:0187-56-2111(大仙市中仙支所)
ホームページ:http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2013102700097/files/13.pdf
2019年10月2日投稿

四ツ橋の松 @秋田県大仙市

2016年5月22日(日)
沖郷天王の八坂神社/天王清水の見学を終え、四ツ橋の松にやって来ました。

樹高約20m、幹回り約2.2m、推定樹齢200年のアカマツです。

旧太田町の「町の木」はアカマツで、かつては町のあちこちで見られましたが、昭和43年(1968年)の第2田沢開拓で多くが失われてしまったため、このような古木は貴重です。

大仙市指定天然記念物になっています。

【四ツ橋の松】大仙市指定天然記念物
DSC07261_convert_20190928192556.jpg

DSC07262_convert_20190928192628.jpg

【地図】


所在地:秋田県大仙市太田町国見四ツ橋 県道261号線(国見大曲線)沿い
電話:0187-88-1111(大仙市太田支所)
ホームページ:http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2013102700097/files/50.pdf
2019年10月1日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR