FC2ブログ

阿仁ふるさと文化センター 北秋田おひなまつり @秋田県北秋田市

2017年2月27日(月)
森吉山荘を出発し、阿仁ふるさと文化センターで開催されている「北秋田おひなまつり」にやって来ました。

開催期間が2月18日(土)~3月5日(日)だったので、グッドタイミングでした。

特にお雛様が好きという事ではないですが、秋田で4年間暮らしてみて文化の違いが面白いと感じたので、東北地方のいろんなことに興味が湧き、訪れました。

今までお雛様と言えば雛壇飾りとつるし雛くらいしか知らなかったのですが、様々なお雛様があることを知る事ができたので良かったと思います。好奇心を持つことは大切ですねwww

『森吉山荘から北方面へ500m程のところに日本秘湯を守る会に加盟している杣(そま)温泉旅館があります。秘湯の湯として温泉好きの方に人気があるそうです』
1DSC09494_convert_20200329183612.jpg

『ついつい雪景色に見惚れとしまいそうになります』
2DSC09496_convert_20200329183641.jpg

3DSC09497_convert_20200329183725.jpg

【森吉山大橋】
4DSC09500_convert_20200329183750.jpg

【森吉四季美湖】
『凍った湖の上に雪が積もっています』
5DSC09502_convert_20200329183823.jpg

【森吉山ダム上流側】
6DSC09504_convert_20200329183855.jpg

『この写真だけを見て、右側が湖だと分かった方は凄い観察力、推察力の持ち主だと思います。僕だったら田畑に雪が積もっているのかなと思うことでしょうwww』
7DSC09507_convert_20200329183920.jpg

【森吉山ダム下流側】
8DSC09508_convert_20200329183959.jpg

『森吉山が見えます』
9DSC09511_convert_20200329184014.jpg

『雪が無ければ、何の変哲もない田舎に流れる川の景色ですが、雪があると雰囲気がガラッと変わります』
10DSC09512_convert_20200329184038.jpg

11DSC09515_convert_20200329184105.jpg

12DSC09516_convert_20200329184135.jpg

『幹線道路国道105号線に合流です。ここまでくれば車通りが多いので、道路に残っている雪は少なく、スタックの心配がなくなるので一安心です。スタックはしなくても横滑りという危険は残っていますがwww』
13DSC09519_convert_20200329184159.jpg

【北秋田市阿仁公民館(阿仁ふるさと文化センター)】
14DSC09520_convert_20200329184233.jpg

『北秋田おひなまつりが開催されています』
15DSC09522_convert_20200329184259.jpg

16DSC09523_convert_20200329184420.jpg

【会場案内図】
17DSC09524_convert_20200329184521.jpg

【おひなめぐりマップ】
阿仁郷土文化保存伝承館/旧阿仁鉱山外国人官舎(異人館)でもおひなさまを飾っているようです』
18DSC09525_convert_20200329184545.jpg

【会場の様子】
『つるし飾りです』
19DSC09526_convert_20200329184741.jpg

『かわいらしいおひな様がたくさん飾られています。女の子は喜ぶでしょうね』
20DSC09527_convert_20200329184815.jpg

【いろいろなおひな様】
21DSC09529_convert_20200329184844.jpg

22DSC09531_convert_20200329184907.jpg

23DSC09532_convert_20200329184932.jpg

【阿仁夢あかり】
24DSC09533_convert_20200329184957.jpg

【つるし飾り】
25DSC09534_convert_20200329185126.jpg

26DSC09535_convert_20200329185206.jpg

【雛飾り・押絵】
27DSC09536_convert_20200329185233.jpg

28DSC09537_convert_20200329185302.jpg

【御殿まり】
29DSC09538_convert_20200329185336.jpg

『これが気に入りました(^^)』
30DSC09539_convert_20200329185405.jpg

【押絵】
『センスが良く、根気強い人でないとこういう作品は作れないですよね。僕には無理です\(//∇//)\』
31DSC09540_convert_20200329185431.jpg

住所:秋田県北秋田市阿仁水無字大町146-1
電話:0186-82-2220
2020年4月3日投稿

奥の湯 森吉山荘 @秋田県北秋田市

2017年2月26日(日)
打当温泉マタギの湯で日帰り入浴後、本日の宿、奥の湯森吉山荘にやって来ました。

1月~2月の忙しさがようやく落ち着いたので、食事が美味しい温泉宿でのんびりしたいなぁと思い、リーズナブルな宿がないかと楽天トラベルで調べたら当宿を見つけました。

冬季限定の北秋田市おもてなし宿泊支援事業補助金対象プランなるものがあり、一泊二食付7560円+入湯税150円でした。
通常料金は11000円~12000円なのでかなりお得です(^^)

しかも、夕食時のドリンク(アルコール飲料含む)飲み放題が、酒好きの僕の心を揺さぶりましたwww
種類は多くありませんが、生ビール、瓶ビール、日本酒、焼酎、ウィスキー、ソフトドリンクが用意されていて、僕にとってはそれだけでも十分です♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

更に、自家製梅漬けのお土産付きも嬉しいポイントです!

『国道105号線から阿仁前田交差点を曲がり、県道309号線(くまげらエコーライン)に入ります。約20km先が目的地の森吉山荘です。さっきまで青空が見えていたのに、天候が急変し雪が降って来ました。天候の急変は東北地方の冬の特徴のひとつなので、最近は驚かなくなってきましたwww』
1DSC09430_convert_20200328153456.jpg

【森吉山ダム広報館】
『雪のない時期に来た時と180度印象が変わります。極端な言い方ですが、夏は生命力を感じ、冬は死を感じます。夏に来た時の記事はこちら⇒森吉山ダム/森吉四季美湖/森吉山ダム広報館
2DSC09434_convert_20200328153510.jpg

【十四合同神社】
『森吉山ダムの建設によってできた森吉四季美湖の湖底に沈んだ集落に祀られていた神社を合祀しています。夏に来た時の記事はこちら⇒十四合同神社
3DSC09435_convert_20200328153544.jpg

『進むにつれて、雪深くなっていきます』
4DSC09436_convert_20200328153556.jpg

『この先に目指す宿があるのが分かっているので安心して進めますが、見知らぬ土地だったら、スタックするのが怖いので引き返していたかもしれません。過去の経験から雪道に対するリスク管理はかなり慎重ですw』
5DSC09439_convert_20200328153611.jpg

『森吉山荘まであと3kmです。道は雪で真っ白です。吹雪いてくると道路と雪壁の境が分かりにくくなり、危うく雪壁に接触しそうになったこともあります。もちろん吹雪の時は超低速で走るので、今まで事故った事はありません』
6DSC09441_convert_20200328153625.jpg

『森吉山荘に到着です。冬は森吉山荘のためにあるような道なので、約20km走ってすれ違った車は2台です。もし事故ったら誰にも助けてもらえません。しかも僕のスマホは山間部に弱いソフトバンクだし・・・無事に到着できて、ホッとしました(^^)』
7DSC09442_convert_20200328153638.jpg

【森吉山荘】
『森吉山ダムを過ぎてから森吉山荘までの約10kmは建物がない山道なので、マタギの湯よりも秘境感があります。2年半前の夏に立ち寄った時は周囲を深い緑と山に囲まれ、せせこましい現世から切り離され、何にも考えずにボーっとのんびり過ごせる宿という印象でしたが、冬は雪と曇天で、より一層人里から離れている雰囲気が秘境感を醸し出します』
8DSC09443_convert_20200328153651.jpg

【エントランス】
9DSC09444_convert_20200328153705.jpg

10DSC09445_convert_20200328153721.jpg

【部屋】
『シンプルで綺麗です(^^)』
11DSC09449_convert_20200328153736.jpg

12DSC09450_convert_20200328153757.jpg

【洗面台・トイレ】
13DSC09451_convert_20200328153812.jpg

『窓の外には太平湖から流れ出る小又川が流れ、雪景色が広がります。小又川を越えて200m程奥まったところには白糸の滝があります』
14DSC09454_convert_20200328153826.jpg

『夕食は18時にお願いしました。布団敷きはセルフサービスです』
15DSC09455_convert_20200328153842.jpg

『カメムシは秋に大量発生するので、今の時期は大丈夫です』
16DSC09479_convert_20200328154343.jpg

【カメムシ捕獲マシン取り扱い説明書】
『初心者用、中級者用、上級者用とありますが、どれも原始的でマシンではありませんwww』
17DSC09481_convert_20200328154356.jpg

18DSC09482_convert_20200328154407.jpg

【カメムシについての豆知識】
19DSC09483_convert_20200328154422.jpg

『自分が出した匂いで自分が死んでしまうとは・・・』
20DSC09485_convert_20200328154436.jpg

『見事なつららです』
21DSC09456_convert_20200328153857.jpg

『夕食まで少し時間があったので、浴室の場所を確認しておきました』
22DSC09457_convert_20200328153916.jpg

23DSC09458_convert_20200328153948.jpg

【ロビー】
24DSC09460_convert_20200328154005.jpg

【レストラン白糸】
『お待ちかねの夕食の時間です((∩^Д^∩))』
25DSC09477_convert_20200328154325.jpg

【夕食】
26DSC09461_convert_20200328154022.jpg

『フリードリンクに釣られて予約したので、料理はそんなに期待してはいなかったのですが、これは驚きです。ボリューム満点じゃないですか!ボリュームだけではなく、丁寧に調理されているなぁと感じました。どの料理も美味しかったですo(^▽^)o』
27DSC09470_convert_20200328154209.jpg

【比内地鶏の味噌かやき】
『比内地鶏をかやきで食べるのは初めてでした』
28DSC09462_convert_20200328154033.jpg

【だまこ鍋】
『きりたんぽではなく、だまこでした。いづれも原料はお米で、軽くすり潰して棒状にして焼いたものがたんぽで、丸めてものがだまこです。違いは、きりたんぽは焼いてあるので、香ばしさがあることです。余談ですが「きりたんぽ」は「たんぽ」を食べやすい大きさに切ったものの事です』
29DSC09463_convert_20200328154047.jpg

【川魚唐揚げ】
30DSC09465_convert_20200328154116.jpg

31DSC09467_convert_20200328154129.jpg

【茶碗蒸し、ハタハタ寿司、煮物】
32DSC09468_convert_20200328154142.jpg

【サーモンマリネサラダ】
33DSC09469_convert_20200328154155.jpg

【山菜そば】
34DSC09472_convert_20200328154222.jpg

『旅館でフリードリンクというのは初めて経験しました。のんべえには嬉しいシステムです\(^o^)/』
35DSC09474_convert_20200328154236.jpg

『ビール党の僕としては、生ビールが飲み放題というだけでも十分嬉しいです^^』
36DSC09464_convert_20200328154103.jpg

『にごり酒「北あきた」は甘口なので、飲みやすいんです~(*´∀`人 ♪』
37DSC09475_convert_20200328154254.jpg

『5杯ぐらいは飲むぞ!と思っていたのですが、朝から長時間神経を使う雪道を運転していたので、精神的に疲れていたせいか、生ビールを2杯、日本酒を1本を飲んだら眠くなってきてしまい、それ以上飲むのは止めました。よくよく考えたら明日も長時間の雪道ドライブになるので、深酒しなくて正解でした』
38DSC09476_convert_20200328154310.jpg

【大浴場】
『温泉は無色で僅かに硫黄臭があります。宿泊客が少ないので貸切状態でした^^)しかし、お湯が熱くてゆっくり浸かっていられません。熱い時は水を入れて下さいと書いてありましたが、浴槽が広いので短時間では温度は下がりません。今日ゆっくり入浴するのは諦めて、蛇口の水を少しずつ出したまま上がりました』
39DSC09486_convert_20200328154450.jpg

『昨晩から少しずつ加水していたので、翌朝は適温でした(´∀`*)スッキリ目が覚めて、最高に気持ちいい朝風呂でした!』
40DSC09487_convert_20200328154502.jpg

【朝食】
『焼き鮭、温泉卵、サラダ、漬物、納豆とオーソドックスな朝食は、お米派の僕にとっては最高です^^』
41DSC09488_convert_20200328154515.jpg

『出発します』
42DSC09493_convert_20200328154629.jpg

『雪が止んだので、周囲の景色がよく見えます』
43DSC09489_convert_20200328154529.jpg

『いい宿でしたp(*^-^*)q』
44DSC09491_convert_20200328154556.jpg

『屋根から雪が落下するという事は、気温が高めという事です。高めと言っても一桁ですけどねw』
45DSC09492_convert_20200328154615.jpg

『ここから更に奥に9km進むと太平湖です。今の時期はたぶん途中で通行止めになっていると思います』
46DSC09490_convert_20200328154543.jpg

住所:秋田県北秋田市森吉字湯ノ岱14-1
電話:0186-76-2334
ホームページ:https://moriyoshizan.jp/
2020年4月1日投稿

打当温泉 マタギの湯 @秋田県北秋田市

2017年2月26日(日)
松尾牛と馬肉料理まつおでランチを終え、打当(うっとう)温泉マタギの湯にやって来ました。

マタギの湯は、秋田内陸縦貫鉄道の阿仁マタギ駅から東方面へ2km程、車だと国道105号線から県道308号線(河辺阿仁線)に入り、住居があまりない山間の道を東方面へ8km程進むと森吉山南山麓にあります。秘境感たっぷりの宿です。

予約すれば、マタギの話を聞いたり、マタギと一緒に野山を歩いたりと、マタギ体験ができるマタギ学校というプランがあるそうです。

今日の宿泊はここではありません。

日帰り入浴のためにやって来ました。

浴室は、熱めの湯、ぬるめの湯、露天風呂、サウナがあります。
交通の便は良くないのですが、お客さんが多かったです。
秘境感があるので人気なのだと思います。僕が来た理由もそうですからwww
お客さんは多くても、浴槽が広々しているのでゆったり入ることができたので良かったです(^^)

温泉は薄い赤茶色で、少し硫黄臭がありました。

道の駅あに《マタギの里》
『休憩です』
1DSC09412_convert_20200328153023.jpg

【またたび館】
『約3年ぶりに立ち寄りました。マタギの里と言うだけあり、売店で熊肉やエゾ鹿肉を販売しています』
2DSC09415_convert_20200328153059.jpg

『道の駅あに《マタギの里》から南方面(田沢湖方面)へ300m程進むと、マタギの湯の看板が立っているので、左折し県道308号線(河辺阿仁線)に入ります』
3DSC09416_convert_20200328153110.jpg

『除雪はしっかりされているようなので一安心です』
4DSC09417_convert_20200328153121.jpg

『バス停があったので、一日に何本くらい走っているのか気になり車を停めて見てみました』
5DSC09418_convert_20200328153134.jpg

『えっ2本Σ(・□・;)往復1便ずつ・・・しかも平日のみです。普段、電車もバスも使わないのですが、少ないだろうと予想はしていました。しかしこんなに少ないとは・・・やはり田舎では車は必需品です。高齢者の自動車事故が社会問題化していて、免許を返納する世論が高まってきていますが、これでは返納できないですよね。生活できなくなっちゃいますよ。デマンドバスがあるのかなぁ?』
6DSC09419_convert_20200328153148.jpg

『長閑な雪景色が続きます』
7DSC09420_convert_20200328153200.jpg

『マタギの湯に到着です。ちなみにここから8km程先には日本の滝100選の「安(やす)の滝」があります。車では途中までしか行くことができず、約5kmは徒歩だそうです。当然冬は行くことができません。雪がない時期に行ってみようかと考えた事もあったのですが、以前熊に遭遇した事がトラウマになっていて、山の中を往復約2時間歩く決心がつきませんでした・・・近くに熊牧場もあるし、マタギが活躍していた地域という事は熊が多いという証拠ですもんね。そう考えたら余計怖気づいてしまいました(´;ω;`)』
8DSC09421_convert_20200328153216.jpg

【マタギの湯】
9DSC09422_convert_20200328153228.jpg

【館内の様子】
10DSC09428_convert_20200328153341.jpg

11DSC09427_convert_20200328153322.jpg

12DSC09426_convert_20200328153309.jpg

【大浴場入口】
13DSC09423_convert_20200328153239.jpg

『露天風呂からはこのような雪景色を眺めることができます。なお、この写真は浴室から撮影したものではありません』
14DSC09425_convert_20200328153257.jpg

【マタギ資料館】
『マタギの湯に併設されています。マタギが使用した珍しい狩りの道具や生活ぶり、衣装などマタギに関する資料が展示されています』
15DSC09429_convert_20200328153424.jpg

住所:秋田県北秋田市阿仁打字当仙北渡道上ミ67
電話:0186-84-2612
ホームページ:http://www.mataginoyu.com/
日帰り入浴
料金:大人600円(北秋田市民の方は450円)、子供200円、未就学児無料
2020年3月30日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR