FC2ブログ

蔵王寺/大黒天 @宮城県刈田郡蔵王町

2016年8月16日(火)
三階の滝/不動滝/蔵王不動尊の見学を終え、蔵王山の御釜(五色湖)に向け蔵王エコーラインを更に上り、蔵王寺、大黒天にやって来ました。

蔵王寺は正式には「金峰山 蔵王寺」と号する単立の寺院です。
単立の寺院を参拝するのは初めてです。
どんな業界でも派閥に属さない一匹狼的な存在があるものなんですね。

ホームページによると

 當山は海抜1250mに位置し、日本で有数の高地にある山岳寺院であります。
 白鳳時代に山岳仏教の開祖、役の小角(エンノオズヌ)『神変大菩薩』の開山で、とくに地蔵信仰の中心地をなし、賽の磧(さいのかわら)供養の歴史は約600年前(室町時代)から始まり、又祈願処としては約一千数百年前になります。
 賽の磧は地蔵和讃の中の世界であり、幼少の子供の死んで行く地獄だといわれているところであります。父、母恋しの思いにせめてもの回向のためにいたいけな手に血をにじませ、石で塔を積むという。地獄の鬼があらわれて、その塔を押しくずし、邪魔をして子供たちを追い回す。そこに冥途の父、母たる賽の磧のお地蔵さんが現れ、子供達を衣のそでにかくまって、助けるという霊域であります。
 賽の磧はお地蔵様の世界です。お地蔵様は願王尊と申上げ、願いに限りのない唯一の御仏で最も親しまれている仏様です。供養の心は御慈悲です。今の言葉で言えば「愛」に外なりません。幼くして亡くなった我が子に父、母の大いなる「愛」を・・・合掌

なのだそうです。

【蔵王寺】
1DSC05810_convert_20191203232502.jpg

2DSC05811_convert_20191203232537.jpg

【宇恵観音・賽の磧延命地蔵菩薩・二中遭難供養塔】
『左に見えるのが、子育・万物の恵みを有し、お与えくださる宇恵観音です。多数の地蔵尊の上に見えるのが賽の磧延命地蔵菩薩です。地蔵尊の奥に二中遭難供養塔があります。これは大正7年10月23日に仙台二中(現在の仙台二高)の修学登山パーティーが蔵王連峰の馬の背付近で遭難し、生徒7名、教諭2名が亡くなるという痛ましい事故があったことから、遭難者の精靈を弔う慰靈塔です』
3DSC05812_convert_20191203232613.jpg

【苦抜地蔵尊】
『苦しみを抜き、楽を与える誓願を持った仏様です。痛いところを摩ると御利益があるそうです』
4DSC05813_convert_20191204004202.jpg

【一代守護仏】
『千手観音菩薩(子)・虚空蔵菩薩(丑・寅)・文殊菩薩(卯)・普賢菩薩(辰・巳)・勢至菩薩(午)・大日如来(未・申)・不動明王(酉)・阿弥陀如来(戌・亥)で、十二支(生まれ年)の守り御本尊です』
5DSC05814_convert_20191203232703.jpg

『賽の河原(磧)の意味をちゃんと調べてみたら「いくら続けても、後から後から崩される、無駄な努力の例え」という意味もあるそうで、なんか切ない気持ちになりました・・・』
6DSC05815_convert_20191203232730.jpg

【駒草平】
『高山植物の女王「コマクサ」が見られるのだそうです』
7DSC05818_convert_20191203232747.jpg

【大黒天】
『石造りの小さな大黒様が祀ってあることからこの名が付きました。標高1432mです』
8DSC05819_convert_20191203232818.jpg

『刈田岳登山道があります。山頂まで1.5km、徒歩60分です。僕は楽して自動車でもっと近くまで行きますけどねwwwでも、柵が見えるところまで上がってみることにしました』
9DSC05820_convert_20191203232838.jpg

12DSC05827_convert_20191203232927.jpg

『火山らしく山肌がはっきりと見える荒々しさがかっこいい!!』
10DSC05821_convert_20191203232854.jpg

『雄大な景色です(」*´∇`)」駐車場には僕の愛車がポツンと一台』
11DSC05823_convert_20191203232910.jpg

【馬の背カルデラ(想定火口域)の範囲】
13DSC05828_convert_20191203232942.jpg

14DSC05828_convert_20191203233034.jpg

【蔵王寺地図】


【大黒天地図】


蔵王寺 賽の磧本坊
所在地:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内 蔵王エコーライン沿い
電話:0224-87-2709
ホームページ:http://www.zaodera.jp/

大黒天
所在地:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内 蔵王エコーライン沿い
電話:0224-34-4401(蔵王町観光物産協会)
ホームページ:http://www.zao-machi.com/538
2019年12月4日投稿

三階の滝/不動滝/蔵王不動尊 @宮城県刈田郡蔵王町

2016年8月16日(火)
一週間の夏期休暇があっという間に終わり、明日から仕事なので秋田に戻ります。
埼玉と秋田を往復をすると、飛行機でも、新幹線でも、自動車でも、結局2日間は移動だけに時間を費やすので、移動途中に好きな所に寄ることができ、24時間好きな時に移動できる自動車が僕は好きです。睡魔に襲われて大変な時もありますが、サービスエリアや道の駅で30分くらい仮眠を取るだけでかなりすっきりします。

という事で、短い休暇を有効に活用する為、昨日の夜中に埼玉の自宅を出発し、宮城、山形に寄り道しながら秋田まで帰ることにしました。

まず、目指すは蔵王山の御釜(五色湖)です。

蔵王エコーラインを走っていたところ、三階の滝や不動滝、蔵王不動尊があったので立ち寄りました。

【蔵王エコーライン入口】
『扁額に蔵王大権現と書かれた大鳥居が建っています』
1DSC05788_convert_20191202202612.jpg

『時刻は午前6時半頃なので、標高が高くなるにしたがって朝霧が・・・』
2DSC05791_convert_20191202202655.jpg

『三階の滝の滝見台に到着しましたが、相変わらず霧が立ち込めています』
3DSC05793_convert_20191202202747.jpg

『滝見台に向かいます』
4DSC05794_convert_20191202202828.jpg

【三階の滝説明板】
5DSC05795_convert_20191202202909.jpg

『滝見台に到着しましたが・・・』
6DSC05796_convert_20191202203012.jpg

『予想通り、霧で何も見えませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。』
7DSC05798_convert_20191202203121.jpg

【三階の滝】
『霧がなければ、こんな豪快な滝を見ることができたんです・・・残念。標高750mから569mに落下する落差181m、幅7mの滝で、途中に滝壺が3ヶ所あることから三階の滝と命名されており、日本の滝百選に選ばれています。お借りしたのは紅葉の時期の写真です』
8Sankai_no_taki_5nov07_convert_20191202212353.jpg
【出典:ウィキペディア(Wikipedia)】

『続いて不動滝展望台に到着です。霧がだいぶ晴れてきました。今度こそは見えることを期待して展望台に向かいます』
9DSC05799_convert_20191202203249.jpg

【不動滝説明板】
10DSC05802_convert_20191202203510.jpg

【不動滝】
『霞んではいますが見えましたo(^▽^)o』
11DSC05803_convert_20191202203603.jpg

『落差54m、幅16mです』
12DSC05804_convert_20191202203647.jpg

『不動滝展望台のすぐ傍に蔵王不動尊があります』
13DSC05805_convert_20191202203720.jpg

【蔵王不動尊】
『不動明王像が立っており、更に奥に進むと石祠があります』
14DSC05806_convert_20191202203802.jpg

【石祠】
15DSC05807_convert_20191202203845.jpg

16DSC05808_convert_20191202203927.jpg

【みやぎ蔵王観光エリアマップ】
17DSC05801_convert_20191202203320.jpg

【三階の滝地図】


【不動滝地図】


所在地:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有地内 蔵王エコーライン沿い
電話:0224-34-4401(蔵王町観光物産協会)
ホームページ:http://www.zao-machi.com/504(三階の滝)
       http://www.zao-machi.com/499(不動滝)
2019年12月3日投稿

あみプレミアム・アウトレット @茨城県稲敷郡阿見町

2016年8月12日(金)
常陸国一之宮 鹿島神宮の見学を終え、あみプレミアム・アウトレットにやって来ました。
当然の事ながら、奥さんのリクエストです\(//∇//)\
丁度2年振りの訪問です。

【あみプレミアム・アウトレット】
『ヤシの木が生え、南国リゾートのようなお洒落な外観です』
DSC07811_convert_20191130230017.jpg

『テーラーメイドでゴルフパンツ(3240円)が安かったので購入しました。ブランド品は1万円位が当り前なので、ラッキーでした(´∀`*)』
DSC07813_convert_20191130230221.jpg

2019年12月2日投稿

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2014年8月12日(火)
サイエンス・スクエアつくばの見学を終え、あみプレミアム・アウトレットにやって来ました。

女性ってなんでこんなに買い物が好きなんでしょうね?
僕はほとんど物欲がないので買い物に付き合うと暇で仕方ありませんwww

【あみプレミアム・アウトレット】
DSCF0551_convert_20160517224605.jpg

『アディダスがあったので何気に入ってみました』
DSCF0554_convert_20160517224616.jpg

『半額(5000円位)だったので購入!「物欲がないと言っておきながら、なんで買ったんだよ」とつっこまれそうですがwww 必要だから買ったんですよ~~。散策の際、一日4~5時間歩いたり、小山の荒れた登山道を歩いたりする事もあるので結構靴が痛むんです。今の散策用の靴は5年くらい履いていて、かなりボロボロになっていたので、新しい靴がほしいなあと丁度思っていたところでした。履き心地抜群で、これでまた5年くらい履けると思うと良い買い物でした(^-^)』
DSCF0555_convert_20160517224625.jpg

住所:茨城県稲敷郡阿見町吉原4-1-1
電話:029-829-5770
ホームページ:http://www.premiumoutlets.co.jp/ami/
2016年5月19日投稿
プロフィール

keny72

Author:keny72
4人家族で埼玉県志木市に在住。暇さえあれば、計画そこそこ、行き当たりばったりのぶらり散歩に出かける、もうすぐアラフィフの放浪オヤジですwww

転勤で2013年4月~2018年3月は秋田県で単身赴任していたので、しばらくは東北ネタです。

更新はかなりのんびりです(ブログタイトル通り)

ご近所散策、食べ物のネタが多いです。

更新が遅い故、季節外れの記事が多くなってしまいますが、その辺は大目に見て頂きたくお願い申し上げますm(__)m

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ご訪問頂きありがとうございます
現在の訪問者さま数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR