御水主町の民家/三聖堂/軒端の梅/比翼塚 @宮城県宮城郡松島町

2014年11月26日(水)
円通院の見学を終え、御水主町(おかこまち)の民家、三聖堂、軒端の梅、比翼塚にやって来ました。
御水主町の民家、三聖堂、軒端の梅、比翼塚とも円通院山門前の一角にあります。

『紅葉が綺麗です^^』
1DSCF6015_convert_20170424215649.jpg

【御水主町の民家】松島町指定有形文化財
『仙台藩主等が松島遊覧の際の御座船を操った水主衆が集団で住んでいました。昭和51年に最後に残った1棟をここに移築復元しました』
2DSCF6022_convert_20170424215749.jpg

【御水主町の民家説明板】
3DSCF6023_convert_20170424215756.jpg

【三聖堂】松島町指定有形文化財
『天和2年(1682年)瑞巌寺101世鵬雲により建てられました。堂内の正面中央に聖観世音菩薩、左に達磨大師、右に菅原道真を安置したことから三聖堂と言います』
4DSCF6016_convert_20170424215657.jpg

【三聖堂説明板】
5DSCF6017_convert_20170424215704.jpg

【軒端の梅・比翼塚】
『松島町のホームページによると、鎌倉時代、北条時頼が家臣・蜂谷美濃守を松島円福寺(瑞巌寺)守護のために派遣。子孫が松島に土着しました。子孫・蜂谷掃部(かもん)は、子宝に恵まれぬことから、観音さまに祈願したところ、やがて男の子が誕生、名は小太郎と名づけられました。小太郎は、観音堂に梅の若木を植えてこよなく愛していました。小太郎が十五歳の春、父が伊勢参りで道連れとなった象潟の商人と親しくなり、小太郎と商人の娘との結婚を約束したのです。ところが、帰国した父は小太郎が病死したことを知ります。掃部は泣きながら商人の娘に訳を話しましたが、娘は松島の人となり、掃部夫妻に孝養をつくしたのです。後に娘は髪をおろして名を紅蓮と改めました。小太郎が愛した梅の木が軒端の梅で、娘のもとには紅蓮尼と小太郎の碑・比翼塚が建てられています。蜂谷氏が観音仏を守っていたことから、その後、瑞巌百一鵬雲が観音を本尊とし、左に達磨、右に菅公を配した三聖堂を建立しました。なのだそうです』
6DSCF6018_convert_20170424215713.jpg

【紅蓮尼説明板】
7DSCF6019_convert_20170424215720.jpg

【軒端の梅】
8DSCF6020_convert_20170424215732.jpg

【比翼塚】
9DSCF6021_convert_20170424215741.jpg

『にかほ市(旧象潟町)と松島町が夫婦町だということは、象潟町に看板が立っているので知っていたのですが、象潟町の九十九島と松島の風景が似ているからだと思っていました。僕の解釈は全く間違っていましたwww にかほ市は九十九島をはじめ、鳥海山など見どころがたくさんです。是非お越しください^^』
10DSCF6024_convert_20170424215805.jpg

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内89
電話:022-354-2618(松島観光協会)
ホームページ:
http://www.zuiganji.or.jp/keidai/sanseidou.html(三聖堂)
http://www.town.miyagi-matsushima.lg.jp/index.cfm/8,3490,30,html(軒端の梅・比翼塚)
2017年4月25日投稿

達谷窟毘沙門堂 @岩手県西磐井郡平泉町

2014年11月25日(火)
道の駅厳美渓で休憩を終え、達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂にやって来ました。

達谷窟毘沙門堂の縁起は

 およそ1200年の昔、惡路王、赤頭、高丸等の蝦夷がこの窟に塞を構え、良民を苦しめ女子供を掠める等乱暴な振舞が多く、国府もこれを抑える事が出来なくなった。そこで人皇50代桓武天皇は坂上田村麿公を征夷大将軍に命じ、蝦夷征伐の勅を下された。
 対する惡路王等は達谷窟より三千余の賊徒を率い駿河国清見関まで進んだが、大将軍が京を発すると報を聞くと、武威を恐れ窟に引き返し守りを固めた。延暦20年(801年)大将軍は窟に籠る蝦夷を激戦の末打ち破り、惡路王、赤頭、高丸の首を刎ね、遂に蝦夷を平定した。
 大将軍は、戦勝は毘沙門天の御加護と感じ、その御礼に京の清水の舞台造を模ねて九間四面の精舎を建て、百八躰の毘沙門天を祀り、国を鎮める祈願所とし窟毘沙門堂と名付けた。
 そして延暦21年(802年)には別当寺として達谷西光寺を創建し、奥眞上人を開基として東西三十余里、南北二十余里の広大な寺領を定めた。

なのだそうです。
詳細は下記添付縁起写真をご覧いただければと思います。

達谷窟は最大標高差約35mの断崖に掘られた洞窟で、洞窟の岩肌にくっつくように建てられた懸崖造の毘沙門堂が印象的です。108体の毘沙門天を祀りましたがその多くは焼失し、現在の堂は昭和36年に再建されたものです。堂の西側岩壁に刻まれた岩面大佛は、本州最北の貴重な磨崖仏です。

達谷窟は国指定史跡となっています。

『達谷窟に到着です』
1DSCF5825_convert_20170409062236.jpg
2DSCF5785_convert_20170409061736.jpg

【達谷窟説明板】
3DSCF5786_convert_20170409061743.jpg

【一之鳥居・受付】
4DSCF5788_convert_20170409061754.jpg

【拝観料】
5DSCF5790_convert_20170409061801.jpg

【鳥居説明板】
6DSCF5791_convert_20170409061808.jpg

【二之鳥居】
7DSCF5792_convert_20170409061815.jpg

【姫待不動堂】
8DSCF5793_convert_20170409061823.jpg

【姫待不動尊】
9DSCF5796_convert_20170409061836.jpg

【姫待不動堂説明板】
10DSCF5794_convert_20170409061829.jpg

【鐘楼】
11DSCF5797_convert_20170409061842.jpg

【鐘楼説明板】
12DSCF5798_convert_20170409061848.jpg

【閼伽堂(あかどう)】
『閼伽とは仏様にお供えする水の事です』
13DSCF5799_convert_20170409061855.jpg

【三之鳥居】
14DSCF5800_convert_20170409061902.jpg

『左が蝦蟆ケ池辯天堂、右が達谷窟毘沙門堂です』
15DSCF5801_convert_20170409061910.jpg

『反対側から』
19DSCF5820_convert_20170409062211.jpg

【達谷窟毘沙門堂縁起】
16DSCF5802_convert_20170409061917.jpg
17DSCF5804_convert_20170409061926.jpg

【蝦蟆ケ池辯天堂・達谷窟毘沙門堂】
18DSCF5822_convert_20170409062230.jpg

【達谷窟毘沙門堂】
『岩に張り付いているみたいです』
20DSCF5810_convert_20170409061953.jpg

21DSCF5811_convert_20170409062059.jpg

【扁額】
22DSCF5813_convert_20170409062106.jpg

『目の前に蝦蟆ケ池辯天堂が見えます』
23DSCF5814_convert_20170409062140.jpg

【蝦蟆ケ池】
24DSCF5805_convert_20170409061933.jpg

【蝦蟆ケ池辯天堂】
25DSCF5806_convert_20170409061941.jpg

【蝦蟆ケ池辯天堂説明板】
26DSCF5807_convert_20170409061947.jpg

【岩面大佛】
27DSCF5821_convert_20170409062218.jpg

『明治29年に地震で胸から下が崩落してしまったそうです』
28DSCF5815_convert_20170409062150.jpg

『顔が残っていますが、現在も摩滅が進んでいます。北限の磨崖仏として貴重なのでしょうから早急に対策を取ってほしいと思います』
29DSCF5819_convert_20170409062204.jpg

【岩面大佛説明板】
30DSCF5816_convert_20170409062157.jpg

住所:岩手県西磐井郡平泉町平泉字北澤16番地
電話:0191-46-4931
ホームページ:http://www.iwayabetto.com/mysite1/top.html
拝観時間:午前8時~午後5時(11月24日~3月31日は午後4時30分)(年中無休)
拝観料:大人300円、高校生・中学生100円、小学生以下無料
2017年4月16日投稿

道の駅厳美渓 @岩手県一関市

2014年11月25日(火)
厳美渓の見学を終え、道の駅厳美渓にやって来ました。厳美渓の近くにあります。

【一関市博物館】
『道の駅の隣にあります。休館でした。昨日が勤労感謝の日の振替休日だったので、今日は行くとこ行くとこ資料館関係はほぼ休館ですw』
1DSCF5776_convert_20170407225958.jpg

『愛称は「もちと湯の郷」です。郷土食が餅料理なんだそうです』
2DSCF5778_convert_20170407230020.jpg

【道の駅厳美渓】
3DSCF5777_convert_20170407230011.jpg
4DSCF5784_convert_20170407230100.jpg

【レストランペッタンくん】
『餅を使った料理を食べることができます』
5DSCF5781_convert_20170407230050.jpg

【案内板】
6DSCF5779_convert_20170407230030.jpg

住所:岩手県一関市厳美町字沖野々220−1
電話:0191-29-2000
ホームページ:http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/Michi-no-Eki/iwate/iw24.html
2017年4月15日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR