中町フジグランドホテル @福島県会津若松市

2014年11月29日(土)
今日の宿は中町フジグランドホテルです。

僕が泊まったのは景色が見えない部屋でしたが、そんなことは問題ありません。
繁華街に近く、部屋は綺麗でレストランのコスパも良く、一泊朝食付4500円だったのでとても気に入りました。会津若松にまた来ることがあれば、必ずリピートします(^-^

【中町フジグランドホテル】
1DSCF7270_convert_20170625074827.jpg

【エントランス】
2DSCF7275_convert_20170625074911.jpg

【シングルルーム】
『ゆったりしていて綺麗です』
3DSCF7272_convert_20170625074849.jpg
4DSCF7273_convert_20170625074856.jpg

『チェックイン時にドリンクサービス券を貰いました。1Fのレストラン「ラメール」で使えるので晩酌で利用することにしました』
5DSCF7274_convert_20170625074903.jpg

『ホテル内のレストランですが、リーズナブルです』
6DSCF7298_convert_20170625075014.jpg

【レストラン「ラメール」】
7DSCF7281_convert_20170625074938.jpg

『何はともあれ、まずは麒麟淡麗(290円)で一息つきます。本物のビールを飲みたいところですが節約ですw つまみに晩酌御膳(500円)を注文したのですが・・・』
8DSCF7277_convert_20170625074917.jpg

『想像していたサイズより大きかったので、そのボリュームにびっくり(@ ̄□ ̄@;)!!500円なのに一食分として十分な量です。約2時間前にとん亭でボリューム満点のソースカツ丼を食べたばかりなので、今日の夜は食べ過ぎました。揚げ出し豆腐や天ぷら、鶏の唐揚げ、魚のフライなどは出来立てで美味しいです。コスパ最高です(^^』
9DSCF7279_convert_20170625074924.jpg

『2合の会津ほまれ冷酒をドリンクサービス券で頂きました^^』
10DSCF7280_convert_20170625074931.jpg

【朝食】
11DSCF7289_convert_20170625074945.jpg

『郷土料理の「こづゆ」を頂くことができます』
12DSCF7294_convert_20170625075000.jpg

【こづゆ説明書き】
13DSCF7295_convert_20170625075007.jpg

『野菜たっぷり、薄味なので体には優しいのですが、薄味すぎて僕的には物足りなかったです』
14DSCF7290_convert_20170625074952.jpg

住所:福島県会津若松市中町1-12
電話:0242-28-3111
2017年6月27日投稿

とんかつ とん亭 @福島県会津若松市

2014年11月29日(土)
《とん亭 会津こだわり丼》
会津若松市の観光を終え、夕食にすることにしました。

会津若松のご当地B級グルメ「会津カレー焼きそば」はお昼に会津ブランド館大正浪漫カフェ栞で食べたので、もう一つのご当地B級グルメ「会津ソースカツ丼」を食べることにしました。
よく考えたら、昨日の夜も新宿さぼてんのとんかつ弁当でしたが、とんかつ大好きなので飽きません。もし死ぬ前に何が食べたいと聞かれたら、鶏の唐揚げととんかつ、そして白飯と僕は答えるでしょうwww

ネットで調べ、評判の良い当店に行ってみることにしました。

夕食の時間には少し早い17時半に入店しました。
さすが人気店です。駐車場には既に10台程の車が停まっていました。

会津こだわり丼(1380円)を注文。
豚肉は会津産エゴマ豚、お米は会津産コシヒカリ、キャベツも地元産で、会津産にこだわったソースカツ丼です。

【会津こだわり丼】
『なめこおろし、漬物、味噌汁付きです』
1DSCF7260_convert_20170625041717.jpg

『ご飯は普通盛ですが、肉厚とんかつのボリュームがハンパないです』
2DSCF7261_convert_20170625041724.jpg

『柔らかく、質の良い脂です。創業以来注ぎ足してきたソースにはとんかつの肉汁と脂の旨み、甘みが濃縮されています。旨い!!!』
3DSCF7263_convert_20170625041731.jpg

【外観】
4DSCF7250_convert_20170625041633.jpg

【店内の様子】
『有名人の方々も来店しているみたいです』
5DSCF7266_convert_20170625041738.jpg

【看板】
6DSCF7249_convert_20170625041625.jpg

【メニュー】
7DSCF7252_convert_20170625041640.jpg
8DSCF7255_convert_20170625041700.jpg
9DSCF7256_convert_20170625041707.jpg
10DSCF7254_convert_20170625041653.jpg

【エゴマ豚説明書き】
11DSCF7253_convert_20170625041646.jpg

勝手に評価:★★★★☆

住所:福島県会津若松市天寧寺町1-11
電話:0242-27-2191
2017年6月26日投稿

天寧寺/近藤勇之墓 @福島県会津若松市

2014年11月29日(土)
飯盛山の散策を終え、天寧寺にやって来ました。

天寧寺は、正式には「萬松山 天寧寺」と号する曹洞宗の寺院です。

会津若松観光ビューローのホームページによると

 応永28年(1422年)、会津にきた傑堂禅師が11代芦名盛信の建立により創立した寺。かつては会津曹洞宗の僧録司で、末寺33カ寺、12の寺院をかぞえました。
 のちに伊達氏の侵攻にあって焼けたため、芦名氏の菩提寺としての面影は、本堂の礎石にわずかに残るのみです。 
 天寧寺の裏手の墓地には新選組の近藤勇の墓があります。土方歳三が遺髪などを持っていて会津戦の折、ここに仮埋葬したといいます。4月25日の近藤勇の命日には、墓前祭りが開催されます。
 また、藩主松平容保が京都守護職にあった際の国家老で、戊辰戦争の責任者となり明治2年に切腹した萱野権兵衛と、その次男郡長正の墓もあります。

なのだそうです。

【天寧寺本堂】
1DSCF7241_convert_20170624212154.jpg

【毘沙門堂】
2DSCF7240_convert_20170624212305.jpg

【境内案内図】
3DSCF7222_convert_20170624212057.jpg

【近藤勇之墓説明板】
4DSCF7226_convert_20170624212106.jpg

『案内板に従い進みます。本堂周辺から約8分と書かれており、確かに8分でした』
5DSCF7227_convert_20170624212113.jpg

【獅子桜】
6DSCF7229_convert_20170624212120.jpg

『見えてきました』
7DSCF7230_convert_20170624212126.jpg

【石碑】
8DSCF7232_convert_20170624212139.jpg

【近藤勇之墓】
『左が新撰組局長近藤勇之墓、右は新撰組副長土方歳三の慰霊碑です』
9DSCF7233_convert_20170624212147.jpg

【説明板】
10DSCF7231_convert_20170624212132.jpg

住所:福島県会津若松市東山町石山天寧208
電話:0242-26-3906
ホームページ:https://www.aizukanko.com/spot/207/(会津若松観光ビューロー)
2017年6月25日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かけてしまう、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww
2013年4月に秋田県に転勤、単身赴任することになりました。
なるべくお金をかけずに日常生活の楽しかったことを書こうかなと思っています。
ただ、更新はかなりのんびりだと思いますw(ブログタイトル通り)
ご近所散策、食べ物のネタが多くなるかもしれません。

猫好き、猫みたいに気ままな性格ですwww

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR