菅江真澄歌碑 @秋田県山本郡藤里町

2015年5月25日(月)
粕毛神明社の見学を終え、粕毛川沿いにある菅江真澄歌碑にやって来ました。

真澄は享和2年(1802年)に藤里町を訪れ、スケッチ36枚と17首の歌を詠んでおり、史実が乏しい当町の歴史的な証となっています。

【菅江真澄歌碑】
1DSC01190_convert_20180617233218.jpg

【説明板】
2DSC01191_convert_20180617233306.jpg

3DSC01191_convert_20180617233748.jpg

所在地:秋田県山本郡藤里町粕毛字下根城42付近
2018年6月20日投稿

粕毛神明社 @秋田県山本郡藤里町

2015年5月25日(月)
今日は有休を取り、藤里町に行って来ました。
藤里町に行くのは初めてです。どんな景色があるのか楽しみです(*´∀`人 ♪

粕毛神明社があったので、立ち寄ってみました。

【白神街道ふじさと特産地直売所】
『時刻は8時なので、まだ開店していませんでした』
1DSC01186_convert_20180616124733.jpg

『帰りに寄ろうと思います』
2DSC01187_convert_20180616124744.jpg

【菅江真澄「藤里の道」案内板】
『菅江真澄も訪れています』
3DSC01185_convert_20180616124531.jpg

【菅江真澄が歩いた道】
4DSC01185_convert_20180616124453.jpg

【粕毛神明社鳥居】
5DSC01188_convert_20180616124753.jpg

【粕毛神明社社殿】
6DSC01189_convert_20180616124803.jpg

住所:秋田県山本郡藤里町粕毛字上家の後15
2018年6月19日投稿

タケノコと豚挽き肉の甘辛照り煮・春雨大根・中華くらげ<自炊>

2015年5月24日(日)
今日の夕食は、タケノコと豚挽き肉の甘辛照り煮、春雨大根、中華くらげにしました。
食感が好きで、タケノコを無性に食べたくなる時があるんですよね。

ボイルタケノコを買ってきて、クックパッドを見ながらタケノコと豚挽き肉の甘辛照り煮を作りました。
春雨大根と中華くらげは市販品です。

【タケノコと豚挽き肉の甘辛照り煮・春雨大根・中華くらげ】
DSC01182_convert_20180616115927.jpg

【タケノコと豚挽き肉の甘辛照り煮】
『油ですりおろし生姜を炒め、香りがでてきたら軽くタケノコと豚挽き肉を炒めた後、水、かつおだし、砂糖、みりん、酒、醤油で煮込みました。豚挽き肉の旨みがタケノコに染みこみ簡単でとても美味しいです(*^_^*) 余談ですが、単身赴任して自炊するようになるまで、煮物って材料を切って調味料を入れて煮ればいいものだと思っていました。しかし最初に材料を油で炒めるだけで格段に美味しくなることを知りびっくりです。単身赴任のおかげで、料理の奥深さを感じると共に、料理人の方の試行錯誤があるから美味しい料理がいただけるんだなあと感心しました(*´v`)』
DSC01183_convert_20180616115936.jpg

2018年6月19日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR