中滝ふるさと学舎・止滝のライトアップ @秋田県鹿角市

2014年10月11日(土)
道の駅かづの《鹿角観光ふるさと館あんとらあ》で花輪ばやし展示館の見学を終え、中滝ふるさと学舎・止滝のライトアップを見にやって来ました。

中滝ふるさと学舎は、旧中滝小学校の校舎を改修しオープンしました。木造校舎の柔らかいぬくもりを残し、田舎暮らし体験や創作体験、森林セラピー基地、レストラン、学校や地域の歴史、文化、思い出の写真展示等がある複合的な施設です。

止滝は、中滝ふるさと学舎から西方面へ500m程のところ、止滝発電所の傍にあります。

【中滝ふるさと学舎】
2DSC03164_convert_20161103122116.jpg

『建物周辺の木々がライトアップされています』
1DSC03163_convert_20161103122103.jpg

『幻想的で良いですね^^』
3DSC03161_convert_20161103122051.jpg

【中滝周辺マップ】
4DSC03165_convert_20161103122218.jpg

『止滝にやって来ました』
5DSC03166_convert_20161103122226.jpg

『止滝の脇に神社があります』
6DSC03168_convert_20161103122234.jpg

【止滝】
7DSC03172_convert_20161103122242.jpg

『川原に下りて、間近に見ることができます』
8DSC03180_convert_20161103122307.jpg

9DSC03177_convert_20161103122257.jpg

10DSC03174_convert_20161103122249.jpg

中滝ふるさと学舎
住所:秋田県鹿角市十和田大湯字白沢45−1
電話:0186-30-4021
ホームページ:http://nakataki.kazuno-furusato.jp/
2016年11月6日投稿

道の駅かづの《鹿角観光ふるさと館あんとらあ》 @秋田県鹿角市

2014年10月11日(土)
史跡 尾去沢鉱山の見学を終え、道の駅かづのにやって来ました。

産地直売所やレストラン、イベントホーム、日本三大囃子の一つ「花輪ばやし」の屋台が一堂に展示されている祭り展示館などがあります。

「花輪ばやし」は国指定重要無形民俗文化財となっており、(投稿日現在)ユネスコ無形文化遺産に登録されることが、事実上決定しました。

【道の駅かづの】
1DSCF3079_convert_20161031215206.jpg
2DSCF3084_convert_20161031215222.jpg

『鹿角市はきりたんぽ発祥の地なんだそうで、確かに鹿角市内に「きりたんぽ発祥の地」の看板が随所に立てられているのを見かけます。しかし、お隣の大館市はこっちが本場だと言っているみたいです。結局どっちなのか、はっきりしたことは分かりませんが、両市が切磋琢磨し知名度が上がれば、両市ともハッピーになるんですから良きライバルとして頑張ってください^^』
3DSCF3082_convert_20161031215213.jpg

【産地直売所】
4DSCF3105_convert_20161031215454.jpg

【館内の様子】
5DSCF3103_convert_20161031215444.jpg

【露店】
6DSCF3106_convert_20161031215502.jpg

【全館案内図】
7DSCF3088_convert_20161031215249.jpg

【祭り(花輪ばやし)展示館】
8DSCF3086_convert_20161031215232.jpg

『大きな樽です。味噌や醤油製造のために使われた樽です』
9DSCF3087_convert_20161031215242.jpg

『イベント期間中で入場無料でした。ラッキー(^^) 通常は大人200円、中高生150円、小学生100円です』
10DSCF3089_convert_20161031215257.jpg

『祭に使われる本物の山車が展示されています』
11DSCF3090_convert_20161031215305.jpg

『一度は祭り本番を見てみたいと思うのですが、開催日が毎年8月19日、20日と決まっているので、2日間とも平日でも開催されます。見に行きたくても、なかなか都合がつかず残念な思いをしています。花輪ばやしに限らず、東北のお祭りって開催日が決まっているものが多いので、祭り開催日がすべて平日になっていると、行ってみたくても行けないことが多いんです。関東だと、例えば8月の第1土曜日と次の日曜日の2日間など、なるべく多くの観客が来場しやすい工夫がされています。伝統として開催日を変えない理由はあるんだと思いますが、町活性化の材料を持っているにも関わらず、活用しないのはもったいない気がします。以前、失礼を承知で生粋の秋田県人に「秋田県民って商売超下手じゃないですか?」と問うたところ「そうなんだよwww」と笑って答えが返ってきました。分かっているけどあえて変えない?それとも変えることができない?何か強い信念があるんでしょうかねw』
12DSCF3091_convert_20161031215313.jpg
13DSCF3094_convert_20161031215334.jpg
14DSCF3095_convert_20161031215341.jpg
15DSCF3096_convert_20161031215350.jpg

【正面の鬼板】
『住まいでいえば鬼瓦にあたり、木製の棟飾りを指します。邪気を祓う厄除けの意味があります』
16DSCF3092_convert_20161031215325.jpg

『きめ細かな彫刻です^^』
17DSCF3099_convert_20161031215422.jpg
18DSCF3100_convert_20161031215433.jpg

【説明板】
19DSCF3097_convert_20161031215359.jpg
20DSCF3098_convert_20161031215406.jpg

住所:秋田県鹿角市花輪字新田町11-4
電話:0186-22-0555
ホームページ:http://www.ink.or.jp/~antler/
2016年11月5日投稿

史跡 尾去沢鉱山《No.2》 @秋田県鹿角市

2014年10月11日(土)
史跡 尾去沢鉱山《No.1》の続きです。

『綺麗な電飾です』
39DSC03120_convert_20161030222754.jpg

『昭和16年頃の写真が展示されている部屋があります』
40DSC03121_convert_20161030222809.jpg

41DSC03124_convert_20161030222817.jpg

42DSC03125_convert_20161030222825.jpg

【南部藩西道金山奉行所】
『坑道内に奉行所があったんですねΣ(・□・;)』
43DSC03126_convert_20161030222832.jpg

44DSC03127_convert_20161030222840.jpg

【石切沢通洞坑・金屏風】
45DSC03128_convert_20161030222849.jpg

46DSC03129_convert_20161030222858.jpg

47DSC03130_convert_20161030222907.jpg

『尾去沢鉱山には江戸時代に掘られた坑道が完全な形で多く残されていて、その規模は国内最大級なんだそうです』
49DSC03133_convert_20161030222932.jpg

【椀かけ作業】
『金鉱の粉末を水洗いして泥を流し、金を採集する最終工程です』
48DSC03131_convert_20161030222917.jpg

【鉱石運搬の場】
50DSC03134_convert_20161030222943.jpg

【金工・堀大工・女堀子】
『金工は鉱脈採掘作業にあたります。女堀子は鉑を「えぼ」に入れて坑外へ運ぶ作業をします』
51DSC03135_convert_20161030222954.jpg

【俗称「たぬき堀」跡】
52DSC03138_convert_20161030223003.jpg

53DSC03139_convert_20161030223012.jpg

【支柱組立】
『岩盤の弱い所を杉丸太等により枠組保護し、落盤、崩落を防ぐためのものです』
54DSC03140_convert_20161030223020.jpg

55DSC03141_convert_20161030223030.jpg

『現代みたいに電動の機械があるわけではないですから、相当に大変な作業ですよね』
56DSC03142_convert_20161030223040.jpg

『隠れ切支丹(キリシタン)は鉱山にも潜伏していたそうです。山法の一つとして鉱山に認めれていた治外法権的慣習が宗徒の潜伏に適していたからだそうです』
57DSC03143_convert_20161030223051.jpg

『進行方向左側2番目の旧坑約10m先の側盤に隠れ切支丹宗徒の刻んだ十字架が残っているそうです』
58DSC03144_convert_20161030223101.jpg

『坑道見学終了です。エスカレーターで上がります』
59DSC03145_convert_20161030223111.jpg

『エスカレーターを降りたら、いきなり牛がいました』
60DSC03146_convert_20161030223123.jpg

『お土産館に繋がっていました』
61DSC03147_convert_20161030223134.jpg

『砂金採り・天然石堀り体験ができます』
62DSC03148_convert_20161030223144.jpg

63DSC03151_convert_20161030223212.jpg

64DSC03150_convert_20161030223153.jpg

【レストハウス】
65DSC03153_convert_20161030223223.jpg

【3Dワールド】
66DSC03154_convert_20161030223234.jpg

【選鉱場跡】
67DSC03157_convert_20161030223254.jpg

68DSC03156_convert_20161030223243.jpg

69DSC03159_convert_20161030223304.jpg

『分析所だったようです』
70DSC03160_convert_20161030223314.jpg

住所:秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
電話:0186-22-0123
ホームページ:http://www.osarizawa.jp/
営業時間:【夏季】 4/1~10/31 9:00~17:00
     【冬季】 11/1~3/31 9:00~15:30
定休日:年中無休
観覧料:大人1000円、中高生800円、小学生600円
   ※シニア(65歳以上)は中高生料金を適用、障がい者の方は手帳提示の場合、個人料金の半額。
2016年11月4日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR