fc2ブログ

錦木塚伝説公園 @秋田県鹿角市

2017年10月28日(土)
休日出勤で鹿角市に行き、午前中で仕事は片付きました。
折角、鹿角市まで来たので、どこか見学できるところがないかと思い、錦木塚(にしきぎづか)伝説公園に行ってみることにしました。

「伝説」と名が付く公園は珍しいです。

どの様な伝説があるのか調べてみたところ、秋田県のホームページによると

 昔、今の錦木(にしきぎ:鹿角市十和田錦木)の地域を都から来た狭名大夫(さなのきみ)という人が治めていた。その人から8代目になる狭名の大海(おおみ)という人には、政子姫(まさこひめ)というとても美しい娘がいた。政子姫は細布を織るのがとても上手な人であった。
 一方そのころ、近くの草木(くさぎ)というところに、錦木(にしきぎ)を売ることを仕事にしていた若者が住んでいた。錦木というものは、「仲人木(なこうどき)」とも言って縁組に使うものであり、当時は、男性が好きな女性の家の前に錦木を置き、その錦木を女性が拾って家の中に入れた場合は、結婚してもよいという意味の決まりがあった。
 ある日、若者は市日のときに政子姫を初めて見て、その美しさにひかれ恋いこがれてしまった。若者は、翌日から毎日毎日、雨の降る日も風の吹く日も雪の吹雪く日も一日も休まず、政子姫の家の門の前に錦木を持ってきては立てた。
 しかしながら、錦木は一度も拾われて家の中に入れられることはなく、家の前に立てられたまま増えるばかりであった。そのたびに若者は草木へ戻る帰り道のそばの小川で、涙を流して泣いた。その川は、のちに涙川と言われるようになった。
 一方、政子姫は、家の門の前に毎日錦木を立てられているうちに、機織りする手を止め、こっそり若者の姿を見るようになっていた。そして、いつの間にか、政子姫も若者を好きになっていた。たが、いくら若者が錦木を立てても、身分が違うことや、もう一つ重大な訳があって結婚の約束はできなかった。その訳というのは、次のようなことである。
 当時、五の宮岳(ごのみやだけ)の頂上に巣を作っている大ワシが里に飛んできては子供をさらっていた。あるとき、若い夫婦の小さい子供が大ワシにさらわれて村人がとても悲しんでいたとき、ある一人の旅の坊さん、「鳥の羽根を混ぜた織物を織って子供に着せてやれば、大ワシは子供をさらっていかなくなる。」と教えてくれた。布に鳥の羽根を混ぜて織ることは非常に難しく、よほど機織りがうまくなければできないものであった。そのため、機織りの上手な政子姫は皆からお願いされていた。政子姫は、子供をさらわれた親の悲しみを自分のことのように思い、3年3月を観音様に願かけしながら布を織っていたのだった。その願かけのために、政子姫は若者と結婚する約束ができなかったのである。
 若者は、そういう理由も知らず、毎日せっせと3年もの間、錦木を姫の家の前に立てていた。あと一束で千束になるという日に、体がすっかり弱くなった若者は、門の前の降り積もった雪の中に倒れて死んでしまった。
 政子姫は非常に悲しみ、それから2、3日後に、若者の後を追うように死んでしまった。
 姫の父親の大海は、2人をとっても不憫に思い、千束の錦木と一緒に、一つの墓に夫婦として埋葬した。その墓が後に錦木塚と呼ばれるようになったものである。

なのだそうです。

なんか切ないですね~。゚(゚´Д`゚)゚。

【公園入口】
1DSC01841_convert_20201010094117.jpg

【錦木塚伝説公園案内図】
2DSC01840_convert_20201010094055.jpg

【鳥居】
『公園内に稲荷神社があります』
3DSC01842_convert_20201010094134.jpg

【稲荷神社】
4DSC01843_convert_20201010094153.jpg

5DSC01844_convert_20201010094213.jpg

『更に奥に進むと錦木塚があります』
6DSC01845_convert_20201010094242.jpg

7DSC01847_convert_20201010094350.jpg

【錦木塚】
8DSC01849_convert_20201010094428.jpg

【説明板】
9DSC01846_convert_20201010094255.jpg

10DSC01846_convert_20201010094315.jpg

【謡曲「錦木」と錦木塚】
11DSC01848_convert_20201010094409.jpg

『紅葉が見事です\(^o^)/』
12DSC01851_convert_20201010094451.jpg

13DSC01852_convert_20201010094516.jpg

14DSC01853_convert_20201010094538.jpg

15DSC01854_convert_20201010094605.jpg

16DSC01855_convert_20201010094627.jpg

『JR花輪線十和田南駅の傍にあります。小中学生時代の夏休みに小坂町のおばあちゃんの家に遊びに来た時、親戚の伯父さんが十和田南駅まで車で迎えに来てくれた事を懐かしく思い出しました^^』
17DSC01857_convert_20201010094701.jpg

【地図】


住所:秋田県鹿角市十和田錦木字稲生田、浜田
電話:0186-30-0248(鹿角市役所)
ホームページ:
https://www.city.kazuno.akita.jp/kanko_bunka_sports/kankojoho/9/2/3471.html(鹿角市)
2020年10月14日投稿

米代川河川敷の桜 @秋田県鹿角市

2017年4月29日(土)
桜山地区公園の桜の見学を終え、米代川河川敷にやって来ました。
鹿角花輪駅から西方面へ300m程の米代川河川敷に桜があります。

【米代川河川敷の桜】
1DSC00548_convert_20200518141616.jpg

『時刻は8時。誰もいません。たまに車が通るだけです』
2DSC00551_convert_20200518141723.jpg

『まだ7分咲きでしたが、十分綺麗です♪(/・ω・)/ ♪』
3DSC00550_convert_20200518141700.jpg

4DSC00552_convert_20200518141737.jpg

『個体差があるのでしょう。まだ蕾が多い木もありました』
5DSC00553_convert_20200518141809.jpg

【地図】


所在地:秋田県鹿角市花輪字牛川原
電話:0186-30-0248(鹿角市役所)
2020年5月20日投稿

桜山地区公園の桜 @秋田県鹿角市

2017年4月29日(土)
昨晩、鹿角で飲み会だったのでお宿ちとせに宿泊しました。
今日は休日です。自宅に直帰するのはもったいないので、ぐるりと盛岡経由で桜巡りをしながら帰宅することにしました。
鹿角市から盛岡市までは国道282号線で約90kmですが、信号が少なく渋滞がないので、一般道でも2時間程度で行くことができます。

盛岡に向かう前に、鹿角市で桜見物することにしました。
まず、桜山地区公園にやって来ました。
200本のソメイヨシノが咲く隠れた名所です。

【桜山地区公園】
1DSC00543_convert_20200518141320.jpg

『五分咲きでした』
2DSC00547_convert_20200518141446.jpg

『五分咲きでも綺麗です(^^)秋田県、岩手県の今日の天気予報はずっと曇りなので、それが残念です。最近の天気予報は的中率が高いですが、今日は予報がはずれて晴れてくれないかと願うばかりですwww』
3DSC00546_convert_20200518141406.jpg

【地図】


所在地:秋田県鹿角市花輪字荒屋敷8付近
電話:0186-30-0248(鹿角市役所)
2020年5月20日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、アラフィフ放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月から2018年3月の5年間、秋田県で単身赴任していたので東北地方の記事も多いです。

再び転勤で2023年4月から石川県金沢市で単身赴任しているので、2023年4月以降は北陸地方の記事が多くなる予定です。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR