FC2ブログ

戦場ヶ原 @栃木県日光市

2016年8月10日(水)
竜頭の滝の見学を終え、戦場ヶ原にやって来ました。
竜頭の滝から国道120号線を北方面へ3km程のところにあります。

日光市観光協会のホームページによると

 この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。
 かつて湖であったものが湿原化したもので、400haの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然研究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースもあります。
 350種類にも及ぶ植物が自生し、野鳥の種類が多いことでも有名。
 男体山を背景に広大な湿原を見渡せる展望ポイントが各所に設置されており、変化に富んだ壮大な自然を体感することができます。
 一年を通して楽しめますが、ワタスゲやホザキシモツケが見頃になる6月中旬~8月上旬、草紅葉が美しい9月下旬~10月上旬がオススメです。

なのだそうです。

戦場ヶ原のうち174.68haの地域が、奥日光の湿原としてラムサール条約登録湿地となっています。

『駐車場に到着です』
1DSC05779_convert_20191128203028.jpg

【戦場ヶ原展望台】
2DSC05780_convert_20191128203052.jpg

3DSC05781_convert_20191128203114.jpg

【戦場ヶ原】
『西側の景色です。広い湿原です』
4DSC05782_convert_20191128203134.jpg

『たぶん外山です』
5DSC05783_convert_20191128203158.jpg

【三本松園地】
『三本松茶屋やレストハウス郭公があり、休憩することができます』
6DSC05784_convert_20191128203233.jpg

『屋根の奥に男体山が見えます』
7DSC05785_convert_20191128203248.jpg

『東側の景色です。標高1394mと書かれた看板があります。いつの間にか結構高いところまで上って来ていました。正面に見える山は男体山です』
8DSC05786_convert_20191128203301.jpg

【地図】


住所:栃木県日光市中宮祠2493
電話:0288-54-2496(日光市観光協会日光支部)
ホームページ:http://www.nikko-kankou.org/spot/10/(日光市観光協会)
2019年11月29日投稿

竜頭の滝 @栃木県日光市

2016年8月10日(水)
中禅寺《立木観音》の見学を終え、竜頭の滝にやって来ました。

竜頭の滝は、男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mにわたり、幅10m程の階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆です。滝壺近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることから、この名がついたといわれています。紅葉の名所として観爆台からの紅葉に彩られた滝つぼの眺めは人気があるそうです。

華厳滝、湯滝と共に奥日光三名瀑の一つとされています。

『竜頭の滝に到着です。中禅寺湖の北側にあります』
1DSC05754_convert_20191128202447.jpg

2DSC05755_convert_20191128202531.jpg

【龍頭之茶屋】
『瀧見台と書かれている通り・・・』
3DSC05759_convert_20191128202628.jpg

『龍頭之茶屋の奥が観瀑台になっています』
4DSC05758_convert_20191128202609.jpg

【竜頭の滝】
『滝壺です。異なる2つの流れが正面からきれいに見えます(*^_^*)』
5DSC05756_convert_20191128202550.jpg

【竜頭観世音】
『龍頭之茶屋の傍にあります』
6DSC05760_convert_20191128202701.jpg

『竜頭の滝沿いに散策路があるので上流に向かって歩いてみることにしました』
7DSC05761_convert_20191128202725.jpg

8DSC05762_convert_20191128202751.jpg

『100m程上り、滝の中間地点辺りに到着です』
9DSC05763_convert_20191128202823.jpg

『美しい流れです^^』
10DSC05767_convert_20191128202836.jpg

11DSC05771_convert_20191128202908.jpg

『龍頭之茶屋に戻ってきました。暑いのでソフトクリームが美味しそうです((^∀^*))』
12DSC05778_convert_20191128202957.jpg

【ゆばソフトクリーム】
『当然ですが、豆腐味でさっぱりしています。う~ん微妙・・・興味本位で買いましたが、湯葉や豆腐は普通に食べた方がいいかなwww』
13DSC05776_convert_20191128202932.jpg

龍頭之茶屋
住所:栃木県日光市中宮祠2485
電話:0288-55-0157
ホームページ:http://www.nikko-kankou.org/spot/6/(日光市観光協会)
2019年11月28日投稿

中禅寺《立木観音》 @栃木県日光市

2016年8月10日(水)
中禅寺湖の見学を終え、中禅寺《立木観音》にやって来ました。
中禅寺湖の東岸にあります。

中禅寺は、784年に日光開山をした勝道上人によって建立されたお寺で、世界遺産「日光山輪王寺」の別院です。山号は日光山、宗派は天台宗です。

立木観音と呼ばれる十一面千手観世音菩薩は、中禅寺の御本尊で国指定重要文化財になっています。

坂東三十三観音霊場第18番札所です。

【中禅寺】
1DSC05731_convert_20191127091043.jpg

【山門(仁王門)】
2DSC05732_convert_20191127091106.jpg

『拝観料が必要です』
3DSC05733_convert_20191127091128.jpg

【諸願成就の梵鐘(ねがいのかね)】
4DSC05736_convert_20191127091216.jpg

【諸願成就の梵鐘説明板】
5DSC05735_convert_20191127091148.jpg

【延命水】
6DSC05737_convert_20191127091439.jpg

【石造不動明王坐像・護摩壇】日光市指定有形文化財
7DSC05738_convert_20191127091517.jpg

【石造不動明王坐像・護摩壇説明板】
8DSC05739_convert_20191127091540.jpg

【愛染堂】
『愛染明王像を安置し、縁結びに御利益があるとして信仰を集めています』
9DSC05740_convert_20191127091634.jpg

【本堂(立木観音堂)】
『奥に見える建物は五大堂です』
10DSC05742_convert_20191127091711.jpg

11DSC05743_convert_20191127091816.jpg

【波之利(はしり)大黒天堂】
『安産や足止めに御利益があるそうです。足止めの意味が分からなかったので調べてみたら、出征者や家出人の帰還、恋人や配偶者の浮気防止という事らしいです』
12DSC05744_convert_20191127091901.jpg

【波之利大黒天説明板】
13DSC05745_convert_20191127091921.jpg

【五代堂】
『不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王の五大明王が安置された御祈祷の道場です』
14DSC05749_convert_20191127092416.jpg

『坂道を上ります』
15DSC05748_convert_20191127092348.jpg

16DSC05747_convert_20191127092026.jpg

【五大堂からの眺め】
『中禅寺湖を望む景色が素晴らしいです(* ´ ▽ ` *)右に見える山は男体山です』
17DSC05746_convert_20191127091942.jpg

住所:栃木県日光市中宮祠2578
電話:0288-55-0013
ホームページ:https://www.rinnoji.or.jp/temple/chuzenji/
拝観時間:午前8時~午後5時(4月~10月) 
     午前8時~午後4時(11月)   
     午前8時30分~午後3時30分(12月~2月) 
     午前8時~午後4時(3月)
休業日:無休
拝観料金:大人500円、小中学生200円
2019年11月27日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR